敏感肌のスキンケア方法は?ドラッグストアや皮膚科ってどうなの?

スポンサーリンク

↓この記事は自動翻訳できます♪

敏感肌 スキンケア

こんにちは!へるにあんです。

 

敏感肌って、お肌のお手入れすごく大変ですよね。

 

  • 肌への刺激が弱いものは使っても大丈夫だけど、その分効果がない…
  • しっかり保湿できるものは刺激が強すぎて痒くなるから使えない…

 

「じゃあどうすればいいのー!?

もうなーんにもお手入れしないけど、それでもいいのー!?」

 

と、自分の肌に軽くキレそうになります。

 

そこで、今日は敏感肌のスキンケア方法を

あれこれ調べてまとめてみました~!

スポンサーリンク

敏感肌のスキンケア方法ってどうしてる?

きめ細かな綺麗なお肌を作るためには、

「水分」と「油分」が重要だということは、きっとあなたもご存じかと思います。

 

そのお肌の水分と油分の層のことを「ラメラ構造」というのですが、

私のような敏感肌の場合は、その構造が崩れてしまい、

お肌がデリケートになってしまっているのだそうです。

 

だから、乾燥していて肌が赤くなったり痒くなったりするんですね…(´;ω;`)

 

敏感肌を改善する方法としては、

日頃の睡眠不足やストレス、食生活などももちろん大切ですが

やっぱり頼りたくなるのはスキンケア用品ですよね。

 

でも、いろんなスキンケア用品を何本も使っていたりすると、

私の敏感肌は過剰なお手入れに耐え切れず、負けてしまいます…。

 

たとえば、わたしはよくドラッグストアで買った

そこそこの値段の化粧水や乳液を自分で選んで使っていました。

敏感肌のスキンケア用品をドラッグストアで買っていた私の失敗

ドラッグストアのポップって可愛いですよね。

あの、手書きで商品の効能や感想が書いてあるアレです。

 

だから、成分とかもよく見ずに、「敏感肌におすすめ」と書いてあれば

おもわず

 

「おっ!これいいかもっ!?」

→お買い上げ

 

という感じで手に入れたスキンケア用品を使っていました。

多分、あなたも化粧品売り場でこんな感じで選んだことがあるのではないでしょうか。

 

でも、@コスメなどの口コミを見てみると、実際はそんなに評判がよくなかったり、

評判はいいけど、自分には合わなかったり…

 

で、何が悪かったのかな~と詳しく調べてみると、その化粧品の成分には

敏感肌用なのに「界面活性剤」が含まれていることもあるんですよ。

(水と油を混ぜるためには界面活性剤が必要だったのだとか…)

 

といっても、化粧水に界面活性剤が入っているのは普通のことですし、

界面活性剤が入っていない化粧水のほうが少ないような気がします。

 

でも、ドラッグストアに置いてある膨大な種類の商品の中から、

少ない情報で自分にあったスキンケアアイテムを見つけるのはわたしには難しいな…

と思い、ドラッグストアで自分にあった商品を見つけるのは諦めました。

敏感肌のスキンケアは皮膚科へ行くしかない!?

お肌のことは皮膚科に聞くのが1番!ということで、

実際に皮膚科へ言って肌あれを改善した友達の話を少ししますね。

 

皮膚科では、

  • 問診表(アレルギーやタバコを吸っているか、ストレスがあるかなど)
  • 肌のチェック
  • いつも使っているスキンケア用品をチェック
  • その後、自分の症状に合った薬が処方される

という感じで進むようです。

 

皮膚科のヒルドイドローションなどの保湿剤は、

やっぱり市販されているスキンケア用品よりもいいようですが、

わざわざ病院へ行くのがちょっと手間ですよね…^^;

 

子育て+お仕事をしていると、なかなか自分の時間が取れないし、

「病院の待ち時間があれば、買い物を済ませて晩ご飯の下ごしらえもできる…。」

そう考えると、なかなか病院に足が向かないんです。

敏感肌のわたしが化粧水と乳液と美容液を使い分けるのを辞めた理由

で…結局、わたしはいろんな化粧水や乳液を使うのをやめてみました。

基礎化粧品って、すっごくいっぱいありますよね。

 

化粧水とか乳液とか…もう、自分に合う化粧水を1つ探すだけでも大変なのに、

乳液や美容液まで自分に合うものを探すとなると大変です。お金もかかるし^^;

 

仮に、同じメーカーのものでスキンケア用品を一式揃えたとしても

化粧水は合うけど乳液は…とか、乳液は合うけど化粧水は…とか、

なかなか全ての基礎化粧品が自分に合うメーカーってないですよね。

 

だからといって、いろんなメーカーのスキンケアをあれこれ混ぜて使うのも不安。

でも、ドラッグストアのオールインワン化粧品は、わたしにはあいませんでした^^;

 

なので1本でスキンケアできるものが他にあればいいなーと思っていたところ、

やっと化粧水や乳液や美容液などの過剰なお手入れから抜け出せるきっかけになった、

LEVIGAモイスチュアセラム」という美容液を発見したんです!

 

最初に「肌の水分・油分・水分・油分…の層(ラメラ構造)」があるとお話しましたが、

レヴィーガモイスチュアセラムは、界面活性剤を使うことなく、

世界で初めてお米と乳酸菌の発酵によって、酸素をお肌に届け、

肌の水分・油分・水分・油分…の層を、そのまま再現して補給してくれる美容液なのだとか!

 

せっかくなので、レヴィーガモイスチュアセラムについての記事もご紹介しますね。

 

>>敏感肌なわたしのレヴィーガモイスチュアセラムのレビューはこちら↓

スポンサーリンク
レヴィーガモイスチュアセラムで世界初の敏感肌ケアを体験した感想!
ドラッグストアなどの基礎化粧品をあれこれ試してみても、いまいち満足しなかった敏感肌の私が、レヴィーガモイスチュアセラムを実際に使ってみました。世界一安く買えるお得な割引情報もご紹介します。

もしかしたらあなたも、このレヴィーガモイスチュアセラムが

今の過剰なお手入れから抜け出して笑顔がさらに素敵になるきっかけになるかも…!

敏感肌のスキンケア方法 ドラッグストアや皮膚科についてのまとめ

ということで、敏感肌のスキンケアは

  • 「やりすぎはよくない」
  • 「質がいいものを適量つける」

というのがいいみたいだな~と感じました。

 

今お肌が荒れているということは、

今使っている化粧品のどれかが合っていないのかもしれません。

 

なので、どの化粧品があっていないのか、

使う本数を少なくしながら原因を突き止めるのがいいかもしれませんね。

 

わたしはそれが面倒だったので

1本でお手入れOKな美容液を使い始めましたが…

 

これからお肌もどんどん乾燥する季節がやってくるので、

今の方法でこのままうまくいくといいなぁとわくわくしています♪

 

乾燥してうまくファンデーションが乗らない方はこちらもチェック!↓

ファンデーションで粉吹きする原因と防止策&化粧直しでの対処法
ファンデーションがうまくのらない・粉を吹く・すぐ崩れる…と悩んでいた30代アラサーのわたし。粉ふき肌の原因や防止・改善策、しっとりツヤツヤに仕上げる化粧直しでの対処法について調べてまとめてみました♪

コメント