台風 窓ガラス 対策

 

こんにちは!へるにあんです。

そろそろ台風の季節がやってきますね。

 

我が家はアパートに住んでいるので、

大きい台風がきてしまったらひとたまりもありません…。

 

部屋が2つしかないので、逃げる場所もなく、

小さい子供がいるので、台風の風で窓ガラスが割れたら大変です。

 

しかも、窓際にベッドがあるのでめっちゃ危険。

(ちなみに1番窓側はわたしですw)

 

そこで、今日は窓ガラスの補強方法を調べて、

万が一台風などの強風でガラスが割れてしまっても、

ガラスの破片が飛び散るのを防止して、

家族の安全を守るための方法をいろいろ調べてみました!

スポンサードリンク

台風対策に家にあるもので今すぐ窓ガラスを補強する方法!

まずは、

 

「今台風が来てるけど…もうお店は閉まってるし台風対策グッズを買いに行けない!」

 

という時に、家にあるもので緊急対策する方法をご紹介します。

 

台風対策に緊急で窓ガラス補強に使えるものは、「ガムテープ」です!!

 

もうすでに台風で雨風が強くなってしまった場合でも、

室内からガムテープを貼るくらいならできますよね!

 

ガムテープならどの家庭にも1つはありそうだし、

コンビニでも売っているし、最悪隣の家から借りてもいいかもです。

とにかくかなり手に入りやすい台風対策グッズだと思います。

 

もし養生テープがあれば、窓からはがす時に楽なのでおすすめです。

こんなかんじのテープで、ホームセンターなどに売ってます。

 

 

ガムテープの張り方としては、米印になるように貼るのがいいようです。

わかりにくいかもしれないので、図で表してみました。

台風 窓ガラス 対策

 

 

もし、ガムテープがまだたくさんあるようでしたら、

こんな感じでさらに補強するといいかもしれませんね!

(ガムテープの跡が残ってしまいそうな場合はこちらを参考にしてください)

 

 

窓が何個もある場合は結構重労働になってしまうかもですが、

できることをやらずに、万が一台風で窓ガラスが割れてしまったら、

怪我の危険もありますし、ガラスの破片掃除もかなり重労働です…。

 

なので、わたしも台風が来たら、ガムテープで窓が割れた場合に備えて、

家族の安全を守れるようにしておきたいと思います!

 

 

さらに、台風が来た時にカーテンを閉めておけば、

外からなにかが飛んできてしまった場合や、

窓ガラスが割れてしまった場合でも、

 

カーテンを閉めておけば、風で巻き上げられた物や、

割れたガラスの破片が部屋に入る勢いを抑えてくれるので、

台風の時はちゃんとしめておいたほうがいいそうですよ!

 

それと、もし家にダンボールがあるようでしたら、

窓ガラスのサイズにダンボールを切ってガムテープで貼っておけば、

さらに強度がアップするので、是非やっておいてくださいね!

(貼り方は、こちらも米印になるように貼っておくといいみたいです)

 

あとは、もしまだ外に出られそうな感じであれば、

飛びそうなもの(植木鉢など)は家の中に入れておくことをおすすめします!

 

家の周りに飛びそうな物を置いておくと、窓ガラスにぶつかる危険がありますので、

できるだけ家の中にいれられるものは入れておいたほうがよさそうです。

台風で窓ガラスが割れた場合に破片の飛散防止をしてくれるグッズ

で、もう台風が来てしまってからのとりあえずの窓ガラス対処法としては、

先程紹介した「ガムテープ」「ダンボール」くらいしかないかと思うのですが、

あらかじめ台風が来る前に備えておくのであれば、台風対策グッズが便利そう~!!

 

わたしが窓ガラスの台風対策で取り入れておきたいのは、

「飛散防止フィルム」です。

 

ガムテープだと、張りっぱなしにすると外観を損ねてしまいますが、

透明なフィルムなら張りっぱなしでOKだから、

急な台風や地震に備えて、今のうちから準備しておくとよさそうです。

 

しかも、UVカット効果もあるらしいのでよさげですよね~!

 

自分の家の窓ガラスにぴったりのサイズで買えるので、

(サイズを測るのはちょっと面倒ですが…)

ガムテープみたいに「無防備な場所」がなくなるのも安心ですよね♪

 

もし、予算と時間と体力が許すなら…

室内からと、室外から窓ガラスを挟むように貼れば、

窓ガラスが割れた場合の飛散防止効果も倍増するのでは…と思いました。

 

…といっても、我が家は予算がないので、

普通に室内からだけ貼りたいなと思いますw

スポンサードリンク

 

台風対策をしたいけど窓ガラスに跡が残らない方法はある?

窓ガラスの台風対策といえば、今回紹介してきたように、

「窓ガラスにあれこれ貼る」というのが一般的ですよね。

 

養生テープや、はがしやすいフィルムなどを使えば、

窓ガラスからはがす時に跡が残らないかもしれませんが、

ガムテープは…跡が残りやすく、落とすのが結構きつい場合があります。

 

そこで、

わたしがこの間大掃除の時に買ったスプレーがめっちゃよかったのでご紹介します!

 

ガムテープの跡って、実は簡単に落ちるということを知ってもらって、

臆せずに台風対策をしてほしいな…と思って!

 

使ったのはコレ!

 

といっても、

最初にわたしがこれを買ったのはガムテープの跡を落とす目的ではなくて、

「台所の油汚れを大掃除するぞ!!」と思って、奮発して買ったんですが、

よく見るとシールの剥がし材としても使えると書いてあったんです。

(洗剤としてはちょっと価格が高めですが、油汚れがめっちゃ楽に落ちましたよ!!)

 

で、娘が小さい時にテレビ台の窓ガラスの扉があかないように、

こういうドアストッパー?ベビーガード?をつけていたんですが、

 

100円ショップのものを使っていたのですぐ取れてしまって、

「超強力両面テープ」で貼り直して使っていたんですね。

 

で、この「超強力両面テープ」って本当に超強力で、

ティッシュやウェットティッシュでこすっても洗剤でこすっても、

ぜんぜんびくともしなくて困って放置していたんですが…

 

ディゾルビットを使ってみたら、めっちゃ簡単に落ちたんです!

 

簡単すぎて、他にも娘が昔やらかしたベッドにべったり張り付いたシールなど、

気になっていたシール跡をごっそり落としてもぜんぜん疲れませんでした!

 

なので、もし窓ガラスにガムテープなどのシール跡が残ってしまいそうな場合は、

台風が過ぎ去ってから、これを買いに行ってほしいな…と思います(笑)

めっちゃ楽にガムテープの跡が落ちますので気持ちいいです!!

 

ちなみに楽天でも買えますが、

わたしは普通に近所のドラッグストアで購入しましたよ~!

 

台風対策は窓ガラス補強で破片の飛散防止!跡が残らない方法まとめ

ということで…

 

すでに台風が接近していて外出できない場合の窓ガラス対策は、

  • ガムテープを窓ガラスに貼る
  • ダンボールを窓ガラスに貼る
  • カーテンを閉める
  • 飛びそうなものは家の中に寄せておく

 

そして、あらかじめ台風対策として窓ガラスの強化をしたいのであれば、

  • 飛散防止フィルムを貼る

 

という方法をご紹介させていただきました!

 

そして、台風が終わったあとの後片付けでガムテープなどの跡を落とす方法として、

ディゾルビットというはがし材(油汚れめっちゃ落ちましたよ!)をご紹介しました。

 

台風で巻き上げられたものがぶつかって窓ガラスが割れて、

子供や自分の怪我につながるのがめちゃくちゃ怖いので、

今のうちにしっかり台風対策をしておきたいなと思います~!!

 

こちらの台風関連の記事もどうぞです

台風時の保育園の対応 休ませるケースや仕事を休めない時の対処法

台風にコロッケを食べるのはなぜ?元ネタは?地震なら何食べる?

台風でコロッケが売り切れw自分で作る揚げない簡単レシピ

台風にコロッケ買ってくる?スーパーの売上げを中の人が語るョ

スポンサードリンク