日光アレルギー

 

こんにちは♪へるにあんです♪

 

  • 「太陽に当たった後になんだか顔がかゆい…」
  • 「散歩に行ったら顔が赤い…ぶつぶつしてきた」
  • 「昨日まではなんともなかったのに突然紫外線を浴びた部分だけに炎症がおきた」
  • 「化粧をするとヒリヒリするくらいかぶれてる」

 

「これってなんなの!?」
日光アレルギーっていうのがあるらしいんだけどそれなのかな…」

 

と、先日知り合いがそんなことを話していたのですが、
なにやら「日光アレルギー(紫外線アレルギー)」というのがあるみたいです。

 

そこで今日は、
日光アレルギーなのかどうかをチェックするポイントや、
そもそも日光(にっこう)アレルギーとはなんなのか…
日光アレルギーの原因や対策、治療方法を調べてみました!!

 

これからどんどん紫外線(しがいせん)が強くなる時期になるので、
早めにできる紫外線対策を調べて知り合いに教えてあげたいと思います♪

スポンサードリンク

日光でアレルギー症状がでることがあるらしい!

なんと、いつもわたしたちに降り注いでいるあの
「おひさま」の紫外線で、アレルギー反応が起きることがあるようです!

症状としては、

 

●肌への日光アレルギー症状

・肌が赤くなる
・肌がかゆくなる
・水ぶくれのようにボツボツとなる水泡ができる
・顔が腫れる
・顔がかぶれる
・ブツブツとした湿疹や蕁麻疹がでる

※腕や足にも症状がでる場合もあるそうです

●目への日光アレルギー症状

・目が充血する
・何か入っているような異物感がある
・涙がでる

●日光アレルギーの体調への影響

・吐き気
・頭痛
・発熱

 

などがあるようです!

日光アレルギー(紫外線アレルギー)とは?

日光アレルギーは紫外線アレルギーや日光過敏症(にっこうかびんしょう)、
日光性皮膚炎(にっこうせいひふえん)
とも呼ばれているらしいんです。

その名のとおり、
日光の紫外線に対してアレルギー反応が起きることを指しています。
ある日突然発症することもあるみたいですよ!

日光アレルギーの原因は?

日光アレルギーの原因は、内因性と外因性にわかれているみたいで、
自分に当てはまるものがないかちょっと見てみてください。

内因性の日光アレルギーの原因

 

  • アレルギー体質
  • 先天性疾患
  • 代謝異常
  • ビタミン・ミネラル不足
  • 免疫システムの異常
  • 病気
    • アルコール性肝障害
    • C型肝炎
    • ペラグラ
  • 無理なダイエット
  • 食事が不規則
  • ストレス
  • 冷え性

外因性の日光アレルギーの原因

  • 食品に含まれる「ソレラン」(レモン・オレンジなど)
  • セロリ・キャベツ・イチジク・アワビなど
  • 抗生物質などの普段飲んでいる薬
  • 日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤が体に合わない
  • シップが紫外線と反応
  • 化粧品が紫外線と反応

 

この中で、女性が特に気になるのが
「化粧品が紫外線と反応」というところではないでしょうか。
化粧品だけでなく、日焼け止めも選び方を間違えると
日光アレルギーを引き起こしてしまう、諸刃の剣。

 

日焼け止めについては、下記の日光アレルギーへの対策の章で
詳しく書いていますのでチェックしてみてください。

顔だけぶつぶつで日光アレルギーっぽいんだけど…」

という場合は、化粧品が原因かもしれませんね(>_<)

 

 

そして、体内にある紫外線への抗体が一定量を超えると、
ある日突然、日光アレルギーになってしまうようです。

この「紫外線への抗体」の量はひとそれぞれです。

 

なので、「これだけ紫外線にあたったら日光アレルギーになる」とか
一概にはいえないみたいなんです^^;

でも、とにかく日光アレルギーを発症した後も発症する前も、
できるだけ紫外線を避けるというのがいいようです。

 

日光アレルギーかどうかを見分ける検査方法

「たしかに外へ出てから顔が赤くなってしまったけど、
まだ日光アレルギーかどうかわからないし…どうなの!?

という場合ですが、素人が日光アレルギーなのか肌荒れなのか、

確実に見分けるのは結構難しいらしいです。

 

でも、わたしが今回ネットで検索して調べていて、
「日光を浴びてから症状が出た」という場合は、
「日光アレルギーである可能性が高い」という意見が多いみたいなので、

 

「紫外線を浴びてから症状が出た」という場合は、
日光アレルギーの可能性があるといってもいいのではないでしょうか。

※個人的な意見です

 

1番確実なのは病院の皮膚科で検査を受けることで、
その検査は「光線過敏症テスト」というのをやるらしいです。

背中やお腹などに紫外線をあてて、その段階で異常が出た場合は
血液検査やパッチテストなどを行い、結果を見るそうです。

 

もし、日光アレルギーではなかった場合でも原因がわかりますし、
症状に合った薬も処方してもらえるので確実です!!

 

「あれ?」と思ったら、病院で診てもらうのが一番いいですね♪

紫外線アレルギーの対策方法!

顔のかゆみやぶつぶつ…紫外線でのアレルギーなのか気になるし、怖いですよね(>_<)

 

病院へ行く予定をたてても、仕事があれば今すぐにはいけないので、
とりあえず病院へ行くまでに、何かすぐにできる対策はないのかと思い、
「今」からできる紫外線アレルギーへの対策を色々調べてみました!

 

紫外線アレルギーの対策方法として、

 

  • 日傘をさす
  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 帽子をかぶる
  • 長袖を着る
  • 家や車での紫外線対策

 

について詳しく書いていきたいと思います!

紫外線アレルギー対策その1!日傘をさす

日傘で外出時の紫外線から肌を守りましょう!!

日傘の色は、白よりも黒のほうがいいみたいです!

淡い色よりも、濃い色の日傘を選ぶと、
日傘自体が紫外線を吸収してくれるので、
濃い色の日傘のほうが、紫外線防止に役立つみたいです^^

 

ちなみに、生地は厚いほうが効果があるみたいですよ♪

 

また、UVカット加工がされている日傘であれば、
色は白でも黒でも効果の差はないようです!

 

ただし、1番注意したいのが「アスファルトからの照り返し」です!
日傘の内側の色が白や淡い色だと、地面から紫外線を受けて反射し、
顔に紫外線の影響を受けやすい
らしいんです…知らなかった~!!

 

それから、UV加工をされている日傘でも、
3年くらいで効果がなくなってしまうようなので、新しいものにするといいと思います!

 

その際、日傘の色は黒にすると、いつか時間が経過して
UV加工のコーティングが低下してしまっても紫外線を吸収してくれます!

紫外線アレルギー対策その2!日焼け止めクリームを活用する

とにかく紫外線を防ぎましょう!ということで、
日焼け止めクリームは結構効果があるみたいです。

※でも、症状が酷すぎて抵抗がある場合は先に病院へ!

 

そして、この日焼け止めクリームも結構くせもので、
「日焼け止めクリーム自体にかぶれる」ということもあるみたいです。

 

わたしも初めて知ったんですが、
日焼け止めクリームの成分には2種類あって、

 

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

 

という成分が含まれているみたいなんです。
どちらか1つが含まれている日焼け止めクリーム、
どちらも含まれている日焼け止めクリームがあります。

 

で、この「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」ってなに??
と疑問に思ったので、詳しく調べてみました!!

スポンサードリンク

●紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めクリーム

紫外線への効果を選ぶならこっち!

 

紫外線吸収剤は、紫外線を皮膚まで到達させないという効果は高く、
その分、肌への負担が大きいようです。

 

紫外線吸収剤の働きとしては、紫外線が肌に浸透する前に吸収し、
熱のエネルギーに変えて放出します。この化学反応が、
肌への刺激になってしまう…ということみたいです。

 

また、塗り心地はさらさらしていて、汗に強く、
透明なので白浮きせずに自然な仕上がりになるようです。

 

※紫外線吸収剤が原因で日光アレルギーになっている可能性もあります

●紫外線散乱剤が含まれている日焼け止めクリーム

肌への負担を考えるならこっち!!

 

紫外線散乱剤は散乱剤が肌の表面で紫外線を反射し、
紫外線の肌への影響を防ぐみたいです。

 

こちらは紫外線吸収剤とは違い、化学反応がないので
肌への負担が少ないそうです。

ただ塗り心地が結構重たいのと、汗に弱いので塗りなおしが必要らしいです。
また、白浮きするものが多いみたいですが、
最近のものでは粒子が細かいものになり、
白浮きしにくいタイプのものもあるみたいです♪

 


 

で、日光アレルギーの対策にはどちらがいいのかということですが…

こればっかりは
「自分にどちらの日焼け止めクリームが合うか」というのは、
試してみないとわからないので…

 

ただ、わたしだったら、肌に優しい「紫外線散乱剤」の
日焼け止めクリームから試してみるかな~とは思います!

紫外線アレルギー対策その3!帽子をかぶる

帽子を選ぶときも、日傘を選ぶとき同様、
黒い色のほうが紫外線を通しにくいのでお勧めです。

ただ、黒い色は熱も吸収しやすいので、
暑くなってしまうというデメリットはあります…。

 

黒い帽子って見てる方も暑苦しく感じたりしますよね^^;

 

なので、こちらも日傘同様、UV加工された帽子を選ぶと、
真っ白い涼しげな帽子でもばっちりUV対策できます!
さらに、つばの広い帽子を選ぶと効果がUPします♪

目の周りも気になる方は、サングラスもいいかもしれませんね!

紫外線アレルギー対策その4!長袖を着て露出を控える

単に「長袖ならOK」というわけではなく、
紫外線をカットできる素材というものがあるみたいです!

ポリエステルやウールは9割以上の紫外線をカットできるらしく、
長袖にするならそういった素材を選ぶのがいいですね!^^

また、綿は紫外線を通しやすいらしいので注意です!

普通の服でもUV加工がされているものもありますので、
取り入れてみてもいいかもしれませんね♪

紫外線アレルギー対策その5!家の中でも油断しない紫外線対策

家の中でも紫外線対策は必要ですが、
家の中でまで日焼け止めを塗ったり、長袖を着たり…

大事なのはわかってるけどめんどくさい!!!

という場合は、

1回だけちょっと頑張って、「窓や車にUV加工」してみてはいかがでしょうか!

ガラスに張るだけで紫外線を遮断してくれるシートや、
遮光カーテンはもちろん、障子に張るタイプのUV対策などもあるそうです!

完璧にとまではいきませんが、効果が高いと思います♪

 

家の中では紫外線に対して油断しがちなので、
1度だけ気合を入れて家のUV対策をしてしまえば、
あとでずっと楽をすることができますよ~♪^^

紫外線アレルギーの治療方法は?

病院へ行って、日光アレルギーだと診断されると、
塗り薬が処方されるようです。

これは、症状の程度によって処方される薬が違うので、
まずは病院へ行って医師に相談してみましょう!

また、市販の薬を適当に塗ってしまうと、
症状が悪化してしまうこともあるようなので注意
です。

日光アレルギーについてのまとめ

ちょっと言いづらいのですが、日光アレルギーは1度なってしまうと、
なかなか直すのは困難だといわれているみたいなんですよね。

顔のかゆみや赤み、ブツブツ…

これがずっと続くと思うと…ちょっと落ち込んでしまうかもしれません。

 

ですが、日光アレルギーについて調べているうちに、
紫外線とこれから上手に付き合っていく方法…というのを、
今から考えるのがいいのかなと思いました。

 

これからの季節、こまめなUV対策は大変ですが、
しっかり対策をして紫外線アレルギーの症状がでないように、
自分に合った紫外線との付き合い方を見つけて欲しいと思います!

 

まずは、お医者さんへ行って本当に日光アレルギーなのかどうか、
確認して対処法を聞くのが1番いいのではないでしょうか!

知り合いにも、早めの紫外線対策をおすすめしようと思います!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます