エアコン 冷えない

こんにちは!へるにあんです。

 

最近毎日暑いですね~…わたしは比較的涼しい地域に住んでいますが、

それでも部屋に帰ってくるとのぼせるくらい熱気がこもっています。

 

なのに…

 

エアコンをつけてもなかなか冷えない!!!!!!!!!!!!

前は「25度自動」とかにしておけばそれなりに過ごしやすい温度になったのに、

今は「21度自動」とかにしていてもぜんぜん風がこない…

 

しかも、せっかく届いた風もなんだかぬるい…???

 

最終的に「21度強」とかにしてやっと涼しくなったんですが…

これ、電気代かなりやばくなっちゃいそうな予感です…。

前はこんなんじゃなかったのになんでー!?

 

もしや故障…??

エアコンの修理なんて結構高額そう……(;_;)

 

ということで、今日はエアコンが冷えない原因と、

ぬるい風しかでない症状を改善するための対処方法、

故障していた場合の修理費用などを調べてまとめてみました!

スポンサードリンク

エアコンが冷えない原因は?設定温度を下げても風がぬるい理由はコレ!

まずはエアコンが冷えない原因を探してみることにしました。

わかったことはこちらの5つの原因でした。

 

  1. エアコンの冷やす能力が部屋の畳数とあっていない
  2. エアコンに埃が詰まっている
  3. 室外機の回りにものが置いてある
  4. 室外機に直射日光があたっている
  5. エアコンのガスが漏れている

 

わたしの場合は、今までは普通に部屋が冷えていたので、

1番の「エアコンの能力が部屋の畳数とあっていない」というのは

考えられないのですが、そのほかはもしかしたら可能性がありそうです…!!

 

次は、それぞれのエアコンが冷えない原因について、

対処方法を調べてまとめてみました。

 

エアコンからぬるい風しか出ない時の対処方法

それでは、エアコンが冷えない原因別に、

対処法・改善方法を知って、エアコンの効きを復活させたいと思います!

 

まずは、エアコンが冷えない原因の一つ目からいきます!!

エアコンのサイズがあっていない

エアコンのサイズが部屋にあっていない場合、

エアコンの効きが悪くなってしまうことがあるそうです。

 

エアコンを購入するときに「6畳用」とか「10畳用」とか、

部屋の広さの目安が畳数で書かれていますよね。

 

実際の部屋の広さよりも能力が低いエアコンを使っていると、

常にフルパワーで運転しないといけないので、

エアコンの効きが悪い・寿命が短くなる・電気代が高くなる…

と、良くないことばかりになってしまいます。

 

エアコンの機種名で検索すれば簡単にスペックがわかるので、

もし購入したばかりで「エアコンが冷えない!!」という状態ならば、

購入したエアコンの能力が自分の部屋にあっているかどうか、

1度調べてみるといいかもしれませんね。

エアコンに汚れが詰まっている

これが原因でエアコンが冷えない場合がかなり多いみたいです。

 

まずチェックするのがエアコンのフィルター。

 

うちのエアコンは2週間に1回と言われていますが、

毎日お掃除していても1週間くらいで埃がたまるので、掃除機で吸ってます。

 

フィルター自動掃除エアコンなどもありますが、

自動で掃除してくれるのはフィルターだけらしいので、

エアコン内部の埃やカビなどは清掃していないという方は多いと思います。

 

ちなみに、わたしはエアコン内部の掃除はまだしたことがありません…

(エアコンを購入してから3年くらいたちますのでやばいですね…)

 

エアコンクリーニングを業者にお願いするとなると、

クリーニング費用は1万円~2万円かかるそうなので、結構な出費です…。

どこがいいかな~と思っていろいろ見ていたんですが、

 

全国に1400店舗あるおそうじ本舗だと

普通のエアコンなら9000円~(2017/08/15現在)で、

お掃除機能付きのエアコンクリーニングは、

13000円~19000円でやってもらえるみたいです!!(2017/08/15現在)

 

