風水 金運 玄関

 

こんにちは!へるにあんです♪

子供がいると、思いがけず色々とお金がかかり大変ですよね。
最近なんだか金運をはじめ、色々な運気が悪いような気がしていたので
玄関に風水を取り入れて金運アップを狙ってみることにしました!

 

何やら金運を上げるためには玄関マットを置くといいんだとか。
そこで、どんな色や柄の玄関マットを選べば金運UPできるのか調べてみました!
さらに、玄関にはどんな置物を置けば運気が上がるのかもまとめてみました。

 

スポンサードリンク

風水で金運アップする玄関マットの素材や形は?

まずは、なぜ玄関マットを置くと、
風水的に金運アップできるということになるのかを調べてみました!

 

玄関マットが運気をあげると言われている理由とポイント

玄関マットは、出かけた先から持ち込んだ悪い運気を
払い落とし、いい気だけを家の中に運ぶ効果があるとされています。

玄関マットは悪い運気を吸い込んでくれると言われているので、
汚れたままのものを置かないようにしていつも綺麗にしておくと
運気をあげることができるとされています。

 

外出先から悪い運気を持ち込んでしまうということもあるんですね!
玄関マットは、厄を吸い込んでくれるとされているみたいなので、
置いておいたほうが良さそうですね!

 

また、玄関マットの素材も運気UPには大切みたいなんです!
どういう素材の玄関マットを選べば、効率的に運気をあげられるのでしょうか?

金運を上げるための玄関マットの素材の選び方は?

玄関マットで金運UPを狙うには、

玄関マットの素材にも気をつけないといけないみたいです。

どんな素材の玄関マットが適しているのかどうか調べてみました!

 

金運アップするための玄関マットの素材

玄関マットで効率よく運気を上げるためには、
厚手のコットンやシルク、麻などの天然素材のものを。

寒い時期で玄関が冷える時にはウール素材の玄関マット。

アクリルなど合成繊維を使った玄関マットは、
招き入れたいい気を燃やしてしまうので避けるほうがいい。

 

天然素材の玄関マットなら、運気はもちろん、
なんだか帰ってきた時に気分良く家に入れる気がしますね。

 

次に、金運UPに効果的な玄関マットの形を調べてみました!

金運アップに効果がある玄関マットの形は?

玄関マットといっても、いろいろな形がありますよね。

その中で金運アップに適した玄関マットの形を調べてみました!

 

風水で金運アップするための玄関マットの形

金運アップに効果的なのは楕円形の玄関マット。
金運アップにいいだけではなく、縁を集めるという効果もあります。

ちなみに、
恋愛運アップには円形の玄関マット、
家庭円満効果には長方形のマット。運気安定の効果も。

 

金運アップには楕円形の玄関マットがいいようです。

ちなみに、不規則な形の玄関マットはあまりよくないみたいでした。

 

しかし、今回調査していた時に
「円形や楕円形の玄関マットはいい気の流れを曲げたり移動させる」
という意見もありました。一番いいのは長方形の玄関マットなのだとか。

 

それを読んで、正反対な意見に「じゃあどうすればいいんだ!!」
と思ったのですが、長方形のマットには家庭円満効果もありますが
「今の状態をキープしたい」という意味もあるらしいんです。

なので、わたしは今の状態を脱出して運の流れをよくしたいので、
今回は楕円形の玄関マットにすることにしました。

 

でも、いよいよ玄関マットを選ぶとなれば、玄関マットの色や柄でも悩んでしまいます。
そこで、風水的には玄関にどんな色を使えば金運がUPするのかを調べてみました!

風水で金運UPしたい時玄関に使うといい色は?

風水での「色」というのは、方位や位置なども考慮して、
初めて効果があるそうで、色だけではあまり効果がないそうです。

 

その上で、玄関の雰囲気にあったマットを選ぶのがいいみたいです^^
ですので、今回は方角別に玄関マットのおすすめの色を調べてみました!!

 

東向き玄関で運気を上げるマットの色や柄の選び方

【東の運気のマイナス要素を打ち消したい場合】

紫色や赤色の玄関マットで疲労やせっかち、中途半端なのを解消する効果。


【東の運気のプラス要素を維持・向上させたい場合】

緑色の玄関マットで行動力を維持する効果、
青色の玄関マットで自信や行動力UPの効果

 

西向き玄関で運気を上げるマットの色や柄の選び方

【西の運気のマイナス要素を打ち消したい場合】

灰色の玄関マットで浪費グセを抑える効果


【西の運気のプラス要素を維持・向上させたい場合】

白色の玄関マットで金運や満足感の維持
黄色や茶色の玄関マットで金運・責任感アップ

 

南西向き玄関で運気を上げるマットの色や柄の選び方

【南西の運気のマイナス要素を打ち消したい場合】

ホワイトにゴールドの刺繍が入った玄関マットで
仕事の停滞感、疑心暗鬼、依存してしまうことに効果あり


【南西の運気のプラス要素を維持・向上させたい場合】

黄色や茶色の玄関マットで家庭の調和や貯蓄と節約・友情運が安定
紫や落ち着いた赤色の玄関マットで強化する効果。

 

南向き玄関で運気を上げるマットの色や柄の選び方

【南の運気のマイナス要素を打ち消したい場合】

黄色や茶色の玄関マットでストレスを抑える効果


【南の運気のプラス要素を維持・向上させたい場合】

紫色や落ち着いた赤色の玄関マットでいい評価を維持する効果
明るい緑色の玄関マットで評価の向上

 

南東向き玄関で運気を上げるマットの色や柄の選び方

【南東の運気のマイナス要素を打ち消したい場合】

紫や赤の玄関マットが頑固、器が小さい、休めない時に効果があります。


【南東の運気のプラス要素を維持・向上させたい場合】

緑や青の玄関マットが調和のよい発展・いい旅行・いい縁に効果があります。

 

北向き玄関で運気を上げるマットの色や柄の選び方

【北の運気のマイナス要素を打ち消したい場合】

緑色の玄関マットが孤独や不安感解消、
白色の玄関マットが不眠や自己中解消。


【北の運気のプラス要素を維持・向上させたい場合】

明るい青色の玄関マットが精神的な成長、
白色の玄関マットが精神的な成長を強化。
茶色の玄関マットが働く意欲を維持し、
白色に赤いワンポイントが入った玄関マットが働く意欲を強化

 

北東向き玄関で運気を上げるマットの色や柄の選び方

【北東の運気のマイナス要素を打ち消したい場合】

白色の玄関マットが自己中心的、不眠や悪夢、イライラに効果。


【北東の運気のプラス要素を維持・向上させたい場合】

茶色の玄関マットが自発神、競争心、勤労意欲を維持。
ホワイトに赤いワンポイントが入った玄関マットで強化。

 

…ということなんですが、何やら西側に玄関がないと、
玄関マットでの金運UPには効果がないみたいな印象をうけました…。

私の玄関は東側にあるので、疲労やせっかち中途半端には
パープルやレッドの玄関マットを置くと効果があるようですが
わたしが求めているのは「金運アップ」なんですよね(>_<)

でも…

 

よく考えてみたら、
疲労やせっかち、中途半端を改善することができれば(特にせっかち)
仕事もうまくいき、金運UPにつながるのでは…?と思いました。

まずは、自分の家の玄関にあった色の玄関マットをおいてみて
様子を見てみようかなと思います^^

スポンサードリンク

風水で金運をあげるには玄関の置物やインテリアはどうする?

玄関のマットの色を変えたら、ついでに金運アップの置物も
おいてみようかな~と思いはじめています♪

そこで、どんなインテリアや置物を玄関に置けば、
金運アップの効果があるのかどうか調べてみました!!

まずは有名なものから紹介していきますね。

蛇は金運や財運UPできるという縁起がいいものです。
幸運と富を司る動物とされ、仕事がうまくいくみたいです。

 

次に、玄関にはいり右側に鏡があれば仕事運アップ、
左側に鏡を置けば財運アップが期待できるそうです。

ただし、欲張って両方においてしまうと合わせ鏡になるので
悪い気が広がってしまうので、どちらか片方にします。

玄関の正面に鏡を飾るのも、
外から入ってきたいいエネルギーを跳ね返してしまうのでNG。

 

金運アップには、かえるや招き猫の置物を玄関の外に顔を向けるように置いてみたり、
玄関の南東に花を入れた花瓶を置いて財運をあげるという方法もあるそうです。

水は風水でお金のシンボルなのでガラスやクリスタルの花瓶で水が見える物を置くと
金運UPになるみたいです!お花を飾れば気持ちもいいですね。

 

最期に、宝船が家の中に入っていくように玄関に飾ると金運があがるそうです。
宝船の模型はもちろん、絵でもOKみたいです。
玄関だけでなく、部屋の南東でも金運をあげることができます。

 

風水で金運アップするための玄関マットの色や置物まとめ

ちなみに、お金は西から来て北で貯まると言われていて、
金運をアップさせるには西や北の方向を掃除するといいみたいです。

さらに、部屋など西には黄色のものを置き、
北側には白色を飾ると金運を上げるのにいいみたいです。

 

また、電気代はかかりますが、玄関の電気はつけておいたほうが
金運アップになるそうです。風水の金運アップには、
明るい玄関にするということを心がけるといいみたいです!

 

まずはお掃除から初めて、自分の家の玄関にあいそうな、
玄関マットや置物で金運UPしてみたいと思います♪

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます