夏バテ 吐き気

こんにちは!へるにあんです。

もうだいぶ暑くなってきましたが、
夏になると心配なのが夏バテですよね。

 

夏バテの症状には「頭痛」「めまい」など色々ありますが、
夏バテで吐き気があると食事も食べられなくなることもあり、
栄養が十分に取れずさらに体力が落ちてしまうので厄介
です…。

 

このままでは旦那や子供が、夏バテで

 

「吐き気がする!!」

「気持ち悪い~!!」

 

と言ってきたら
どう対処していいのかわからず困ってしまいます(>_<)

 

さらに、夏バテは女性に多いそうなので、家族だけではなく
自分が夏バテになってしまった場合にも困ってしまいます(>_<)

 

なので、もしも今後家族や自分が夏バテになってしまっても、
適切な対応をして夏バテの吐き気を解消
してあげられるよう、
夏バテで吐き気がある場合の原因や対処法をまとめてみました!

 

夏バテで気持ちが悪くてご飯が食べられない時に、
食事が食べられるようにできる、ちょっとしたポイントも
まとめてみたので夏に備えてぜひ覚えておきましょう!!

スポンサードリンク

夏バテで吐き気がするのにはこんな原因があった!

まずは、夏バテで吐き気がしてしまう原因を知っておきましょう!

夏になると、お父さんはビールを飲んだり、
暑いからとお茶やジュースをガバガバ飲んだり、
子供は冷たいアイスを食べたりしますよね。

 

夏バテで吐き気が起こってしまう原因の一つは、
自律神経が乱れてしまうことにあります。

 

夏になると外は「もわっ」と暑くなってしまいますよね。
そこで冷房で冷え冷えに冷えた部屋で過ごしていると
自分で思っている以上に体が冷えていて、
それが原因で自律神経が乱れ、夏バテになってしまうことも。

自律神経が乱れると、食欲不振にもつながります。

 

夏バテで吐き気が起こってしまう原因はほかにもあります。

暑いからといって冷たいものばかり食べていると、
胃腸の働きが悪くなってしまい、便秘や下痢を起こしたり、
なんだか吐き気がする…という夏バテ状態になってしまいます。

 

1番いいのは、夏バテにならないために

  • エアコンは温度を高めに設定する(28度がよい)
  • エアコン温度を変えられない場合はひざ掛けなどを用意する
  • 冷たいもののがぶ飲みを控える

…など、
自律神経を乱れさせない生活をするように心がけることです。

次に、家族が「もう夏バテになってしまった状態」だった場合、
どう対処すればいいのかを見ていきましょう!

夏バテの吐き気解消法ベスト3!気持ち悪い時の対処方法はコレ!

夏バテで吐き気があるときの解消方法をまとめてみました!

 

夏バテの吐き気解消方法1

夏バテ 吐き気
夏バテによる吐き気を解消する方法として、
39~40度のお風呂に15~20分程入浴するといいみたいです。

入浴は自律神経のバランスを整えてくれるので、
自律神経の乱れによる夏バテを改善してくれます!!

 

しかし、吐き気がしているのに入浴って…大丈夫なの??
と思いますよね(>_<)

わたしも疑問に思って調べてみたところ、
スポーツドリンクや経口補水液などでしっかり水分補給し、
吐き気が少し和らいだ頃に入浴すると効果的なようです。

 

夏バテの吐き気解消法2

夏バテがひどい時に、まだ冷房をかけているようであれば、
ちょっと部屋の温度を確認してみてください。

エアコンの設定は28度が理想的だとされています。
また、外気温との差は5~6度以内になるように設定しましょう。

 

夏バテの吐き気解消法3

また、夏バテを予防・改善・解消するためには、
しっかりと朝・昼・晩の3食を食べることが大事です。

 

水分補給も大事なので、こまめに取るようにしましょう!

飲み物の温度は、冷たすぎないようにしましょう。

 

暑いのでついつい冷たいものを飲んだり食べたくなってしまいますが、
冷たいものばかりではなく、温かくてバランスの良い食事で
しっかり栄養を撮ることが夏バテ改善につながります。

 

とはいえ、夏バテで吐き気がある場合は、
気持ち悪くて食事を食べるのも辛いですよね…。

スポンサードリンク

それでは、夏バテになってしまったときでも
食べられそうな食べ物&夏バテに効果的な食べ物

紹介して行こうと思います!

夏バテで吐き気がある時は食事メニューを工夫しよう!

夏バテに効果的な食べ物ってご存知ですか?

夏バテで吐き気の症状が出てきてしまうと、
なかなか食事がとれず、さらに体力が落ちてしまう…という、
悪循環に陥りやすいんです(>_<)

なので、食事のメニューを決めるときは、
夏バテに効果的な食材を使ってみてはいかがでしょうか。

 

今回は、

  • 夏バテで吐き気があるときでも食べられそうな食べ物
  • 夏バテの改善・解消に効果的な食べ物

についてまとめてみたので、ぜひ覚えておいてくださいね~!

夏バテで吐き気があるときでも食べられそうな食べ物

りんごやバナナ、いちごなどの果物は、
食欲がないときでも食べやすいですよね。

 

また、食事がないときの大定番として「おかゆ」が挙げられますが
ただのおかゆも「かぼちゃがゆ」にするとビタミンも一緒に取れます。
夏バテにはビタミンが効果的なので、かぼちゃがゆがおすすめです。

かぼちゃがゆは、茹でた(蒸した)かぼちゃを潰して、
お粥にいれればOKです!
フードプロセッサーがあるときれいにつぶせます。

 

夏バテの改善・解消に効果的な食べ物

夏バテに効果がある栄養素は、
ビタミン・クエン酸・マグネシウム・硫化アリルなどです。
これらが含まれる食べ物を積極的にとるようにしましょう!

 

夏バテ 吐き気

 

ビタミンB1を含む食べ物は、豚肉が1番です!
うなぎもビタミンB1を豊富に含んでいますが、
値段が可愛くないのでちょっときついですよね…^^;

そんなときは豚肉を食べるようにしましょう♪
その他、小麦粉などの穀類や大豆などの豆類もおすすめ。

 

ビタミンB2を含む食べ物は、豚・牛・鶏のレバーです。
レバーが苦手な方は
「レバーペースト」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

どうしてもダメな場合は、
卵の卵黄にもビタミンB2は含まれています。

 

ビタミンB6を含む食べ物は、にんにくです!!
また、まぐろやカツオなどの魚にもおおいです。

 

ビタミンCを含む食べ物は、赤ピーマン・黄ピーマンがおおいです。
また、柚(ゆず)の果皮やアセロラジュースなどにも
多く含まれています。その他、パセリやレモンなど、
野菜や果物に多く含まれています^^

 

クエン酸を含む食べ物は、柑橘類です。
毎日1個食べてるといいですよ~^^
この他にも、いちごは5~6粒、梅干なら2~3個を目安に
食べるといいみたいです。

 

マグネシウムを含む食べ物は、大豆です。
その他、きなこやアーモンドなどにも多く含まれているそうです。

マグネシウムが不足してしまうと、体が不調になるばかりではなく、
精神的にも不安定になってしまうこともあるそうです。
栄養のバランスを考えながら、運動することも大切なようです。

 

硫化アリルを含む食べ物は、にんにくやたまねぎなどです。
その他、長ネギ、ニラ、らっきょうなど匂いがするものばかりですが
その分スタミナがつきますよ!

ただ、硫化アリル(アリシン)は熱に弱く、
水に溶けやすいという性質があり、
生で食べるのがいいみたいです^^

玉ねぎのサラダとかがいいかもしれないですね~!

夏バテの吐き気の原因や解消方法についてのまとめ

とにかく、夏バテで吐き気があるときは
あまり無理せずご飯が食べられるようになるまで
ゆっくりされてくださいね^^

 

ただ、夏バテ夏バテと簡単にすませてしまいますが、
暑くて具合が悪くなってきて、吐き気がする…という場合は
実は夏バテではなく「熱中症」の症状かもしれません。

 

今回の記事で夏バテを改善することができたら、
次に紹介する記事を読めば熱中症対策についても知ることができます。

↓ぜひ家族の健康のために熱中症の知識も備えておきましょう~!

熱中症の発症する条件や症状とは?その兆候を覚えて家族を守ろう!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます