犬のチョコレート中毒について

 

犬がチョコレートを食べてしまった時の応急処置の方法や、
致死量がすぐわかるように小型犬・大型犬別にまとめてみました。

「チョコレートを食べたかも…食べてないかも…?」というときの、
症状で見分ける方法も調べてみましたので参考にしてください!

スポンサードリンク

犬がチョコレートを食べた時の致死量は?

犬がチョコレートを食べた時の致死量を
わかりやすく教えてくれるサイトがあります。
Chart A Dog’s Reaction

 

ただ、こちらのサイトがすごく重くて、
見れない場合もあると思うので
こちらを参照してみてください。

 

●チョコレートの致死量・4キロの犬の場合

(8キロなら2倍、12キロなら3倍で大体の目安がわかります)

チョコの種類 グラム数 板チョコ換算
ホワイト 11083g 約277枚分
ミルク 195g 約3枚分
ダーク
ビター
88g 約1枚分
セミスイート
菓子用など
81g 約1枚分
調理用 27g 約0.45枚分
ココア 16g 約大さじ1
ホワイトチョコは致死量に至るまで食べるのは
ちょっと難しいと思いますので安心ですが、
そのほかのチョコレートはちょっと目を離したら
食べてしまいそうな枚数です(>_<)

 

犬がチョコレートを食べた際の応急処置の方法

下痢をしている場合は、脱水症状を起こさないよう、
水分を取らせたほうがいいみたいです。

スポンサードリンク

 

また、無理に吐かせる方法も紹介されたりしていますが、
心配だからといって自分で吐かせたりするのは
あまりよくないという声もあります。

 

すぐに病院へ行くのが1番なんですが、
どうしても病院へ行くのに時間がかかる場合は、
病院へ症状を伝え、正しい指示をもらいましょう。

 

素人の判断で、

「チョコレートは大丈夫な量だったのに、
間違った応急処置のせいで愛犬が亡くなってしまった」

ということにならないよう、十分注意しましょう(>_<)

 

動物病院が近くにない場合や閉まっている場合

この場合は何もせずにはいられませんよね…。
チョコレートを大量に食べた場合は、

 

  • 小型犬…オキシドール1~2ml
  • 大型犬…オキシドール3~5ml

 

を目安に飲ませて嘔吐させます。1回で吐けばいいのですが、
吐かない場合は15分くらい間隔をあけて繰り返します。

 

犬がチョコレートを食べたかも?症状で見分ける方法

 

留守にしていた間や、カバンに入っていたのを忘れていて、
勝手に漁ってしまっていた…なんてケースも多いようです。

 

確信はなくても、「もしかして食べたかも…?」
と思ったら病院へ電話してみることをおすすめします。
もしくは、直接病院で診てもらうのが1番です。

 

チョコレート中毒の症状は

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 多尿
  • 脱水
  • 腹痛
  • 痙攣

など、様々な症状があります。
しかし、これに該当しなくても

 

「何か元気ないな」
「ちょっといつもと違うな」

 

と思ったら、病院へ行ってみてください。
あとで後悔しても可愛いワンちゃんは戻りません…。

 

犬がチョコレートを食べた時のまとめ

犬がチョコレートを食べたときは、
まず病院へ行くのが1番です!!

その前に、誤飲がないようにチョコレートを、
手の届かない所に置く…というのを、
心がけるようにしたいですね。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます