マヌカハニー

 

こんにちは!へるにあんです!

最近話題のマヌカハニー。
このブログでも、何度か紹介してきたマヌカハニー。

そろそろインフルエンザの流行時期になりますし、
マヌカハニーの効果にあやかりたいところであります(*´∀`*)

 

でも、実際に試してみるために「いざ買おう!」と思ったら、
どれがいいマヌカハニーなのか、どれを買ったらいいのかさっぱりで、

「マヌカハニーの選び方や違いがわからない…」

と、途方に暮れてしまう可能性が高いです。

 

しかも、マヌカハニーは価格が高価なものですので、
できれば失敗したくありませんよね。

そこで、喉が痛い時や、毎日食べて免疫力UPのために使いたい!
という時など、どんな場面でどのマヌカハニーを選んだらいいのか、
一覧にしたらわかりやすいのでは…と思い、まとめてみることにしました!

また、マヌカハニーに説明書きされているUMFやMGOの数値はどう違うのか…
など、自分にあったマヌカハニーを購入できる指標になればと思います。

スポンサードリンク

マヌカハニーのUMFとMGOの違いは?

それでは、マヌカハニーのUMFとMGOなどの違いについてお話していきます。
まずは、UMFとはなんなのか。

マヌカハニーのUMFとは何?

UMF(ユニークマヌカファクター)は、
マヌカハニーを、フェノール消毒液と比較した時の基準となり、
マヌカハニーに含まれる抗菌作用の濃度を表しています。

 

ちなみに、この「フェノール消毒液」がなんなのかということなんですが、
フェノール消毒液は病院で使われている消毒液です。

病院で一般的に使われているフェノール消毒液は、濃度5%以下。

そして、マヌカハニーの「UMF15+」というのは、
フェノール消毒液の濃度15%のものと同じ…という意味になります。すごい!

主に販売されているマヌカハニーのUMF数値には、

  • 5+
  • 10+
  • 15+
  • 20+
  • 25+

などがあります。

 

グレードとしては5UMF~26UMFまでの数値で評価されています。(2016/10/14)

レプトスペリン (leptosperin)
メチルグリオキサール (methylglyoxal、MG)
ヒドロキシメチルフルフラール (hydroxymethylfurfural, HMF)

という成分により、各数値でマヌカハニーの評価が決まっています。
数値が高くなるほど抗菌性が高くなります。

 

UMFのランクを決める、マヌカハニーの殺菌効果ですが、
UMFと書かれているマヌカハニーの測定法は、
なんと誤差が±25~±40%あるそうです。±40%って結構違います。

それってどうなんだろう…と思っていたら、
MGOというランク付けもあるということを知りました!

マヌカハニーのMGOについて

そこで、もっと正確なマヌカハニーの数値とされているのがMGOです。

マヌカハニーの抗菌作用の主要成分である、
「メチルグリオキサール」が、1kgのマヌカハニーに何mg含まれるか、
ということを基準にした数値がMGOです。

 

MGO表示はマヌカヘルス・ニュージーランド社が独占しているもので、
マヌカヘルス社以外の企業が使用することはできないそうです。

で、どちらが正確なのか…ということですが、UMFは少しアバウトで、
MGOの方が「○○mg入っている」という基準もあるため、
MGO表記のマヌカハニーの方が正確です。

 

MGOは世界で唯一マヌカヘルス社の商標登録となっているのですが、
マヌカヘルス社は、もともとは「UMFを使っているマヌカハニー協会」
に加盟していたそうなんです。

ところがUMFの不正確さに疑問を抱き、
現在はドイツのドレスデン大学が標準化した測定方法を使って、
MGOの数値でマヌカハニーのランク付けをしているらしいと噂があります。

マヌカハニーのMGSって何?UMF・MGOとの違いは?

しかし、2015年に新しいマヌカハニーの評価「MGS」が加わったんです!

UMF、MGOの他にも、TA、NPA、Certified、TPA、アクティブ、バイオアクティブ、
MG、PA、GOLD…など、沢山のマヌカハニーのランクが使われていましたが、
2015年1月1日に、ニュージーランドの政府が3つの評価に限定しました。

現在はMGS、UMF、MGOの3つの活性度標準(評価)が使われています。

 

そこで気になる、新たな「MGS」という評価。
これは、UMFとMGO両方の数値を表示することができるんです。

1982年頃にニュージーランドでUMFを発見したピーター・モラン博士が、
2009年に開発した活性度標準です。MGSの認定をされたマヌカハニーは、
医療の国際規格モラン博士認定マヌカハニーに指定されます。

MGSは、UMF・MGOのどちらの数値も表示されているので、
今一番わかりやすく、正確なマヌカハニーの数値の表示方法なのかなと思います。

マヌカハニーの数値による効果の目安一覧表

マヌカハニーの数値は、表示の仕方によって異なります。
正確な表がなかったので、いろんなところを回って表にしてみました。
とにかく、体調の改善を目的とするのであれば、

UMF20+   MGO400+    MGS12+を目安にするとよさそうです。

マヌカハニーの効果についてはこちらをどうぞです。

スポンサードリンク

 

UMF MGO MGS 用途の目安
UMF
5+
MGO
30+
普通の食品としてお料理の隠し味などに
UMF
10+
MGO
100+
風邪予防など毎日の健康維持のために
MGO
200+
MGS
8+
UMF
15+
(16+)
MGO
250+
消化不良などの体調不良に
UMF
20+
MGO
400+
MGS
12+
喉の痛みや体調が悪い時におすすめ
ここから下がマヌカハニーの
本領発揮
です!
UMF
25+
MGO
550+
最高レベルの抗菌活性、
医療用としても使える
MGO
600+
MGS
16+
体調に不安を感じたときに使えます
UMF
27+
MGO
720+
MGO
800+
MGS
20+
高い健康活性力をもつマヌカハニー。
UMF
31+
MGO
860+
UMF
33+
MGO
900+
UMF
39+
MGO
1100+

マヌカハニーはどれがいいのか選び方をチェック!

マヌカハニーは、日々の健康のために毎日食べたい!とか、
「ちょっと風邪をひいて喉が痛いからマヌカハニーを試したい…」とか
自分の欲しい効果によって選ぶのが1番ですが、

実はマヌカハニーの偽物が多く流通しているそうなんです。
なので、数値だけに惑わされて偽物を買ってしまったら
もしかしたら中身は普通のはちみつ…なんてこともあるかもしれません。

なので、マヌカハニーの偽物の見分け方とおすすめメーカー
記事にしてまとめましたので、こちらも是非参照してみてください。

マヌカハニーはどれがいいのかの選び方やUMFとMGOの違い 数値別の効果まとめ

ということで、マヌカハニーの基準には、
UMFとMGOの他にも、MGSという表示が新たに設定されていることがわかりました。

また、一般的にマヌカハニーの効果と言われている、

 

風邪の予防や健康維持…など、予防のために飲むのであれば

UMF5+ MGO30+ UMF10+    MGO100+   MGO200+    MGS8+

のマヌカハニーでもOKですが、

 

体調不良を改善させるなどの健康効果を期待するのであれば、それ以上のグレードの

マヌカハニーを選んだほうがいいなと思いました。

1度でいいから最高ランクのマヌカハニーを食べてみたいものですね^^

 

マヌカハニーを購入するときは、偽物にも注意ですよ~!

 

スポンサードリンク

↓マヌカハニーの関連記事はこちらです

 

マヌカハニーの偽物の見分け方!本物のおすすめのメーカーはコレ!

マヌカハニーは子供の風邪やインフルエンザに効く?何歳から?摂取量は?

マヌカハニーで風邪予防!効果的な食べ方や副作用まとめ

マヌカハニーの効果で美肌に!?アトピーにも効くの?使い方まとめ

マヌカハニー効果で喉の痛みから開放!?食べ方や選び方もチェック♪