蚊に刺されない方法 子供

こんにちは!へるにあんです♪

夏は楽しいことがいっぱいですが、
わたしには心配なことがひとつあります…

 

それは、子供の虫刺され…(;▽;)

 

「たかが蚊」と思っている方もいるかもですが、
蚊は

  • マラリア
  • デング熱
  • 日本脳炎
  • ジカ熱など…

 

怖い病気を運んでくる、本当に怖い虫なんです(;_;)
わたしも、それを知ってからは
子供の蚊対策を本気で考えています。

 

しかし、そこで問題なのが…下の娘はまだ3歳。

0歳~3歳まで、普通の蚊対策は体に悪そうだな…
って思って心配だったんですよね。

 

特に、乳飲み子の0歳児の時は、
「蚊取り線香って赤ちゃんがいるところで大丈夫なのかな!?」
と、すごく気を使いました…^^;

 

そこで、今日はベビーや幼児の蚊対策のポイントや、
蚊に刺されない安全な方法を調べてまとめてみました!

ちびっ子がいる家庭はぜひ試してみてくださいね~!

スポンサードリンク

蚊に刺されない方法 子供がいる家庭の蚊対策ポイント

我が家の下の娘は3歳なのですが、
子供って本当に外を走り回るのが好きですよね。

外で遊ぶときに大活躍するのが、
直接肌に吹き付ける虫除けスプレー

クリームタイプの虫除け。

 

蚊に刺されない方法と言ったら1番先に思いつきますよね。

 

しかし、こういった虫除け商品に含まれている、
「ディート」という成分をご存知でしょうか?

 

これは、ダニや蚊に刺されないためには、
効き目も高く効果も長持ちするのでとても有効な成分ですが、
乳幼児に使用する場合は注意が必要なんです。

 

 

ディートの濃度は様々で、日本では最高12%ですが、
海外ではディート濃度30%の商品も販売されていて、
このディート濃度が80%までになると、
車のシートを溶かしてしまうくらい強力なんだとか。

 

また、動物実験での事例ですが、
ディートを連続的に大量摂取した場合、
神経性毒が見られた…という報告もあります。

 

日本の虫除けスプレーの中に入っている濃度では、
人体に重大な事態を招くことはないと言われていますが、
まれに蕁麻疹などのアレルギーを起こす場合があるそうです。

また、日常的な連続使用や誤飲をしてしまうと、
低血圧や痙攣、発疹などが出る場合があるそうです。

 

子供の場合は大人よりも体の発達が未熟ですので、
発疹やただれ、かゆみの他にも、
たくさん吸い込んだり大量に塗ってしまった場合、
頭痛やめまい、筋肉の硬直などの症状がでる場合もあります。

ですので、ディートが入っている虫除け剤は、

  • 6ヶ月未満の乳児には使用してはいけない
  • 6ヶ月~2歳未満は1日1回、
  • 2歳~12歳未満は1日1~3回

などの注意書きがありますので、しっかりチェックしておきましょう。

 

乳幼児にディートが含まれる虫除け剤を使用する場合は、

スプレーするときなどに子供が吸い込まないようにします。

 

子供に付けるときは、手のひらや顔につけるのは避け(口に入るので)
塗るときは、大人の手のひらで薄くのばしてつけてあげます。

 

また、子供の使用時間の目安は約4時間だそうです。
意外と短いのでびっくりしてしまいましたが、
長時間の使用はあまりよくないんですよね…。

 

けど、1日は24時間なので、
虫除けスプレーの効果が4時間だけじゃ全然足りませんよね…。
虫除けをつけていない時間に蚊に刺されたら意味がありません。

しかし、ディートの虫除け効果は頼りになるので、
「ここぞ!」という時に使うものと割り切ったほうがよさそうです。

 

ちなみに、子供の場合は吸い込む可能性が高いので、
スプレータイプより、塗るタイプの虫除けがいいみたいです。

 

じゃあ、夏の風物詩とも言える、

「蚊取り線香」

は子供の蚊対策に使っても大丈夫なのでしょうか?

赤ちゃんの近くで蚊取り線香を使っても大丈夫?煙は安全?

昔から人間を蚊から守って来てくれた蚊取り線香。
虫除けスプレーのほかの蚊に刺されない方法といえば、
やっぱりこれしか思いつきませんよね。

 

しかし、特有の香りが

「もしかして赤ちゃんには有害なんじゃ…」

と感じる人も少なくありません。

 

しかし、蚊取り線香は赤ちゃんにも妊婦さんにも安全に使用できます。

 

虫除けスプレーなどと違い、蚊取り線香の主成分は、
「白花虫除菊(シロバナムシヨケギク)」という白い花に含まれる、
天然の殺虫成分を真似て作っているそうです。

 

白花虫除菊は、「除虫菊」とも呼ばれていて、
この花に含まれる殺虫成分は「ピレトリン」という物質です。

そして、蚊取り線香はこの「ピレトリン」に似せて作った、
「ピレスロイド」という化合物を主成分としています。

 

ピレスロイドとはどういう成分なのかというと、

  • 安全性が高い
  • 即効性が高い
  • 忌避効果(蚊が嫌がって近づかない)
  • 害虫を追い出す
  • 蚊や害虫の神経を麻痺させる

という成分らしいです。

 

これを読んで1つ気になったのは、
蚊や害虫の神経を麻痺させる力がある成分なのに、
本当に子供には影響がないのかな…ということです。

調べてみたところ、哺乳類(=人間)の体に、
ピレスロイドが取り込まれた場合は、
すぐに分解されて素早く体外へ排出されるので、
影響がでず、人間には無害であるということでした。

 

ただ、蚊取り線香の煙は普通の煙と一緒で、
目や喉などの粘膜に入ると刺激になってシミますので、
煙は赤ちゃんや子供に直接かからないようにしないとですね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの蚊対策におすすめの安全な虫除け方法

ということで、虫除けスプレーのディートの危険性と、
蚊取り線香の子供への影響・安全性についてお話しましたが、

 

「じゃあ結局どうすればいいの?」

ってなってしまうので、

最後に赤ちゃんや子供がいる家庭に、
おすすめの蚊対策についてまとめておきたいと思います。

 

まだ生後6ヶ月未満の赤ちゃんがいる場合は
おうちにいることが多いと思いますので、これがおすすめです。

かなり原始的ですが…(笑)
でも、1番安全な方法だと思います。

 

次に、昔ながらの蚊取り線香もいいですが、
煙が苦手な場合や赤ちゃんや子供への影響が心配な方は、
煙がでない電子式の蚊取マットや、
吊り下げるタイプのものを利用するのもいいかもしれません。

 

↓これは除虫菊の天然殺虫成分を真似た成分と同じ成分でした

これなら匂いも気にならないし、火も使わないので安全です。

 

また、生後6ヶ月の赤ちゃんよりも大きい子供であるなら、
こちらのボディスプレーをおすすめします。

ディート不使用で、100%天然成分のアロマスプレーです。

 

また、同じくアロマでの虫除け対策なら、
ハッカ油スプレーもおすすめですよ。

ハッカ油で虫除けの効果的な使い方 網戸対策や効く時間を伸ばすコツ

蚊に刺されない方法 子供や赤ちゃんの虫除け対策まとめ

子供がいると、

「虫に刺されるリスク」と「薬の副作用のリスク」

どちらを取るのが正しいんだろう…と悩むことも多いですが、

 

  • 「絶対に刺されたくない時はディートも使ってみる!」(生後6ヶ月以上】
  • 「普段は蚊取り線香やハッカ油など天然成分での虫除け」
  • 「なるべく肌の露出を防ぐ」

 

など…

なるべく安全な方法で、蚊に刺されるリスクも減らしてあげたいですね。

 

ハッカ油での虫除け方法もぜひチェックしてみてください。

ハッカ油で虫除けの効果的な使い方 網戸対策や効く時間を伸ばすコツ