運転席の足元・マットが水浸しになった時の対処と原因【新車2日目…】

へるにあん
このブログをやってる人 へるにあん@北国在住の30代子持ち主婦
北国の田舎で結婚して主婦歴は約5年。保育園に通う4歳(年中さん)の娘とプリキュアのダンスを踊るのが趣味です。物事をすぐ忘れてしまう性格のため、備忘録がわりに日々気になったことや役に立った情報をブログに書いています。少しでもあなたの参考になればうれしいです。


運転席 足元 水浸し

 

こんにちは!へるにあんです。

 

ここでは、車の運転席の足元が

水浸しになってしまった時のわたしの体験談とともに、

対処法や「何が原因でそうなったのか」をご紹介しています。

スポンサーリンク

運転席の足元が水浸し!マットもカーペットもベチャベチャに

約10年乗った、前の愛車がしょっちゅう故障ばかりしていたので

車検を迎えるタイミングで新しい車に乗り換えました。

 

そして、新車が納車されて2日目の朝。

 

夫が新しい車で娘を保育園に送って帰ってくると、

「運転席のマットべちゃべちゃだったよ!」

というのです。いやいやいやwそんなわけないじゃんw

 

ということでわたしも見に行ってみると…

 

「え…?これなに…?」

 

  • 足元のマットを持ち上げると、水がダラダラと落ちる(そのまま持っていると、下に大きな水たまりができるぐらい)
  • マットだけじゃなくて、マットの下のカーペットもびしょ濡れ。
  • 助手席・後部座席は濡れていない(運転席だけ)
  • 足をのせると、マットから水が「ジュワァッ」と出てくる

 

という状況。

運転席 水浸し

 

運転席のマットを外して、持ち上げてみたところ

地面に軽く水たまりができました↓

運転席 足元 水浸し

 

これ…新車2日目なんだけど……。

こんなに濡れてたらカビ生えたり腐ったりしそう…。

 

実際、車の中の湿度がすごくなるのでエアコン周りにカビが生えやすくなるのだそうです。

運転席の足元が水浸しになった時の対処法

そこで、まずはマットを持ち上げてできるだけ水を落とし、

大判のバスタオルをカーペットの部分に敷き、その上にマットを敷きました。

 

運転席 足元 水浸し

 

バスタオルが濡れるたびに3~4枚取り替えましたが、

それでもまだまだびしょびしょに濡れています。やばいなこれ…。

 

その後、車を買ったお店へ電話をしようとしてみたものの、

運が悪いことのその車屋さんは定休日…。

 

しょうがないので車のコールセンターへ電話してみたところ、

「雨漏りかもしれない」とのこと。

 

新車を買って2日目で雨漏りってどういうこと!?!?(´;ω;`)ウッ…

 

で、結局コールセンターへ電話しても

「購入したお店の営業日に行ってくれ」とのことでした。

(正直、コールセンターの評判もあまりよくないので早々に切り上げました)

 

抑えきれない怒りを抑えて、次の日購入したお店へ。

 

めちゃくちゃ謝られましたが、

担当さんが悪いわけではないし…という気持ちもあり、

とりあえず原因を調べてもらうことに。

運転席の足元が水浸しになる原因は?

車を点検に出してから6~7時間経ったころ、

原因が分かったとの電話を頂いたのですが…

 

なんと、足元が水浸しになってしまった原因は、

エンジンスターターを取り付ける段階で、配線をなんやかんやとしたときにどこかのフタを閉め忘れてしまった

とのこと。

 

え~~~~~~~~~~~~~~~~……

 

…わたしも色々失敗するから大きなことは言えないけど、

でも新車が最初から「雨漏り仕様」で渡されていた…

というのにはちょっとショックを受けました…。

 

娘も泣きながら前の車とお別れしたのに…。

愛車を手放すのが悲しい!最後にやってあげられることは?

 

今回のわたしの例は、かなりレアなケースだと思うので

他にも、車のマットが水浸しになってしまう原因をまとめておきます。

車のマットが水浸しになる原因その2

車の「助手席」のマットが水浸しになる場合、

エアコンの排水漏れや雨水の侵入が考えられるそうです。

 

車の足元が水浸しになる原因として1番多いのは、

このエアコンの排水漏れや、雨水の侵入だそうです。

 

水浸しになっている水分が、無色透明で匂いがないなら、

排水か雨水だと思っていいのではないでしょうか。

車のマットが水浸しになる原因その3

また、足回りに穴が開いて雨水が侵入してくるケースもあるそうです。

塩カルなどで錆びついている場合は、穴が開いている可能性も。

 

整備士さんだけではなく、板金屋さんのお仕事になってしまうので

修理費用は高額になってしまう可能性があります。

車のマットが水浸しになる原因その4

また、ドアの隙間から雨水が侵入してくるケースもあるようです。

経年劣化で起こる場合が多く、中古車や長年のっている車に多く見られます。

スポンサーリンク

車のマットが水浸しなのでディーラーへ持って行った結果

まあ、今回は納車してからたった2日しかたっていなかった…

ということもあり、こちらには一切非のない形で対応してもらいました。

非のない形…っていうか非はないけれどもw

 

  • 車のマットの交換
  • 車のマットの下のカーペットの交換
  • ボディコーティング
  • 代車のガソリンは入れなくてOK(代車代も無料)
  • もちろん修理費は0円

 

という形で、とりあえずOKすることにしました。

 

本当は車ごと新しいものに変えてほしいけど…

さすがにそこまでは言えないし^^;

 

ちなみに、対応してくれたのは車を買ったディーラーさんだけど、

このミス(ふたをしわすれた)をしたのは「本社」らしいので

できればそっちに文句を言いたかったなぁ…。

(本社って言っておけばいいという作戦かもだけど…)

 

車を買ったディーラーさんでは、

精一杯対応していただいたので…あとは車が戻ってくるのを待つのみ。

 

実は、夫が車を買った時も不備だらけだったところなので

まだ不安が残ってしまっています…^^;

 

今度はどこも不具合がないまま無事に過ごせますように…。

 

関連記事

コメント

へるにあん
このブログをやってる人 へるにあん@北国在住の30代子持ち主婦
北国の田舎で結婚して主婦歴は約5年。保育園に通う4歳(年中さん)の娘とプリキュアのダンスを踊るのが趣味です。物事をすぐ忘れてしまう性格のため、備忘録がわりに日々気になったことや役に立った情報をブログに書いています。少しでもあなたの参考になればうれしいです。

■この記事の関連記事はこちら(一部広告を含みます)

■素敵な主婦の方々の日常ブログはこちら↓