日焼け止め 塗り方

 

こんにちは!へるにあんです♪

日焼けは美の強敵であるシミの原因になってしまうから怖いですよね~!(>_<)

 

そろそろ日差しがきつくなってきたから日焼け止めを用意したよ!
という方も多いのではないでしょうか?

でも、日焼け止めって「なんとなく塗っておしまい!」
っていう感じでせっかくの日焼け止めの効果を完璧に活かせないまま

間違った使い方をしている人が多いんですよね

 

というかわたしがそうでした!!

でも、せっかく日焼け対策をしているのにそれじゃもったいないです!!

あなたは日焼け止めの塗り方のコツや顔に塗る順番や量の正解をご存知ですか?

 

正しい日焼け止めの使い方を覚えるだけで、
日焼け対策の効果もぐぐ~んとUPするんです(*´∀`*)

せっかく日焼け止めを塗るなら、正しい使い方を覚えて
効果的に日焼け対策をしていきましょう~!!

スポンサードリンク

日焼け止めの塗り方!顔に塗る時の正しい使い方基本編

まずは、顔への日焼け止めの基本となる正しい塗り方のポイントを
チェックしていきましょう♪\(^o^)/

 

お化粧をするときに、日焼け止めを塗るのはどの過程でやっていますか?
もし間違った順番で塗っていた場合は、もっと仕上がりキレイに、
効果的に日焼け止めを使うことができますよ~♪

 

また、日焼け止めを塗ってからお化粧を始めると、
せっかくバッチリメイクしたのに、なんか顔だけ白い…
なんてことになってしまいますよね(>_<)

 

わたしは過去、そんな経験が何度もあります(笑)

そのため、日焼け止めの塗る量を少なくしてみたり…。

でも、日焼け止めの量を減らしてしまうと効果が減るどころか「効果が無い」となるそうです。

 

それを知らずに日焼け止めを薄く塗った状態で余裕をかまし

「日焼け止めを塗っているから安心~♪」と思っていると

日差しを平気で浴びてしまい

 

「日焼け止めを塗っているのに何でこんなに焼けてんの!?」

と絶望するハメになりかねません・・・

 

ですから

顔に日焼け止めを塗るときに気をつけたいポイントは、

  • 「正しい順番で日焼け止めを塗る」
  • 「正しい量の日焼け止めを使用する」

というところです!!

 

このたった二つの基本のポイントを守るだけで、
日焼け止めの効果が断然上がりますよ~!!

(↓それでも白浮きしてしまう場合はこちらを参考にどうぞです)

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いは?見分け方と成分一覧表

 

それでは、それぞれ更に詳しく説明していきますm(_ _)m

日焼け止めの塗り方の順番を正しく知ろう!

顔に日焼け止めを塗ろうと思った時に、
まず気になるのは

「日焼け止めってどのタイミングで塗ればいいの?」

ってことではないでしょうか??
この「日焼け止めを顔につけるときの順番」というのは
かなり大事なポイントになっています!!

 

メイクは毎日するものなので、
日焼け止めをどの過程に組み込めばいいのか悩みますよね!

日焼け止めを塗る正しい順番は、

 

洗顔

化粧水など普段のスキンケア

日焼け止め

ベースメイク

ファンデーション

 

です!!

 

日焼け止めを塗る前にしっかり保湿して肌を整えておくことで、
日焼けどめをムラなく塗ることができます♪

 

さらに、日焼け止めによるお肌への刺激も、
スキンケアをしっかりしておくことで和らげることができます!

スポンサードリンク

それから、ベースメイク=化粧下地やファンデーションについては
日焼け止め効果があるものもたくさん販売されていますが、
しっかり紫外線を防ぐためには日焼け止めを使ったほうがいいですよ^^

 

化粧下地はファンデーションの持ちをよくするために塗るものなので、
ファンデーションの直前につけるのが1番効果的です^^

 

ただ、これは乳液やクリーム、ジェルタイプの日焼け止めを塗る順番です。

 

今はパウダータイプの日焼け止めも販売されていますが、
パウダータイプの日焼け止めをベースメイクの前に塗ってしまうと、
せっかくのお化粧がヨレてしまいます(>_<)

 

なので、パウダータイプの日焼け止めを使う場合は、
ファンデーションを塗ったあとの仕上げとして使うのがおすすめ。
ルースパウダーの役割としてお肌を綺麗に見せてくれます♪^^

 

また、もう一つ日焼け止めを塗るときに意識したいのが
ムラなく顔全体に均一に伸ばす!!ということです。

 

意外と忘れがちな「瞼」や「耳」からも紫外線は入ってきますので要注意ですよ!

ですから朝の手順の中に「瞼や耳」に日焼け止めを塗る順番を組み込む事もお忘れなくです

 

さて、日焼け止めを塗る正しい順番を覚えたら次は

使用する日焼け止めの量も大事なポイントになってきます。

あなたは普段の日焼け止め、いつもどのくらいの量を顔につけていますか?

日焼け止めを塗る量の適量や目安の使用量は?

先ほども書いた通り、わたしは日焼け止めを塗ることで、
顔が白浮きしてしまうのが嫌でした(>_<)

 

なので、日焼け止めは薄く少なめに付けて、 普段通りのメイクをしていたんです。

でも、それだと量が足りなく、日焼け止めの本来の効果は発揮できません!!

(というか、日焼け止めを塗っている安心感で日差しの中に平気でいたり・・)

 

わたしたちは「SPF」とか「PA」とかで日焼け止めを選びますが、

この数値は「正しい日焼け止めの量を使用した場合の数値」なんです!

なので、少ない量にしてしまうとその日焼け止め効果が得られません(>_<)

 

正しい日焼け止めを使用する量の目安としては、

0.8g=500円玉/パール2つ分/アーモンド一粒分

とされています!

 

細かく説明すると、皮膚1c㎡につき日焼け止め2mgとなっています。
そして、顔全体の面積は大体約400c㎡です。

 

なので、
皮膚1c㎡あたり日焼け止め2mg  ということは、顔全体で考えると
皮膚400c㎡あたり日焼け止め800mg ということになります!

 

800mg=0.8gなので、顔につける量は0.8gくらいの日焼け止めで、
パッケージに書いてあるSPFの効果が期待できるということです。

 

でも、この0.8gって結構多いんですよね!!
500円玉を手のひらにおいてみるとわかりやすいかもです!

 

日焼け止め 量

 

このくらいかな…?ちょっと多いかな?

 

「こんなに塗らなきゃいけないの~!!」とびっくりしてしまいますが
決められた量を塗らないと、表示されているSPFの効果を発揮できないので
紫外線をしっかりカットしたいのであれば日焼け止めの量はけちらずたっぷり使いましょう♪

日焼け止めを顔に塗る正しい順番や適量についてのまとめ

日焼け止めの顔へぬる順番や量を間違ったままでは

せっかくの日焼け止め効果が得られず

高い日焼け止めを買ってもお金をドブに捨てているような形になってしまいます

でも、1度正しい日焼け止めの使い方や量を覚えてやってみると

すぐに感覚として覚えられますので、

ぜひ1度確認しながらやってみてくださいね^^

 

そして量が結構多いな・・・それじゃあムラになっちゃうよな・・

と思ったそこのあなた!

ムラにならずに、均一に日焼け止めを塗る方法や、

日焼け止めを塗り直すときのポイントなどもお伝えしたいのですが、

長くなってしまったので次の記事で紹介していきたいと思います♪

 

ぜひチェックしてみてくださいね^^

スポンサードリンク