日焼け止め 塗り直し方

 

こんにちは!へるにあんです♪

日焼け止めを効果的に使用して美肌になるためには、
日焼け止めをこまめに塗り直すことが必要だってよく聞きますよね!!

 

でも、いつどのタイミングで、どのくらいの頻度で
日焼け止めを塗り直せばいいのか、いまいちよくわからないままだと、
せっかく塗った日焼け止めの効果がいつのまにか切れてしまっている可能性も。

 

せっかく日焼け止めを使って紫外線対策をするのなら、
効果的な使い方を知りたいな~と思いませんか!?

 

なので、今回は
日焼け止めを塗り直すタイミングや頻度、
メイクをしている場合でも綺麗に仕上がる、日焼け止めの塗り直しテクニック
など、

 

上手な日焼け止めの塗り直し方についてまとめてみました!!

 

スポンサードリンク

日焼け止めを塗り直しするタイミングで効果的なのはいつ?

まずは、日焼け止めを塗り直すタイミングを知っておきましょう!

 

「日焼け止めは塗り直したほうがいい」

 

と、テレビやネットの口コミなどでもよく聞きますが、

どのタイミングで塗り直せばいいのかいまいちよくわかりませんよね^^;
また、実際に日焼け止めを何回もたくさん塗り直すと思うと
「お肌への負担になるんじゃない?」
と心配になってしまいます…。

 

たしかに、効果が低い日焼け止めはこまめに塗り直す必要があります。
もちろん、効果が高い日焼け止めでも、塗り直しが必要な場合もあります。

でも、その

 

「具体的にいつ、どのくらいの頻度で日焼け止めを塗り直せばいいのか」
「強い日焼け止めと弱い日焼け止めで塗り直す間隔は違うのか」

 

というのが明確にわからないので、以前の私は

「別に日焼け止めなんて塗り直さなくてもいいや!」

と面倒になり、日焼け止めの効果を存分に発揮できずにいたんです(>_<)

 

でも、これじゃせっかく日焼け止めを塗っているのにもったいないですよね。
なので、日焼け止めを塗り直すタイミングや頻度を知って、
今年からは効果的な紫外線対策で美白しちゃいましょう!\(^o^)/

日焼け止めを塗り直すタイミングとして推奨されているのは

  • SPFの効果が切れる時間
  • 汗をかいたとき
  • タオルなどを顔にあててしまったとき
  • 手で肌に触ってしまったとき

なんです

手で触った時も?とビックリですよね

 

そしてわたしの場合は最初、この「SPFの効果が切れる時間」っていうのが
いまいちよくわからず困ったのでSPFについても簡単に説明していきたいと思います!

日焼け止めのSPFの意味や焼けない時間はどのくらい?

まずわたしたちが日焼け止めを選ぶ基準とする「SPF」というのは、

紫外線が肌に当たってから、日焼けしてしまうまでの時間を遅らせてくれる効果のことです。

 

一般的に言われている、SPFの日焼け止め効果の持続時間は、
SPF1に対して約20分~25分ということなので
SPF50では16~17時間の効果があるということになります。

 

ということは…

 

普段使っているSPF30なら、10時間…???
SPF50なら日中に太陽が出ている時間をほぼカバーできますよね!

 

たしかに普段の生活で日焼け止めを使うならSPF10~20、
お散歩くらいならSPF30で十分…と言われていますよね。

 

それなら日焼け止めを頻繁に塗り直す必要はないのでは…!?

 

…と思ったんですが、それは違うそうです

SPFの数値が高ければ高いほど頻繁に日焼け止めの塗りお直しをしなくて良いという訳ではなく

どんなにSPF数値の高い日焼け止めを使っても塗りなおしは必要になるそうです

その理由とは↓

日焼け止めを塗り直しする頻度はSPFだけでは決まらない!

私達は日焼け止めと塗った状態でずっとじっとしてる訳ではなく

日常生活を送りますよね。すると当然ですが

  • 頬杖
  • 皮脂
  • 鼻をかむ
  • 口元に手を添える
  • こめかみを抑える

などなど、

せっかく一生懸命日焼け止めを塗っているのに、
皮脂や汗で落ちてしまうだけではなく、手や指で顔に触って落としてしまっているんです

 

これではSPF50などの効果が強い日焼け止めを塗っていても、
ムラになったり取れたりしてしまいます(>_<)

 

なので、よく言われている
「日焼け止めは2~3時間おきに塗り直す」というのは
日焼け止めのSPF効果が持続する時間が終わってしまうからなのではなくて、

 

日常生活で顔などの日焼け止めを塗っている部位に触れてしまい、
日焼け止めがハゲたりしてムラになったり取れたりしてしまうため、

再度日焼け止めを塗り直して、顔の塗りムラを減らし、
肌への紫外線の影響を防ぐということだったんですね!

 

SPFが高い日焼け止めを塗っていても、
汗をかいたりタオルで拭いたりしたら日焼け止めは落ちてしまいますもんね^^;
日焼け止めがムラになったところだけシミになってしまうかも…恐怖!!(>_<)

 

そこで次に疑問になってくるのは

「どうやって日焼け止めを塗り直せばいいのか」

ということではないでしょうか?

 

日焼け止めを塗り直す必要があるということは、
家の外にいるということなので、お化粧してる可能性が高いですよね。

 

メイクしている場合の日焼け止めの塗り直し方ってどうしたらいいのでしょうか?
できれば、せっかくのメイクは取らないまま、時間をかけずに直したいですよね。

 

そこで、お化粧をしたまま日焼け止めを綺麗に塗り直すテクニックを
まとめてみたのでぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

 

日焼け止めの塗り直し時にメイクをしていてもキレイに仕上げるテク!

日焼け止めの塗り直し方は、

 

  • メイクの上から日焼け止めを塗り直す方法と、
  • メイクを落として下地からまた作り直して塗る方法があります。

 

1番いいのは、化粧下地から全部やり直すのが理想ですが、
なかなか仕事や育児で何度もお化粧している時間ってありませんよね。
なので、わたしはメイクの上から日焼け止めを塗り直しています!

 

といっても、朝使ったクリームやジェル、乳液タイプの日焼け止めは使いません!

 

手軽にファンデの上から日焼け止めを塗り直す方法としては、

  • UVカット機能がついているフェイスパウダーを使う
  • スプレータイプの日焼け止めを使う

という方法がお手軽でおすすめです。

 

フェイスパウダータイプの日焼け止めは、ファンデーションの上からパタパタするだけ!!
なので、何度も気軽に塗り直すことができ、ムラになりません♪

しかも、ルースパウダーの役割をしてくれるので、
肌がさらに綺麗に見えてきますよ♪

 

 

 

また、少し時間に余裕がある場合は、
一旦メイクを落として日焼け止めを塗り直しすると、
綺麗に仕上がるし顔はさっぱりするし日焼け止めもムラなく仕上がります♪

 

一旦メイクを落としてから日焼け止めを塗り直す方法は、

 

  1. パフ(ファンデーションのスポンジ)に日焼け止めをつけて、
    そのまま顔に塗っているファンデーションを落とします。
    これが、思っているより結構落ちるんですよね~!
  2. これである程度顔についていたファンデーションが落ちるので、
    再度日焼け止めを指にとり、顔に伸ばしていけば
    ムラなく均一の伸ばすことができます♪
  3. その後、またファンデーションを顔に塗れば完成です!

 

意外と簡単だし、そんなに時間もかからないですよ♪

時間があるときは、ぜひやってみてくださいね!

 

日焼け止めの塗り直し方のタイミングや頻度のまとめ

わたしは以前、日焼け止めを塗りなおすのはなんだか面倒だと思ってしまったり、
正しい塗り直し方がわからなくて、ファンデーションがよれてしまい、
それ以来日焼け止めは塗り直していませんでした^^;

 

でも、ファンデーションの上からパウダーをパタパタする方法などを知り、
これならできる!!と思い実践しています♪

 

UVAという紫外線は、コラーゲンやエラスチンという
肌の細胞を壊してしまい、しわやたるみなどにつながってしまいます(>_<)

 

ちなみに、日焼け止めのUVAへの効果は「+」で示されていて、
「+」が多いほど効果が高くなっています!

UVAによるダメージは数年~10年後に影響が出ると言われているので、
10年後の肌のために正しい日焼け止めの塗り直し方を覚えておきましょう♪

 

特に、メイクの上からUVカットのパウダーを塗り直す方法は、
普通の化粧直しとおなじ感覚で紫外線対策できるので、
ぜひ試してみてください♪

 

↓日焼け止め塗り直しするときは正しい塗り方で塗り直しましょう!

日焼け止めの塗り方のコツ!顔に塗る順番や量の意外な正解はコレ!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます