おやすみ、ロジャーを2歳に読んでみた効果

わたしは夜も家で仕事をしていたりするのですが、

2歳になったばかりの娘が、最近夜にぜんぜん寝てくれなくなり、

「どうにか家でも仕事を進めなくちゃ…」と思い悩んでいたところ、

 

夫のお母さんやお友達、ニュースなどで立て続けにロジャーを紹介され、

「絵本で寝てくれたらいいなぁ…10分で効果があったら奇跡だな~」

と思い、「おやすみ、ロジャー」を実際に購入してみました!!

 

子供が寝ない時に読むと、あっという間に寝てしまうらしいとの噂。

実物のおやすみロジャーの絵本にも、魔法のぐっすり絵本と書かれています。

これは期待してしまいます~!!!

 

それでは、絵本の内容について、読んでみた感想と2さいの娘の反応を

じっくりレビューしていきますね~♪


おやすみロジャーの内容は?あらすじはこんな感じ!

おやすみ、ロジャーの1ページ目を開くとこんな注意書きが書いてあります。

おやすみ、ロジャーの読み方

これを読むと、よっぽど効果があるんだな~と期待が増幅していきます。

 

おやすみロジャーのあらすじは、なかなか眠れない「うさぎのロジャー」が、

誰でも眠らせることができるというあくびおじさんに会いにいく…

というのが、大まかな流れです。

 

おやすみ、ロジャーを2歳に読んでみた効果

この左側があくびおじさんみたいです。

絵本なので、ちょっと説明してしまうと全部わかってしまいそうですね(笑)

 

そして、この「うさぎのロジャー」の絵がちょっと怖い。

なんというか、リアルというか、芸術的なうさぎだと思います。

おやすみ、ロジャーを2歳に読んでみた効果

これも、何か意味があるのでしょうか…??

 

とにもかくにも、実践!!

ということで、さっそく2さいの娘と一緒に試してみました!!

おやすみロジャーの効果は?2歳の娘に読んでみた!

おやすみロジャーを試したその日は、

上の子は夫の実家におとまり、夫は夜勤のため、

家には私と2才の娘の二人きり。

 

TSUTAYAで「おやすみ、ロジャー」を購入したのですが、

疲れているときは走り回る娘を捕まえられなくなるので、

電子書籍でも読めることを知り、こちらでもよかったかなーと思いました(笑)

 

 

 

 

本屋さんでロジャーを手に入れるなり、そそくさと帰ってきたわたしは、

早々に娘とご飯を食べ、お風呂に入り、部屋を片付けたら時間はもう21時前。

 

「娘が10分で寝てくれたらあれもこれもできちゃう~♪どうしよう~♪」

 

なんてウキウキとした妄想は広がります。

 

そんなことを考えながら、走り回る娘を抱き上げると、娘は体を反らせて嫌がり、

「ハナッテー!(離して)アソブ!!アソブ~!!」と大暴れ…。

 

「遊びたいんだろうな…仕事ばっかりだもんね…ごめんね…」

 

と思いながらも、

手足をバタバタさせて、私の腕からの脱走を図る娘をしっかりと抱き、

早く寝てくれたら…という期待を胸に「おやすみロジャー」を読み始めました。

 

 

まず開始2行目くらいで娘が「オチャノム!(お茶飲む)」というので仕切り直し。

水分補給は大事です。

 

また1行目から読み進めると、今度は絵本のページを勝手にめくろうとし始めました。

 

今まで、他の絵本でも勝手にページをめくりたがり始めるので、

娘がめくったページを臨機応変に朗読するというスタイルを取っていました。

 

 

でも、「この本は順番に読まないといけないんじゃないか!?」と思い、

娘がページをめくろうとするのを制止しながら朗読を続けます。

 

すると娘は激怒し、

 

私と「魔法のぐっすり絵本」をベシベシと叩き始めました。

はっきりいって、娘は見るからに全然リラックスできていない状態です。

ページはまだ物語の1ページ目の半ば。

 

 

理想は「横になりながら、リラックスできる状態で朗読だけを聞かせる」

ということでしたが、娘は、わたしも一緒に横になると、

お腹に登ってきてジャンプするので、まずおとなしく横になってはくれないし、

 

電気を消して暗闇にしても布団から脱走し、

さらには追いつけない私を尻目に、ふすまを開けて隣の部屋に逃げて行きます。

でも、娘のこんな行動はもはや予想済み。

 

こんな時はいつもなら歌を歌ったりするか、もう諦めて電気をつけたりするかですが、

 

今日は「おやすみ、ロジャーで娘を10分で寝かせる日」なのです。

 

 

さあ、娘よ…おいで、おいで…

 

と、おびき寄せて無理やり「おやすみ、ロジャー」を読み聞かせようとする様は、

なんとなく、悪巧みをしている悪党のようにも思えます。

 

今度はしっかりと娘を覆うように抱っこして、娘と一緒に絵本を持ちながら、

片方の手で娘を撫でながら読むことにしました。

 

娘はやっと逃げ出そうとはしなくなり、今度はわたしの頬を手でつかみ、

「アカンベー!!!アカンベ!!」と言いながら笑っています。

絵本は物語の2ページ目。

 

 

その後、娘に「あっかんべー」をさせられながら、

読み進めることやっと14ページ目。

 

 

ネットでは、14ページで寝てくれたという声が多いような印象で、

わたしも密かに娘が寝てくれるんじゃないかと期待していました。

 

 

 

しかし、わたしが14ページ目を読んでいたその時、

娘はもはやわたしの膝にはいませんでした。

 

 

部屋を見渡すと、おもちゃのブロックを入れ物からひっくり返し、

歌を歌いながらジャンプし、「ショクパンパン!(食パンマン)」と叫んでいます。

 

 

「今日、娘は『おやすみ、ロジャー』では寝ないんだ…。」

 

 

さすがにそう悟ったわたしですが、娘に「トツゲキ~!」されながらも、

おままごとの野菜を持ってきて「ヤサイキッテ!」という声を遮りながらも、

 

「色がついたところはゆっくり静かな声で…」

「太字は強調して読む…」

 

と、わたしの「おやすみ、ロジャー」の読み方は、

まだ「娘が寝てくれる」という希望を捨てていませんでした。

 

 

 

そして、半ば呪文のように「おやすみ、ロジャー」を最後まで読みきりました。

 

おやすみ、ロジャーを2歳に読んでみた効果

 

絵本の最後の一文、「おやすみ」を読み上げたとき、

わたしに絶望はありませんでした。

 

どこかで、もうすでに覚悟が決まっていたのかもしれません。

 

 

 

娘は、「おやすみ、ロジャー」を読み始める前と何も変わりませんでした。

 

 

そして、もう一度初めから同じことを繰り返してみたところ、

いつのまにか母は娘より先に寝てしまいました。ごめんなさい…。

 

2さいの娘がいるのに先に寝ちゃう母親って…orz

幸い、ちゃんと片付けたあとでだったのでよかったですが^^;

 

どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。

 


おやすみロジャーの対象年齢は何歳から?

 

実は、「おやすみ、ロジャー」の対象年齢は、

 

3歳以上とされているらしいです。

 

わたしは全然知らなくて、

「二歳の娘は最近会話もできるようになってきたし、大丈夫でしょう♪」

と思っていたんですが…ロジャーの対象年齢は3歳以上だったんですね。

 

購入してから、お友達に対象年齢を教えてもらいました^^;

 

ある日娘達と出かけた時に「今日こそはなんとしても早く寝て欲しい!」と、

TSUTAYAにて半ば衝動買いのような形で購入したので、

おやすみロジャーの対象年齢まで確認するのを忘れてしまいました(笑)

 

というか絵本自体にはそんなこと書いてなかった!!(と思う…)

 

ネット上の書き込みを見たら「1歳でも二才でも効果がある」とは書いてありましたが、

言葉が理解できる3歳くらいがおすすめ」みたいなことが書かれていました。

 

寝ない2歳の娘におやすみ、ロジャーを再び読み聞かせてみた!

2日目となるこの日は、夫も夜勤から帰ってきて

「今日は俺がロジャーを読む!」とやる気満々の夫。

上の子はまだ夫の実家にお泊りでした。

 

あぁ、読み聞かせてくれるなんてありがたいなぁ~!と思っていました。

 

夜8時過ぎにはもう読み始めようとしていましたが、2歳の娘は未だ絶好調!!

そして、読み始めること10秒…

 

またも、2歳の娘が絵本が嫌だと暴れ始め、

夫が「本読むよ~!」「まずこれ読もう!」と娘に話しかけていましたが、

「ロジャーコワイ!!」と、全然いうことをきかない娘に、

 

夫が「絵本も読めないのか!!」と娘に激怒!

 

おいおい…orz

なんだか娘がかわいそうになり、わたしが口を挟むと

「じゃあお前がやれ!」とふてくされて寝てしまったので、

(夫の名誉のために:いつもはよく遊んでくれるのですが、かなりお疲れでした)

 

娘を抱っこしてゆらゆらしたり、ゆっくり話しかけたり、

いつもよりもスキンシップを取ってみました。

 

ロジャーの本に書いてあった「ゆっくり、静かな声」で、

娘の名前を呼びながら、

 

「もうねんねだねぇ~…眠くなってきたね」

「明日は、とっと(お父さん)と、○○(娘)と、お母さんと、み~んなでお散歩しようね~」

「○○(娘)はいい子だね~。お母さん、○○のことだ~い好き!」

「ねんねだね~可愛いね~」

 

と、抱っこしながら、座りながら、頭を撫でながら…ゆっくり娘との時間をとったら、

いつもは2時間・3時間経ってもねないで暴れている娘が、

なんと1時間ちょっとで寝てくれたんです!!

 

これは…?

 

もしかしたら娘が早く寝たのは偶然だったかもしれません。

 

でも、「娘としっかり向き合った時間」というのがいつもあまり取れなくて、

ゆっくりと娘が眠るまで延々と話しかけながらとことん付き合う…というのは、

最近あまりできていなかったな~と反省しました。

 

寂しくて不安定になってしまっていたのかなぁ…

普通のお母さんより一緒に遊んであげてないしな…と悲しくなりました。

 

わたしも色々我慢しているけど、娘も色々我慢してくれているんだな…と気づきました。

あんなちっちゃい体で、そんなことをさせてしまって申し訳ないな…と思いました。

 

だから、「おやすみ、ロジャー」ももちろんすごい本だと思うのですが、

「仕事を言い訳にしないで、ちゃんと娘と向き合うことのほうが大事だなぁ…」

と思った今日このごろでした。

 

 

ちなみに、3日目もまたわたしがお風呂に入っている間に、

夫がロジャーを娘達に読んでくれていたのですが、

わたしが部屋をあけると、娘達はまた元気に遊んでいました…。

 

夫は、一人でベッドの上に座り、一生懸命朗読してくれていました(笑)

本の中で、子供に「ねむた~い」「ねむた~い」と魔法をかける場面も、

走り回る娘達を相手に、しっかり実行していました(笑)

 

が、あまりにも元気な娘達を前に途中で心が折れてしまったらしく、

夫は「超早口+棒読み」で最後まで読んでいました(笑)

 

いつか、2歳の娘がロジャーで寝てくれることを期待して、

これからも読み続けたいと思います♪

 

↓赤ちゃんが寝る動画をまとめた記事もどうぞです

赤ちゃんが寝る動画集!寝ない時に唄う歌や眠らせる方法をチェック!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます