uvカットサングラス

 

こんにちは!へるにあんです♪
紫外線による目への影響って、怖いですよね~。
わたしもこの間自分で調べてみたので、なにか子供にも紫外線対策を…と思っています。

(参考:紫外線は目に悪い?眼への影響や病気が心配な方は今すぐチェック!

 

で、紫外線から目を守るのに1番いい方法というのが、サングラス!
でも、このuvカットサングラスって結構選ぶのが難しいですよね…。

 

寿命や効果はもちろん、自分がどんなサングラスが似合うのかもわからない。
寿命も長持ちで経済的、紫外線カット効果もバッチリだとしても、
自分に似合わないサングラスをつけて出かけるのは苦痛ですよね。

わたしもそうです(>_<)

 

そこで、今日はUVカット効果のあるサングラスを比較し、
自分の顔の輪郭に似合うサングラスを選ぶコツを調べてみたり、
散々わたしが悩んで決めた、自分で買いたい!!と思ったサングラスと、
子供(3歳の娘)に買いたいと思っているサングラスをご紹介します♪

スポンサードリンク

UVカットサングラスでどれがいいか迷った時の選び方

ここでは、

  • レンズの性能・紫外線対策効果があるUVカットサングラスの選び方
  • 自分にあった紫外線カットサングラスの選び方(色や形など)

 

の順番に紹介して行きたいと思います。

 

UVカットサングラスで気になるのは、まずはレンズの性能。
紫外線対策にサングラスを買うのに、この効果がないと意味がありません。

 

 

UVカットのサングラスを選ぶ場合、

  • 紫外線カット率
  • 紫外線透過率
  • UV400

などの表記があると思います。

 

 

紫外線カット率というのは、そのままの意味で
紫外線をどのくらいカットしてくれるかという意味、
紫外線透過率というのは、数値が低いほど紫外線を通しません。

 

ちょっとややこしいのが「UV400」などの表記ですが、
紫外線には3種類あり、

  • UVA
  • UVB
  • UVC

の3つがあるそうです。
そして、この「UVA」をカットできるサングラスを選ばないと、
紫外線対策の効果は期待できないようです。

 

また、「A」「B」「C」などの表記がない場合でも、
数値をみると分かる場合があります。

 

  • UV-A 315~400
  • UV-B 280~315
  • UV-C 280以下

となっているので、

例えば、先ほどの「UV400」であれば、
数値が315~400の間に当てはまるので、UV-Aということになります。

 

 

まとめると、紫外線対策のサングラスの選び方としては、

  • 紫外線カット(UVカット)率は、99%とかいてあるサングラス
  • 紫外線透過率は、0.1以下のサングラス
  • UV-Aと書いてあるサングラス(数値であれば315~400)

というところに注目して選ぶといいようです。

紫外線カットサングラスを色や形で選ぶ際の注意点

ところで、「紫外線対策のサングラス」という目的で選ぶのだから、
色は黒いサングラスの方が、眩しくないのでいいような気がしますよね。

 

でも、調べているうちにそれは間違いだと知りました。

 

実は、色の黒いレンズのサングラスをかけてしまうと、
瞳の瞳孔が開いてしまうので、結局目へのダメージが強くなるそうです。

 

なので、「すっぴんの顔を隠したいから」などの理由で、
UVカット機能がないサングラスをかけるのはよくないのだとか。

 

ということで、紫外線対策のためにサングラスを選ぶ場合は、
クリアカラー(透明)の色がついていないレンズにしたほうが良さそうですね。

 

 

また、大切なのはサングラスの形。
自分に似合わないサングラスをかけて出かけるのは辛いですよね。

 

サングラスをかっこよく着けるためのポイントは、

  • サングラスをかけた上にオンザ眉毛になっているのはNG
  • サングラスの上から少しだけ眉毛が覗くくらいがベスト
  • 顔の横幅と同じサイズのサングラスを選ぶことも大事

次に、自分の顔の輪郭ごとに似合うサングラスをご紹介します。

 

丸顔の方に似合うサングラスの形

  • スクエア
  • サーモント(ブロー)

面長の方に似合うサングラスの形

  • ウェリントン
  • ボストン
  • ティアドロップ

三角顔の方に似合うサングラスの形

  • オーバル
  • サーモント(ブロー)

四角顔の方に似合うサングラスの形

  • フォックス
  • オーバル

 

…となっています。ちなみにこんな形です↓

スクエア

サーモント(ブロウ)

ウェリントン

ボストン

ティアドロップ

オーバル

フォックス

 

UVカットサングラスの寿命ってどのくらい?

次に、UVカットサングラスの寿命についてお話したいと思います。

わたしは、サングラスなんて割れて壊れるまで
半永久的に効果があると思ってたんですが、
摩擦などによって、約5年ほどでUVカットコーティングがはがれてしまうそうです。

(ちなみに、UVカットの日傘などは2~3年で効果がなくなるそうです!)

 

これって、結構知らない方が多いんじゃないでしょうか?

 

なので、長年使っているサングラスがずっと昔だった場合、
UVカットの効果は期待できないかもしれません。

 

しかし!!

紫外線サングラスの寿命が5年ほどというのは、
UVカットコーティングのサングラスだった場合で、
「練り込み式」のUVカットサングラスであれば、
半永久的に紫外線から目を守ってくれるらしいんです!!

 

練り込み式のUVカットサングラスは、
紫外線のダメージを吸収してくれる、
「紫外線吸収剤」という成分がレンズに練り込まれています。

なので、UVカットコーティングのように摩擦で剥がれる心配がなく、
ずっと使える紫外線対策にぴったりのサングラスだということです。

 

実は、高級ブランドのサングラスでも、UVカット加工はコーティング…
というところは結構多いみたいなんです。

では、どこのブランドであれば、
長持ちするUVカットサングラスを選ぶことができるのでしょうか。

スポンサードリンク

UVカットサングラス 紫外線対策に効果的で人気の商品を選抜!

UVカットサングラスでおすすめのブランドを探してみたんですが、
ほとんどのサングラスの商品ページを見ても、
後加工(UVコーティング)なのかレンズに練り込みなのか…
よくわからないなーってことが多かったんです。

 

そこで、わたしが調べていた中でいいな~と思ったのは、
「メラニンレンズ」というレンズを採用している、
「メラニングラス」「メラニンサングラス」などのサングラスです。

 

↓こういうのです。可愛いですよね~^^

 

 

このメラニングラスっていうのは、わたしも初めて聞いたんですが
レンズにメラニンを練りこんでいる紫外線対策のメガネだそうです。
↑で紹介した画像のメラニングラスは、
パソコンとかスマホのブルーライトとかも防いでくれるらしいです。
UVカットサングラスというより、UVカットメガネですね。

レンズの色はついていない方が目にいいとのことだったので、
この選択がベストかな…って今のところ思っています。

 

それに、紫外線によるシミの形成を防いだりする効果もあるそうで、
女性にぴったりのサングラスじゃないかな~と思いました。

 

だって、みました!?
付属のメガネケースとレンズクロスも可愛すぎです!!

ただ、紫外線透過率とか紫外線カット率とかどこにも書いてないんで、
ちゃんと目を守ってくれるのかな…?というところはちょっと心配ですが、

なんといっても見た目が可愛すぎるし、
「紫外線による肌のシミ」にぴったりのサングラスみたいなので、
ちゃんと目に紫外線が入らないようになってるんだろうなと感じました。

近いうちにGETしてやりたいと思ってます!!

 

また、子供(3歳)のサングラスにはこれがいいかなって思いました。

UV400と書いてあるし、
UVカット成分が練りこまれたサングラスの方が寿命が長いとは言え、
子供の場合はすぐに顔が大きくなって買い換えないといけなくなります。

なので、値段もかなりお手ごろだし、これで十分かな…って思ってます。
ドライブ中の車内などでも、意外と子供に日差しが当たっているので、
キッズ用のサングラスで紫外線対策してあげたいと思います♪

 

 

ちなみに、もう少し小さいお子様には、

こんな感じのベビー用サングラスもあるみたいです。
赤ちゃんはまだ顔が小さくてサングラスがかけられないので、
このようにバンド式だったらずれる心配もなくてありがたいですね^^

uvカットサングラスの選び方と寿命や効果的な商品まとめ

ということで、uvカットサングラスを選ぶときのポイントは、

  • 紫外線カット(UVカット)率は、99%とかいてあるサングラス
  • 紫外線透過率は、0.1以下のサングラス
  • UV-Aと書いてあるサングラス(数値であれば315~400)
  • 色は濃い色よりもクリアに近い色の方がいい
  • 自分の顔の輪郭にあった形のサングラス
  • UVカット加工(コーティング)よりも練り込み式が寿命長持ち

などのポイントを押さえておけばいいかなと思いました!

 

目は何をするときでも使う大切なものなので、
自分の目はもちろん、子供の純粋な瞳も守ってあげたいですね^^

スポンサードリンク