スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハッカ油は子供や赤ちゃんに使える?お風呂や虫除けや咳や鼻水の場合

ハッカ油 子供 赤ちゃん

 

こんにちは!へるにあんです。

 

夏に大活躍のハッカ油。

虫除けや暑さ対策、ニオイ対策などなど、本当に万能で手放せませんよね。

 

でも、その分結構刺激のある香りがしてしまうのがハッカ油。

 

小さいお子様がいるお家では、

「赤ちゃんにハッカ油を使ってもいいのかな…?」

と心配になってしまうこともあると思います。

 

我が家にも4歳になる娘がいるのですが、その気持ちよくわかります。

特に、乳児がいるご家庭では余計に心配だと思います。

 

そこで、今日は主に子供の側で使いたくなる

  • ハッカ油お風呂
  • ハッカ油の虫除け
  • ハッカ油で咳止め

の使い方や分量について調べてまとめてみました。

 

【ハッカ油関連の話題】

スポンサーリンク

ハッカ油は子供や赤ちゃんのお風呂に使ってもいいの?

まず、ハッカ油お風呂についてです。

 

 

「市販の入浴剤は使いたくない…でも夏だからさっぱりさせてあげたい。」

「じゃあ天然素材であるハッカ油ならどうだろう!」

 

って思いますよね。

 

調べてみたところ、ハッカ油の原液を赤ちゃんに触れさせるのはNGですが、

薄めたハッカ油お風呂なら赤ちゃんでも大丈夫なようです。

子供がハッカ油の臭いを嫌がらないのであれば使って大丈夫です。

 

また、万が一ハッカ油お風呂のお湯が口に入ってしまった時のことも考えて

「飲めるハッカ油」を使うことをおすすめします。

 

ただし、子供をハッカ油お風呂に入れるには注意点があります。

大人でも用量を間違えると、寒くて震えてしまうこともあるハッカ油お風呂。

 

体温調節がまだ未熟で、泣くことでしか感情を表現できない赤ちゃんを

ハッカ油お風呂に入れる場合は、ハッカ油の量に要注意です。

 

ハッカ油お風呂に入れる場合は、1~3滴くらいにするか、

お湯の量を増やすかして薄めて様子を見ながら使うことをおすすめします。

 

ちなみに、大人のハッカ油お風呂については

こちらの記事で詳しくご紹介しています。

→ハッカ油お風呂の適量は?入れすぎで寒い時や混ざらない時の対処法

 

 

また、繰り返すようですがハッカ油の「原液」は赤ちゃんにとっては刺激が強すぎます。

妊婦さん同様、ハッカ油の原液は触れさせないようにお風呂にしっかり混ぜてくださいね。

ハッカ油は子供や赤ちゃんの虫除けに使ってもいいの?

ハッカ油の虫除けは子供や赤ちゃんの虫除けにおすすめです!

子供がハッカ油の臭いを嫌がらないのであれば使って大丈夫です。

 

 

上記でお伝えしたハッカ油のお風呂同様、子供や赤ちゃんに使う場合は、

ドリンクなどにも入れて使えるハッカ油を使えば、万が一口に入っても大丈夫です。

(でも、ハッカ油の原液は触れさせないように注意です)

 

大半の市販されている虫除けスプレーは、

6ヶ月未満の赤ちゃんには使えないなどの年齢制限がありますよね。

 

というのも、市販されている虫除けは、

「ディート」や「ジエチルトルアミド」などという難しい名前の、

持続的に大量に使用し続けた場合に「毒」となる成分が含まれてます。

 

なので、ハッカ油での虫除けは母親にとってありがたい!

 

蚊だけじゃなくて、アブとか蜂とかにも効果があるそうなので、

赤ちゃんが刺される確率を減らすことができますからね。

 

でも、赤ちゃんの側でハッカ油の虫除けスプレーを使う場合は、

ハッカ油の原液では刺激が強すぎるので、濃度を少し低くすることをおすすめします。

 

通常ハッカ油虫除けスプレーをつくる場合は、

 

  • 無水エタノール…10ml
  • ハッカ油…20~60滴
  • 精製水…90ml

 

を混ぜて作ります。

 

ですが、赤ちゃんや子供のそばで使う場合は、

通常より少なめのハッカ油10滴くらいにして様子を見ることをおすすめします。

(あまり減らしても虫除け効果がないので難しいところですが)

 

作ったハッカ油虫除けスプレーは、

まずお母さんやお父さんがつけてみて、赤ちゃんが嫌がるようでなければ

もう少し赤ちゃんに近い場所につけてもいいと思います。

 

また、実際に使用するときは

赤ちゃんに直接ハッカ油スプレーを付けるのではなくて、

ベビーカーや洋服(足元の方)につけたほうが安心ですよ。

ハッカ油は子供や赤ちゃんの咳や鼻づまりに効果はある?

ハッカ油の香りを嗅ぐとスーっとするので、

風邪や花粉症で鼻水や咳が辛い時にも活躍しますよね。

 

大人の場合は、原液を胸や鼻の下にチョンっと塗っても大丈夫なんですが

子供の場合は胸に少量だけ塗りこむことを推薦している病院もあります。

 

赤ちゃんの場合は、蒸しタオルを作ってそこにハッカ油を1滴垂らせば、

蒸気でハッカ油のスーっとする香りがするので、

それをあかちゃんに嗅がせてあげるのがいいかもしれませんね。

(嫌がるようなら合わないということだと思うのでやめておきましょう)

 

ハッカ油は子供や赤ちゃんのお風呂や虫除けに使ってもいいのかのまとめ

ということで、ハッカ油の用量に気をつければ、

子供や赤ちゃんのお風呂や虫除け、咳や鼻水にも使えることがわかりました。

 

 

小さい子供に使うものは、できるだけ天然のものを使いたいですよね。

ハッカ油は原液さえ子供に触れさせなければ大丈夫ですので、

子供や赤ちゃんの虫除けや暑さ対策にも大活躍しそうですね^^

 

そのほかのハッカ油関連のお話もぜひチェックしていってくださいね!

 

【ハッカ油関連の話題】

コメント