海水浴 貴重品

こんにちは!へるにあんです♪

先日、子連れ家族の海水浴への持ち物リストを作っていたんですが、
海へいくと服装は軽装で水着や上着しか着ていないし、泳いだりするし、
貴重品を知らないうちに無くしたり、盗まれたりしそうで心配ですよね。

 

そこで海での貴重品管理は一体どうしたらいいんだ…?と気になったので、

今回はお財布をはじめ、車の鍵、携帯、デジカメ、母子手帳や保険証などの、

海水浴での貴重品の管理方法について調べてみました!

 

コレを読めば、海水浴へ行く時も貴重品の管理は安心です♪

スポンサードリンク

海水浴で貴重品はどうする?心配な時の対策方法は?

冒頭でもお話しましたが、海水浴へ行く時は、

貴重品の管理に困る…という人は多いですよね。

 

海水浴へ持っていく貴重品といえば

  • お財布(現金)
  • 携帯電話
  • デジカメ
  • 車の鍵
  • 保険証
  • 母子手帳

などがありますがどれも無くしてしまったら大変なものばかりです(>_<)

やはりお財布は誰にとってもなくなったら困るもので1番重要なので、
この後、海でのお財布・現金管理方法は特に詳しく調べてみました!

 

個人的には母子手帳は子供が生まれた時に書き込みしていたりしたので、
「代わりの新しい母子手帳を」
というわけにはいかないので、絶対無くしたくないんですよね(>_<)

ですが、子供が万が一海水浴で怪我をしたとき・倒れてしまった時等、
保険証と母子手帳は必要なので、持っていかないわけにはいきません^^;

→海に母子手帳を持っていくことについてはこちらの記事でも書いています。

 

なので母子手帳をはじめ、お財布以外の携帯や車の鍵などの管理方法も、
一緒に調べてみたので、ぜひチェックしてみてください!

 

それでは、まずは海でのお財布の管理方法についてお話していきます!

海で財布の盗難・紛失を防止する5つの秘策!

かき氷を買うにも飲み物を買うにも、焼きそばを買うにも…
お金がないと何も出来ません!

お財布には保険証やカードなども入っているので無くしたら大変ですよね。

 

そこで、お財布の盗難を防止する5つの方法を調べてまとめてみました!

 

海で財布の盗難・紛失を防止する対策方法 その1

海で財布の盗難・紛失にあわないためには、
必要最低限の現金しか持っていかないようにしたほうがいいです。

無駄遣い防止にもなります(笑)

余分な現金を持っていかないことで、被害を最小限にとどめられます。

海で財布の盗難・紛失を防止する対策方法 その2

海での現金管理法その2は、
いつも使っているお財布ではなく、小銭入れのようなものを利用する
ということです。

普段長財布を使っている人などは、
お財布をどこかへ隠そうと思ってもカバンにいれるしかないですよね。

でも、海で泳ぐのにカバンを持ち歩くのはとっても邪魔です…。

 

そんなときは、小銭入れなどにお金を入れて水着のポケットにいれたり、
首からぶら下げるタイプの小銭入れを使うと自分で持ち歩けるので安心!

コレもおすすめ→GULL(ガル) マリンカプセルを楽天で見てみる

 

さらに、防水タイプの小銭入れを選べば海で泳ぐ時でも大丈夫です~^^

 

女性だとこういう形のものがいいかもしれませんね♪↓

 

 

お金を入れるときは、紙幣を入れないように500円玉などに変えておく
万が一、海用のお財布に水が入ってしまったとしても
お金がシワシワになる心配がいりませんよ~^^

海で財布の盗難・紛失を防止する対策方法 その3

海での現金管理の対策方法その3は、
地面に埋める方法です!

 

カバンもシートも小銭入れも車も…なにもない!!けど泳ぎたい!!

という時に使えます。

 

地面にお金を埋める場合は、

  • 波にさらわれない場所に埋める
  • 埋めた場所を忘れない
  • 誰かに掘られていないか観察

というところに注意してくださいね。

 

海水浴の時にお金やお財布を地面に隠す方法を実行するときは、

ジップロックやビニール袋に入れればお財布が汚れずにすみますよ^^

海で財布の盗難・紛失を防止する対策方法 その4

海でのお財布管理の対策方法その4は
「レジャーシートの下に隠す」です!!

 

シートの上に飲み物などと一緒にお財布を置いておくのは心配ですが、
シートの下に隠すことで、見つかりづらく、盗まれづらくなります。

帰るときに忘れていかないように注意してくださいね^^

海で財布の盗難・紛失を防止する対策方法 その5

最後にご紹介する方法は、

お財布などの貴重品盗難防止グッズを利用するということです!!

 

今回紹介するのは「お財布をカモフラージュ」して盗難防止できる、
「隠し金庫」をご紹介します!

今って楽しい隠し金庫がいろいろ発売されてるみたいなんです!

 

↓たとえば、これなら「お金だと気づかれない」可能性が高いです。

隠し金庫 セーフ缶 – COKE(コーク)
価格:3030円(税込、送料別)

 

本物に近い重さで作られているので、持ってもわかりません!

コカ・コーラの形の隠し金庫なんて面白いですよね~!!

 

↓こちらはヘアブラシ型です!

 

ただのヘアブラシ型隠し金庫かと思ったら

本当にヘアブラシとして使えるのでかなり実用的です~♪^^

 

↓こちらは私が大好きなプリングルスの箱になっています~♪

 

間違って子供に開けられないように注意が必要ですねっ!(笑)

 

次に、海水浴での携帯や車の鍵など、

お財布以外の貴重品の管理対策についてお話しますね。

スポンサードリンク

海水浴で携帯電話やスマホはどうする?泳ぐ時どうしよう?

お財布以外のお財布の管理方法についてお話したいと思います!

 

携帯電話は、常に持ち歩いていないと連絡が取れなくて困る…という方は

結構多いと思います。なので、土に埋めたり誰かにあずけたりという方法は

携帯電話やスマホには向かないので、海での携帯やスマホの持ち歩きには

ジップロックや市販の防水ケースに入れるのが主流です。

 

先ほど紹介したウェストポーチ型など、ちょっと大きさに余裕のあるものにすれば
車の鍵やお金も一緒に入れられるのでおすすめ!

 

車の鍵が普通のペタンとした鍵なら持ち歩きやすいと思うのですが、

キーレスタイプの車の鍵は意外とかさばってしまい、置き場所に困ります。

車の鍵がキーレスタイプの場合は、南京錠がついた鍵がしまえるケースが
売っているので、それを車につけておきます!

車のキーの置き場所はこれがおすすめ。

 

 

サーフィンをする人たちがよく利用するみたいですよ~^^

 

海水浴の思い出を写真に残したい場合はデジカメも持ち歩きたいですよね!

デジカメの管理方法としては「防水ケース」が売られているので
それを使っても大丈夫なんですが、「わざわざ買うのもったいないな…」
ってときは、使い捨ての防水カメラがおすすめです!

↓昔からある「写ルンです」から、使い捨ての防水カメラが販売されています。

 

 

デジカメと違ってすぐ写真写りを確認できないとか、「○枚まで」という
制限があるのが難点ですが、現像するまでのお楽しみ…と考えましょう^^

 

次に、「今は使わないけど大事なもの」として、母子手帳や保険証などは、

遊びに持って行っても荷物になってしまうかと思います。

 

母子手帳や保険証などの貴重品は、海の家にあずけたり、
コインロッカーがあればそちらを利用すれば安心
できると思います。

着替えなども預けておけば、ビーチでの荷物が少なくなるので便利です!

 

どうしても肌身離さず持ち歩きたい場合は、こういうカバンもあったので
紹介しておきますね!ダイビングで使ったりするみたいですよ~↓

 

海水浴での貴重品管理方法まとめ

簡単に言うと、海へ持っていく貴重品は最小限にまとめるのがいいですね^^

 

でもどうしても海へ持っていかなければならない大事な貴重品は、
防水ケースで濡れないように保護して肌身離さず持ってあるくか、

土で汚れないようにケースへ入れて土へ埋めるか、海の家などに預けるか…

 

という方法がいいみたいでした。

 

貴重品を無くさないように注意して、楽しい海水浴を満喫しましょう~♪

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます