子供 youtube

こんにちは!へるにあんです。

 

保育園に通う4歳の娘が、YouTubeが本当に大好きでして…

というかもう完全に依存性とか中毒とかそんな危険な状態になってます。

 

最初は「目が悪くなるから」とちょっとだけタブレットで見せたりしていたくらいで

子供がユーチューブを使いすぎるということはなかったのですが、

 

youtubeを見ていると手のかかる娘がとても静かなんです。

だから、ついつい子育てをスマホに頼ってしまうことが多くなりました。

 

これじゃダメ親だ…orz

 

 

…とは頭で思っていても、

 

正直言って娘がyoutubeを見ている間に

家事をしたり仕事をしたりするとめちゃくちゃ楽で。

 

でも、気が付けば娘はほぼ1日中youtubeを見ているし、

わたしは1日中家事か仕事をしているし…

 

これじゃあ同じ家の中にいても、

一緒にいる時間を共有できてないよな…と思いました。

 

「このままじゃダメだ!!!」

 

そこで、娘がyoutubeを見すぎる問題を解決するべく、

真剣に向き合って考えてみることにしました。

スポンサードリンク

子供がyoutubeを見すぎ…依存性?中毒?

ということで、youtubeを見続ける娘を見て

「このままじゃヤバイ!」と思った私は、

娘と「時間を決めてyoutubeを見る」ということにしたんです。

 

この時はまだ「完全にやめさせる」ということはせずに、

むしろ娘と一緒にyoutubeの動画を見て「娘が楽しいと思うポイント」を

探ろうとしたり、キャラの名前や歌を覚えたりして

 

一緒に楽しめるように…

という気持ちでyoutubeを使っていました。

 

でも、当時の娘はまだ3歳。

 

「時計の針が上まで行ったらyoutubeおわろうね」

といっても時間が読めないので、約束の時間になっても

 

「まだ(時計の針が)下まで行ってない!」

 

の一点張り。

 

優しく話しても全然やめてくれないし、きつく言えば泣いてしまうので、

「もっと楽しいことがあるよ!」

というスタンスで興味を引いてみることに。

 

しかし…

 

  • 「お母さんと遊んでくれない?お願い~!」
    と誘っても首を横に振るばかり(返事もしないorz)

 

  • 「一緒におかし作ろうか!○○(子供の名前)は上手だから手伝ってほしいな~」
    と誘っても、
    「お母さんが作って」の回答。

 

  • 「お母さん、○○と一緒に公園に遊びに行きたいな~。行ってくれない?」
    とお願いしても、
    「う~ん…寒いからyoutubeみてる」との回答…。

 

どうしたらいいのかわからない~~~!!!(;_;)

なんだかどんどん娘との距離が離れていくようでさみしかったです。

 

わたしの言い方も悪いのかもしれませんが、

思いつく限りのどんな言い方をしてもyoutubeをやめない娘。

 

最終的に無理やりタブレットを取り上げようとしたところ、

娘が癇癪(かんしゃく)をおこして引っ掻いてきました。

 

可愛い娘に引っかかれるのは体も心も痛いですし、

小さい子供から何かを「取り上げる」というのは辛いです。

 

でも、そんな風にしてしまったのは親のわたしの責任。

 

また、最初は親が自分でyoutubeを渡して子供に見せたくせに、

タブレットを無理やり取り上げるのもすごくかわいそうな気がします。

 

でも、わたしの娘…

これ完全にYoutube依存性になってない???

 

こんなふうに、軽い声かけから始まって、娘と話し合い、

和解できず最後は泣かせてしまう…なんてことが続いてしまいました。

子供がyoutubeを見すぎるのでタブレットを隠してみた結果

そして、

最終的に強行手段の「タブレットを隠す」という対策を試してみました。

 

私の携帯にもロックをかけて、

娘が勝手にyoutubeを見られないようにしました。

 

すると、最初はめちゃめちゃ凹んでいた娘ですが、

数ヵ月後の今はタブレットがなくなったことにもだいぶ慣れてきていて、

保育園から帰ってきてわたしや夫と遊んでくれるのを楽しみにしてくれています。

 

娘がyoutubeを見ないようになってからは、

 

  • 一緒にお菓子やお料理を作ったり、
  • 一緒に狭い家の中を走り回って遊んだりかくれんぼしたり
  • 一緒にお絵描きをしたり本を読んだり
  • 一緒に手作りアクセサリーを作ったり…

 

あぁ…これこそ子育て中って感じだよな…

と実感することができ、

ちょっと荒療治だったけど、あの時タブレットを隠してよかったと思いました。

 

 

が!!

 

そのタブレットって、

もともとわたしが仕事をしたくて買ったものだったんですね。

 

なので、

日中はわたしがまたお仕事で使おうかな~と思っていたのですが、

昨日うっかりそのタブレットを置きっぱなしにしたまま娘が家に帰ってきました…。

 

すると

 

「あ~!!これ○○(子供の名前)のけーたいだぁ!(タブレットを抱きしめる)」

「なんで○○のけーたいあるのっ?(タブレットをぎゅっと抱きしめてめっちゃ笑顔)」

 

と、当然娘は大喜び。

 

そんな娘の顔を見ながら

「あぁ…満面の笑みって、こういう事を言うんだなぁ…」

と思いましたorz

 

とりあえずしょうがないので昨日はそのままyoutubeを見せてあげました。

 

  • ちゃんとご飯を食べて、
  • ちゃんと一人でお着替えして、
  • 「やめてね」といったらすぐ辞めようね…

 

という約束をして…。

 

でも、なんだかんだ私のほうが、晩ご飯の支度~後片付け、

私に届いた急な不正ログインメール(ツイッターやフェイスブック)の対応…

(これ、最近よく届くのですがなんか情報漏れてる…?)

 

など、夜寝るまでバタバタしていたので、

子供が寝るまでほぼ夫にお願いする形になってしまい、

やっぱり2時間くらいは娘にyoutubeを見せてしまっていることになりました…。

 

昨日の娘の様子をみていても、

最終的にはちゃんとやめられたのでよかったですが

「youtubeをやめるのをちょっと嫌がった」のが気がかりです。

 

これが習慣化してしまうと、また元のyoutube中毒に戻ってしまいそう…。

 

でも、娘があんなに喜ぶなら「適度な時間」限定で、

好きなことをさせてあげたい気もします。

 

…そういえば、子供にスマホを見せてもいい

「適度な時間」ってどのくらいなんだろう?

子供がスマホを見る時間 適切なのはどのくらい?

ということで、いろいろ検索して調べてみたところ、

スマホを子供に見せる適切な時間の範囲は1時間と言われているようです。

 

でも、

今の我が家の4歳児にとってはyoutubeを見ている1時間なんてあっという間。

昨日も1時間は余裕で超えてしまっています…。

スマホを長時間使う子供の視力低下が心配【グラフ】

現在子供の視力の現状はどんな感じなのかな…と思って、

文部科学省の「視力が1.0未満の割合」についての統計を見てみました。

 

子供 視力

参考:学校保健統計調査-平成29年度(確定値)の結果の概要

 

去年平成29年度で視力1.0未満の子供の割合は、

幼稚園で24.48%、小学校で32.46%、中学校で56.33%、高校で62.30%

となっています。

 

グラフを見ると、

「去年までの6年間でそんなに変わりないんじゃない?」

と思うかもしれません。

 

むしろ、高校生に至っては過去6年間で去年29年が1番少なくなっています。

 

でも…中学生・高校生の約半数以上が、

視力1.0未満ってことは…めっちゃ視力が低下しているように思います。

 

というのも、30年前の視力1.0未満の子供の割合

幼稚園で23.11%、小学校で19.54%、中学校で38.42%、高校で53.42%

となっています。

 

今と昔で視力が1.0未満の子供の割合を比べてみるとこうなります。

子供 視力

 

 

30年前といえば、今の子供の親世代がちょうど子供だった頃。

自分が子供だった時代と比べて、これだけ視力が低下している子が多いんです。

 

そして、我が家もスマホによって、

娘の視力が低下する可能性が高いので危険を感じています。

やっぱり、なんとかして娘がyoubueを見る時間を減らさなくては…。

 

さらに、わたしがこんなにyoutubeを見すぎることに抵抗があるのは、

 

  • 親子で触れ合って遊ぶ時間が欲しい
  • 目が悪くなるのが心配
  • 小さいうちにいろんなことを体験してほしい

 

というのももちろんあるのですが、

ちょっと前にニュースになった「エルサゲート」が怖い…

というのもあります。

子供にyoutubeのエルサゲートを見せない方法は?

ということで、

私が「怖い…」と危機感を持った「エルサゲート」っていうのは、

一見子供向けコンテンツのような動画だけどグロとか暴力、またわいせつ行為を連想させる表現とかがある動画

だそうで、ちょっと前もワイドショーに取り上げられていました。

 

 

で、そのワイドショーで出ていたエルサゲートの動画をぼーっと見ていたら…

 

 

これって…

 

もしかして…

 

前に娘が見ていた動画じゃん!!!!(((゜Д゜;)))

これってエルサゲートだったの!?

 

 

 

知らなかった…。

スポンサードリンク

知らずにエルサゲートの動画を子供が見ていたのはショックです…orz

 

エルサゲートは子供がトラウマになるような動画もあるそうで、

youtube側の対策として

何百件ものアカウントを無効化、15万本以上の動画を削除したそうですが

 

こういうのって、

審査の目をすり抜けてまた同じことが繰り返されるものだと思うので

親側で不適切動画の対策をしないと意味がない気がしますよね。

子供にyoutubeを見せるときの閲覧制限について

でも、そんな風にエルサゲートのような動画を親が恐れて

 

「これは見ちゃだめ!」

「これはいいよ!」

 

とずっと動画の審査&監視をするのも大変です。

 

ちょっと調べてみたところ、youtubeで閲覧制限をするには、

「制限付きモード」をオフにする方法があるそうです。

youtubeの閲覧制限の1番簡単なやり方は?

youtubeの閲覧制限ってなんか難しそうで、

今まで詳しく調べたことがなかったんですが…

これが結構簡単で!

 

もし、お子さんがyoutubeを大好きならばやっておいたほうがいいです。

 

ということで、youtubeの閲覧制限ができる、

「制限付きモード」をONにする方法をご紹介しますね。

パソコンでyoutubeの閲覧制限をする方法

パソコンの場合は左側か、右上の「アカウント」から

「設定」を開いたあと、

 

youtubeページの一番下あたりにある、

「制限付きモード:オフ」となっているところをオンにします。

スマホ(androidやiphone)でyoutubeの閲覧制限をする方法

スマホの場合は右上の

「アカウント」→「設定」→「全般」→「制限付きモード」

で、制限付きモードをONにすればOKです。

公式アプリでyoutubeの閲覧制限をする方法

また、youtubeには現在

「フィルターを通して子供向け動画のみ配信する」という

「You Tube Kids」というアプリがあるそうで、早速試してみました!

You Tube KidsのDLはこちら

 

YouTubeKidsは、

androidやiphoneなどのスマホやタブレットでしか見られないようですが、

(WindowsやMacなどのパソコンやガラケーは不可っぽい)

 

アプリなら導入が簡単だし、これなら少しは安心です。

 

しかも、

YouTubeKidsを起動すると、普通版のYouTubeにはない演出があり、

操作していても子供が楽しいみたいです^^

 

YouTubeKidsは時間制限も簡単にできるのでおすすめです。

youtubeで時間制限をスマホで設定する方法は?

次に、

「時間が来たらタイマーでyoutubeが終わるようにしたい」

という場合の設定方法を調べてみました。

 

わたしのように、

「自分で子供へ伝えるとかならず最後は泣かせてしまう…」

ということにならないように、

 

動画の方から「今日は終りね」と言ってもらえると

子供も「あ~…もっと見たかったな~…」と言いながらも、

慣れてくれば時間が終わればyoutubeをやめる…というのがわかると思います。

youtubeアプリの時間制限をiphoneで設定する方法

で、youtubeで時間制限をつける方法

iphoneなら「アクセスガイド」でできるみたいです。

 

→「設定」

→「アクセシビリティ」

→学習サポートの「アクセスガイド」をON

→パスコードを設定(任意)→「時間制限」

→youtubeアプリに戻ってHOMEボタンを3回連続で押す

→アクセスガイドが起動

→「オプション」

→「時間制限」

 

※アクセスガイドを解除したい時は、

HOMEボタンを3回タップすると解除することができます。

(パスワードを設定した場合はパスワードが必要です)

 

もし「面倒だな…」と思った方は、こちらの方法がおすすめです。

youtubeアプリの時間制限をiphoneで設定する方法

androidの場合は、iphoneのようなアクセスガイドはないので、

「使いすぎストップ」など、アプリの時間制限をしてくれるアプリを使う必要があります。

 

「新しくアプリを入れるのはな…」と思った方は、

こちらの方法がおすすめです。↓

youtubeで時間制限を簡単に設定できる方法

iphoneのアクセスガイドは面倒、

androidで新しくアプリを入れるのは嫌だな…という場合は、

 

youtubeアプリ自体を、先程もご紹介した

「YouTubeKids」というアプリに差し替えるのがおすすめです。

 

youtubekidsはユーチューブの公式アプリなので安心して使えるし、

閲覧制限も時間制限を設定するのも簡単です。

(というか閲覧制限はデフォルトでできているのでありがたいです)

 

YouTubeKidsをダウンロード&インストールしたら、

「鍵のアイコン」→「パスコードを入力」

「タイマー」→「制限時間の設定」→「タイマーを開始」

で、制限時間を過ぎると動画の視聴ができなくなります。

 

使い方はかなりシンプルなので、画面を見ればサクサクできます。

 

しかも、時間を過ぎた場合の画面は、可愛いイラスト背景の上に

 

「時間だよ、またね!」

 

という画面が表示されるので、子供に説明しやすい!

 

現在普通のYouTubeアプリを使っているのであれば、

YouTubeKidsを活用することで、だいぶ安心感が増すと思います。

子供に不適切な動画コンテンツを見せない方法を見つけた!

ただ…

やっぱり、youtubeには素敵な動画がたくさんありますが、

先程取り上げた「エルサゲート」のような動画が紛れる可能性もあります。

 

わたしがYouTubeKidsを試してみて思ったのは、

 

 

それは運営側がちゃんと対策してくれたとしても、

いたちごっこになってしまうのでは…という心配が消えません。

 

そこで、わたしがyoutube漬けの娘にとった対策としては、

月額933円(税抜)で映画、国内外のドラマなど50,000本が見放題のサービスを使ってみることに。

 

これ、ネットに接続して見る形になるのですが、

自宅にWi-Fiがあった我が家では快適に使えました!!

 

スマホで見るならデータ通信になるし、

ネット環境がないと見れないんですが…ぜひ試してみてください!

 

…というのも、

このサービスは2週間無料でお試しできるので気軽だし、

私や夫が見たいドラマや映画もあったので、一家で楽しめるなら安いなぁと。

 

思い立ったが吉日!!ということで、

わたしは早速申し込んでみたのですが、

 

もう…

すぐにスマホやテレビでアニメやドラマの動画が見られるんです!!

 

テレビに映し出されるからわたしも家事をしながら子供と一緒に見れました!

契約にかかる待機時間とかも全然ないのでストレスフリーw

 

わたしは携帯のキャリア決済(私はauかんたん決済)を指定しましたが、

支払い方はクレジットカードとかコンビニで買えるHuluチケットとかでもできます。

 

ちなみに、決済するときに「初回価格」に1007円(税込)と出てきたので

「え??これ無料のお試しじゃないの?」と焦りましたが、

そのまま決済しても2週間以内に退会すればちゃんと無料で使えるみたいです。

 

登録についてはまた次の機会に詳しくレポしようと思っているのですが、

月額933円(税抜)で映画、国内外のドラマなど50,000本が見放題のサービスでは、

ログイン時に「kids」のページを選ぶと、簡単に子供向け動画が見られます。

Hulu 子供

 

わたし、このあいだ借りてきたDVDを延滞してしまって延滞料を取られたのですが

(新しいプリキュアの新作DVDだったので、それだけ返却日が早かった…)

家で見放題のサービスだったら返却日に追われる心配もありません。

 

番組本数としてはyoutubeに比べたら少ないかもしれませんが、

おかあさんといっしょやいないいないばぁ、アンパンマンやしまじろうなど

ちゃんとプロが作った子供向け番組が充実しているので安心して見せられます。

(しかも、わたしが個人的に大好きなめぞん一刻とかもみれますw)

子供がyoutubeを見すぎ!閲覧制限や時間制限対策をやってみたまとめ

ということで、我が家の場合は

 

  • 「どうしても子供がyoutubeを見たいというとき」
    →YouTubeKidsで閲覧制限&時間制限

 

  • 「普段の暇つぶし」
    →動画配信サービス(親のわたしも見たい作品がたくさん!)

 

という感じでしばらくやってみようかな…と思っています。

 

ちなみに、私が今回申し込んだ動画配信サービス以外にも、

 

などがあります。

 

私の場合は、

 

  • 子供専用のログイン画面がある(子供向け番組を見せやすい)
  • 追加料金がない

 

ということでこのサービス【キッズ向け】を選びましたが、

どの動画配信サービスも無料でお試しできるので、

全部試してから、継続して使うサービスを選ぼうかな~と思っています。

 

「子供よりも親のほうが動画を楽しんじゃって、画面を見すぎてしまう」

ということがないように気をつけて利用させていただきたいと思います。

 

【今回紹介したアプリやサービスまとめ】

スポンサードリンク