子供 夏風邪 鼻水

 

こんにちは!へるにあんです!

先日、娘が夏風邪にかかってしまいました。
初めは鼻水から始まり、咳が出始め、
最後は高熱が続く…という夏風邪の症状が長引きました。

 

「夏風邪はどうしてこんなに長引くんだろう…」
「対処の仕方が間違っていたのかな…」

と思い、今後また鼻水や咳が長引いた時のために、
今回は子供の夏風邪が長引く原因や治し方を調べてみました!

 

↓夏風邪で高熱の症状がある場合はこちらの記事もどうぞです。

子供が夏風邪で高熱 エアコンの設定や解熱剤・座薬での対処方法

子供が夏風邪で高熱!冷えピタを嫌がる時や手足は冷たい時の対処法

 

スポンサードリンク

 

子供の夏風邪が長引くのはなぜ?

夏風邪は大人も子供も長引くことが多いですよね。

冬の風の方が長引きそうなのになぜだろう?と思ったので、

夏風邪が長引く原因を調べてみました!
夏風邪が長引いてしまう原因としては、

  • 夏は気温が高く湿気が多い
  • 冬とはウイルスの種類が違う
  • 室内と室外の気温差がある
  • 二次感染している

ということが挙げられます。

 

冬に感染する風邪のウイルスとしては、
「コロナウイルス」「インフルエンザウイルス」などがあり、
乾燥して寒い場所を好みます。

 

夏風邪のウイルスとしては、
「エンテロウイルス」「アデノウイルス」
「コクサッキーウイルス」などがあり、高温多湿の場所を好みます。

夏風邪のウイルスには、インフルエンザウイルスのように
特効薬がなく、抗生物質も聞かないのだそうです。

 

夏は暑さで小さい子供は体力が低下しがちです。
夏バテで食事が食べられないこともあったりすると、

「夏風邪ウイルスに感染しやすく、排出しにくい」

という、夏風邪が治りにくい状況になってしまいます。

 

また、夏はムシムシと暑い外から、涼しい部屋に入ると、
汗も冷やされて「気持ちいい~!」と思いますが、
この室外と室内の温度差が大きいと、
自律神経が乱れてしまい、夏風邪をひきやすくなります。

 

そうすると、せっかく夏風邪が治りかけだったのに、
二次感染してしまい、また夏風邪をぶりかえしてしまう…ということも、
夏風邪が長引く原因のひとつとなっているのだそうです。

子供が夏風邪で咳と鼻水が長引いた時の体験談

最近2歳の娘が夏風邪にかかったのですが、
初めは鼻水から始まり、咳が出始め、最後は高熱が続くという症状が出ました。

 

夏風邪で高熱の症状や対処方法についてはこちらの記事もどうぞです。

子供が夏風邪で高熱 エアコンの設定や解熱剤・座薬での対処方法

子供が夏風邪で高熱!冷えピタを嫌がる時や手足は冷たい時の対処法

 

鼻水と咳の症状だけで熱がない期間というのが、1番長かったんです。

鼻水は約2ヶ月、咳は約2週間くらい長引きました。
ちなみに、高熱は5日間続きました…。

 

「夏風邪」と病院で診断されたのは、熱が出てからのことでした。

 

娘の夏風邪の症状は鼻水から始まったのですが、

あまりにも鼻水の症状が続く期間が長かったので、
ハウスダストアレルギーなど、何かのアレルギーかなと思った程でした。

 

最初は透明な鼻水だったのですが、粘液性鼻漏(ねんえきせいびろう)と呼ばれる
少し粘り気がある緑っぽい青っ鼻がたまに出るようになり、

「色のついた鼻水は、ウイルスや細菌と戦って死んだ、白血球や免疫細胞」

と聞いたことがあったので、すぐに病院を受診しました。

 

その時のお医者様の診断は

「季節の変わり目で、ちょっと鼻水が出やすくなってるかな~」

という、ちょっと曖昧なものでした^^;
鼻水の薬だけを頂いていましたが、
そのお薬では全然鼻水がよくなる気配はありませんでした…。

 

その後、2回ほど鼻水の薬をもらいにいったんですが、
そうこうしているうちに、ちょっとタンが絡む咳をし始めました。

そこでまたかかりつけの小児科を受診したんですが、
「朝夕は冷えて、日中暑いという気温の変化での咳」という診断でした。

 

大変な病気ではないということが分かって安心しましたが、
特に病名がつかず、鼻水と咳だけの時は、保育園への対応にとても悩みました。

 

熱もなく、鼻水や咳だけだった時、休ませたほうがいいのかどうか。

今回は悩んだ末、熱がないので保育園に登園させていましたが、

 

連日、連絡帳に「鼻水が出ています」とかかれ、
お迎えの時も「鼻水がすごくて…」と先生に言われてしまいました。

 

保育園に迷惑をかけてしまっているなぁ…とハラハラ。
休ませたほうがいいのかなぁ…と悶々としていました。
娘もずっと鼻水が出ているので可哀想…。

 

「熱もなくて元気はあるのに鼻水が出てる」というのは、
意外とやっかいな症状ですよね…^^;

そうこうしているうちに、娘が高熱を出し、
ほぼ一週間保育園を休園することになりました…。
もう少し早めに保育園を休ませて、ゆっくり休養を取ってあげれば、
夏風邪が長引く期間も少なくすんだのかな…と後悔しています。

スポンサードリンク

子供の夏風邪の治し方 1日でも早く治す方法は?

「もっと早めに保育園を休ませておけばよかったと思った」

とはいいましたが、働いているとなかなか仕事を休めませんよね。

 

そんな時、夏風邪を早く治す方法を知っておけばきっと役に立つはず!!
そこで、娘がまた風邪をひいた時にもすぐ見直せるように、
子供の夏風邪を1日でも早く治す方法をまとめてみました。

子供の夏風邪を早く治すには部屋の温度は高くする?低くする?

子供の夏風邪を早く治すためには、
部屋の温度は「適温」にする必要があります。

 

※夏風邪の時のエアコンの温度設定について、詳しくはこちらの記事をどうぞ!

子供が夏風邪で高熱 エアコンの設定や解熱剤・座薬での対処方法

 

熱があるかないかでもエアコンの設定温度は違ってきますので、
エアコンの設定温度を子供の症状で判断する目安は、覚えておこうと思います!

子供の夏風邪を早く治すにはどんな食べ物を食べさせればいい?

夏風邪の時に、栄養を沢山取らせるというのはもちろん大事ですが、
喉が痛かったり、高熱が出ていたりすると、
子供が食事をとりたがらない場合もあると思います。

 

そういう時は、定番のおかゆ・うどんがおすすめです。
わたしの2歳の娘が夏風邪をひいた時は、この他にも
野菜をたっぷり入れたポトフや、ゼリーやメロンは食べてくれました。

それから、一見風邪をひいた時にアイスクリームはダメそうですが、
アイスクリームも、少量であれば冷たさで喉の痛みが和らぎ、
子供も楽になる場合もあると聞いてびっくりしました!

子供の夏風邪を早く治すには水分補給に何を飲ませる?

暑い時の水分補給は、冷たいものを飲むと気持ちがいいですが、
胃腸を刺激してしまうそうなので、常温のスポーツドリンクや、
経口補水液を飲ませるのがいいみたいです。

子供の夏風邪が長引いて鼻水や咳が出る時の対処法まとめ

小さい子供が鼻水を垂らしていたり、
ゲホゲホと咳をしていると可哀想で胸が痛くなりますよね。

親として、今回調べてまとめたことを参考にして、
少しでも風邪の症状が早く治るようにしてあげたいです。

 

うちの娘は、一旦鼻水・咳・高熱が収まったかと思ったら、
昨日また鼻水を垂らして保育園から帰ってきました…^^;

 

そして、今日なんだか娘の体が熱くて熱を測ったら38.5分…。

夏風邪に二次感染してしまったのでしょうか^^;

 

まだ今日の分の薬はあるので、明日も続くようなら

また病院に行かなければ…^^;

 

今回、夏風邪について調べたことを参考にして、
今日は栄養のあるごはんを食べさせてあげたいなと思います~!

 

↓関連記事もどうぞです!

子供が夏風邪で高熱 エアコンの設定や解熱剤・座薬での対処方法!

子供が夏風邪で高熱!冷えピタを嫌がる時や手足は冷たい時の対処法

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます