チョコレートは何歳から?

 

もうすぐバレンタインですね!

我が家では、夫が職場でもらってくるチョコレートを、
結婚前からわたしがもらって食べていました(笑)

 

でも、娘も2歳になり、わたしが食べているものには
すごく興味を示して自分も食べたがるので、
チョコレートの害について調べて見ました!

スポンサードリンク

チョコレートは何歳から食べられるの?

 

チョコレートは嗜好品なので、
成長に必要な栄養があるというわけではなく、
子供が食べたがらなければ与える必要はないみたいです。

 

ペロッとなめるのは1歳前後くらいから大丈夫みたい。

 

おやつとして与える場合は、

「離乳食をしっかり食べるようになってから」

がいいようです。

 

1~2歳のおやつは食事で不足する栄養を
カバーする意味があるのですが、おやつに必要なカロリーは
100~200キロカロリーくらい。

チョコレートだと4~5かけらくらいみたいです。
結構多い!!!こんなにあげたことはまだないです。

 

赤ちゃんや幼児にチョコレートをいつから食べさせているかを調べてみた

それでは、ほかのママたちは、
いつからチョコレートをたべさせているのでしょうか。

 

ネットで調べて見たところ、
1歳派と3歳派が多いみたいです。

 

●チョコレートは1歳から派の意見

  • 離乳食が完了したらOK
  • 食べる楽しみも知ってもらいたい
  • 子供が食べたがるから
  • おばあちゃん・おじいちゃんがあげるから

 

●チョコレートは3歳から派の意見

  • 虫歯が心配だから
  • 歯科衛生士に言われたから
  • 中毒になるときいたから
  • 味覚が完成されるころだから

 

ということでした。

スポンサードリンク

3歳以降でも与えていない人もいましたよ!
友達の家に遊びに行ったときに頂いているみたいという方もいました。

 

チョコレートの害や悪影響について調べてみた

なんとな~く「チョコは子供にあまりよくないもの」
というイメージがありますが、どんな影響があるのか調べて見ました!

 

●チョコレートの子供への影響

  • 虫歯になる
  • 肥満になる
  • 依存性が高くて1個で止まらない
  • アレルギーが出やすくなる
  • 低血糖症になる

 

この、低血糖症というのがよくわからなかったんですが、
甘いお菓子を沢山食べている子供は、落ち着きがなくなるらしいです。
キレやすくて乱暴で忍耐力がない子供になるとのこと。

 

うちの娘が暴力的なのは、
ひとかけらのチョコレートのせい…!?

 

…とまでは行かないと思いたいですが、
必要の無いおやつは3歳まではあまりあげなくてもいいかなーと
思い直しました。もっと自然派のおやつを用意したいです。

 

2歳の娘とチョコレートの関係を考える

うちの娘が初めてチョコレートを食べたのは、
本当に最近で、1歳8ヶ月の時でした。

 

娘と2人でスーパーへ買い物にいったんですが、
アンパンマンのチョコを見つけて持ってきて、
ダメっていって売り場に戻したら、
この世の終わりみたいに号泣…。

 

全然買い物にならないし、周囲の白い目もあるし、
チョコの値段も1つ80円くらい。

 

しょうがないので買い与えて持たせていたんですが、
静かだと思っていたらいつのまにか自分で開封してしまい、
口のまわりをチョコでべとべとにして

 

「おいし~♪おいしいねっ!」

 

と満面の笑みで言うので、よくないとは思いながらも
それから機会があれば、ひとかけらふたかけらを
あげたりもしていました。

 

「3歳派」や「あげない派」の家から見れば、

「1~2歳でチョコレートなんて!!」

とびっくりされちゃいますね(>_<)

 

もう少し時間と手間をかけて
体にいいおやつを娘にあげたいなーと考え直しました。

 

なので、今年のバレンタインは、
夫がチョコレートをもらってきたら、
夜中にこっそり夫婦で食べたいと思います♪(笑)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます