ハッカ油 掃除

 

こんにちは!へるにあんです♪

 

夏のおそうじって大変ですよね…特に、床掃除となると結構力がいるので、

エアコンをちょっと強めにしないと暑くなって汗でベタベタになることも…(>_<)

 

そこで、夏の床掃除にオススメなのが「ハッカ油」なんですっ!!^^

 

ペパーミントの爽やかな香りで、お部屋を楽しくキレイにしましょう♪

 

そこで、今日はお掃除に使えるハッカ油スプレーの使い方、掃除機への使い方や、

床掃除に使うときにフローリングや畳が変色しないコツをまとめてみました!

 

スポンサードリンク

ハッカ油のお掃除効果と拭き掃除のやり方

クエン酸やお酢でのお掃除もすごく綺麗になり便利なのですが、

やっぱりちょっと匂いが気に入らないのでテンションがあがりませんよね…。

 

そこで、ハッカ油の登場です~!!ヽ(´▽`)/

 

ハッカ油は、香りを爽やかにしてくれるだけではなくて、

消臭効果や除菌効果もあるので一石二鳥なんです♪

 

ただ、ハッカ油でお掃除するときに1つだけ気をつけておきたいのが、

「ハッカ油を入れすぎると臭いがキツく気分が悪くなることがある」ということです。

 

そこで、お掃除にぴったりのハッカ油の分量と使い方をご紹介しますね~^^

拭き掃除をする時のハッカ油の使い方と使用量
重曹大さじ1にハッカ油を1~2滴たらし、1Lのお湯に重曹とハッカ油を混ぜたものを溶かし、拭き掃除に使います。

 

↑ポイントとしては、油と水は混ざりにくいので、

最初に重曹にハッカ油を混ぜておくといいらしいです^^

 

また、水ではなくお湯に溶かし入れることで、混ざりやすくなるのはもちろん、

水を使ってお掃除をするよりも拭き掃除の洗浄効果もUPしますよ♪^^

 

※ただ、床の拭き掃除に使う場合は、

重曹を入れすぎてしまうと床のワックスがはがれてしまうので、

重曹を入れる頻度を減らすか、濃度を薄くするように気をつけてくださいね~!

 

ハッカ油を使って床掃除をする場合は、記事後半にかいてある

ハッカ油で床掃除をする際に変色しないコツもどうぞです^^

 

ハッカ油を掃除機に使うときの使用量や使い方は?

また、床を水拭きする前にやらなくてはいけないのが掃除機ですよね!

 

でも、掃除機を先にかけてしまうと、ホコリが舞い上がってしまうので、

2~3時間するとまたホコリが出現してしまうそうです。

 

なので、床掃除をするときの順番は、

クイックルワイパーなどのドライシートでほこりを舞い上がらせずに掃除

掃除機で床の溝のゴミを吸い取る

水ぶき

乾拭き

という順番が1番効率的で効果的みたいですよ~^^

 

 

しかし、この掃除機の排気の匂いって結構げんなりしてしまいます…。

お掃除をするやる気がガクッと減ってしまう感じがします…(>_<)

 

そこで!!

このハッカ油を使って、掃除機をかける時間を楽しくしちゃいましょう!!

 

やり方はすっごく簡単で、

 

ティッシュにハッカ油を一滴染み込ませて掃除機で吸引!!

 

これだけです!

 

すると、掃除機の排気のニオイが爽やかなペパーミントの香りになって、

楽しい気分でお掃除をすることができますよ~♪^^

 

掃除機の排気の香りをいい匂いにする方法は、ハッカ油ではなく、

好きな香りのエッセンシャルオイルやアロマオイルでもいいですが、

ハッカ油のいいところは…コスパがいいところ!!

 

ちょっと高級な北見のハッカボトル(20ml)でも1000円くらいだし、
健栄製薬のハッカ油 P(20ml)だと数百円で買えちゃいます!ヽ(´▽`)/

 

しかも、たった20mlとはいえハッカ油を使うときは、

ほとんど「数滴単位」で使うことが多いのでなかなか減りません!

なので気兼ねなく使えるし経済的なんですよね~^^

スポンサードリンク

ハッカ油で床掃除!フローリングや畳が変色しないコツ

とはいえ、ハッカ油を使って床掃除をする際に、

「ハッカ油って床に使っても変色したりしないのかな…?」

ってちょっと心配になってしまいますよね。

 

おうちのフローリングや畳なんて簡単に変えられるものじゃないし、

木製の床が腐って抜け落ちたりしないんだろうか…と、不安ですよね。

 

しかし、以前北見のハッカボトル(20ml)を購入した際に、

フローリングへの床掃除へのハッカ油の使い方を聞いてみたところ、

 

「バケツの水に1滴~2滴混ぜるくらいでしたら問題ないかと思います」

 

と教えていただいたので、多分大丈夫だと思います^^

ただ、やっぱり床の材質にもよると思うんですが、

 

そもそも

お湯の「水分」やハッカ油の「油分」は木に浸透しやすかったりするそうなので、

心配な場合は最初に目立たないところで試してみてからの方がいいかもです。

 

たしかに、水ぶきしたあとは乾拭きが必要な床とかってありますもんね~!

(小学校の床とか、水ぶきしてから乾拭きでしたよねw)

乾いた雑巾と濡れた雑巾を両手に持って、交互に拭くと効率的です^^

 

また、これはわたしの個人的な考えですが、

 

スプレーボトルを使ってハッカ油スプレーを作り、

それを床に噴射して雑巾で拭き取る!

 

…といったやり方の方が、すぐに水分が蒸発して

床に水分が残らないので床が腐りにくいんじゃないかなと思います。

ハッカ油で掃除 効果的な拭き掃除への使い方と床が変色しないコツまとめ

ということで、ハッカ油をお掃除に使う場合は、

バケツに水を張り、1~2滴ハッカ油を入れるだけでOK!ということでした。

 

床の変色はハッカ油を入れすぎなければ大丈夫みたいですし、

(ハッカ油を原液のまま使うのは絶対NGなのでそこだけは注意ですね…!)

 

夏はペパーミントの爽やかな香りで、楽しくお掃除したいと思います♪

 

スポンサードリンク

 

ハッカ油についてはこちらの記事もどうぞです♪

ハッカ油スプレーの作り方と万能すぎる効果!保存方法もチェック♪

 

ハッカ油お風呂の適量は?入れすぎで寒い時や混ざらない時の対処法

 

ハッカ油で虫除けの効果的な使い方 網戸対策や効く時間を伸ばすコツ

 

ハッカ油の飲める・飲めないの見分け方と飲用時の効果・副作用まとめ