田舎な我が家の近所にも、おそうじ本舗の実店舗があるので、

WEBから応募したらあのお店から来てくれるのかな~という安心感があるので、

ちょっと1回お願いしてみようかなと思ってます。

 

追記:実際におそうじ本舗にエアコンクリーニングをお願いしたら、

エアコンがピカピカになって涼しい風がでるようになりました~ヽ(・∀・)ノ♪

おそうじ本舗のエアコンクリーニングを頼んでみた!時間&料金と感想

器用な方は、自分でエアコンクリーニングができる商品もあるのですが、

もし選ぶなら養生シート付きのものが便利だと思います^^

室外機の回りにものが置いてある

室外機の周りにモノが置いてあると、

エアコンの熱の排出がうまくできなくなってしまい、

エアコンをつけていても部屋がなかなか冷えない原因になるそうです。

 

もし、なにかモノが置いてあったりして、

室外機周りの風通しが良くない場合はスペースを開けると、

エアコンの冷えが改善する可能性があります。

 

意外なところでは、室外機カバーが風通りが悪くなる原因だったりすることも。

エアコン使用中はカバーを取り外してみるのも効果的かもしれませんね。

室外機に直射日光があたっている

室外機に直射日光があたっていると、

室外機が高温になって熱の交換がうまくできなくなってしまうそうです。

 

室外機に直射日光が当たってしまう場合は、

室外機から1mほど距離をとり、すだれなどで日陰を作るとよいそうです。

エアコンの冷媒ガスが漏れている

エアコンの冷媒ガスってなんだ???って思ったんですが、

エアコンはガスを循環させて温度を調節しているのだそうです。

 

このガスが不足するとエアコンがなかなか冷えなくなってしまうのだとか。

 

冷媒ガスが不足する原因は、

配管が腐食して亀裂が入ったり、エアコンを移動した時にガスが抜けたり、

取付工事の時にうまく施工できていなかった…などが考えられます。

あとは、最初から十分な量のガスが入っていなかったなど。

 

この場合は、エアコンのガス補充を電気屋さんなどでお願いすると、

15000円~25000円ほどかかるそうです。

 

結構な出費なので、自分でやれないか…と思ったんですが、

ガスの取り扱いとなると専門的な知識や経験が必要らしく、

冷媒ガス自体も結構高価なものなのだそうで、

プロにお願いしたほうが安心&安全&安く済むらしいです。

 

ちなみに、自分でやるとこんな感じみたいです。

 

ただ、もしガスが不足している原因が配管の亀裂からもれている場合は、

配管の亀裂部分の修理も必要になりますので新しく買い換えたほうがいい場合も…。

配管交換などになると、追加で30000円~の料金がかかるそうです^^;

スポンサードリンク

エアコンが故障して涼しくならない時の修理費用は?

そのほかの原因がある場合は、私たちには判断できそうにありません。

(冷媒ガスとかも自分では対応できなさそうです…)

 

その場合は、業者さんに点検をお願いすることになります。

一般的な業者さんにお願いする場合は、

出張費用で2000円~、点検費用で3000円くらいかかるそうです。

 

それから、先程もお話したとおり、

エアコン内部のカビや埃などの汚れが原因である場合は、

クリーニング代として1万円~2万円くらいの費用がかかります。

 

そして、冷媒ガスの不足が原因でエアコンが冷えない場合は、

ガスの補充で15000円~25000円、ガス漏れの部分を修理するとなると、

その他に30000円~の追加料金がかかります。

 

その他、エアコンの部品を取り替えることになると、

新しい部品代で1個5000円~1万円ほどかかるそうです…。

しかも、長く使っているエアコンだと、同じ部品が見つからない場合も…。

 

なので、10年以上のエアコンを使っている場合は、

この機会に買い換えたほうが安心かもしれませんね。

 

エアコンが冷えない原因と対処&故障時の修理費用まとめ

今回紹介した、エアコンが冷えない原因ですが、

もしどれにも該当せず修理になってしまう場合は、

新しいエアコンに買い換えたほうがお得かな…という印象でした。

 

いろいろ調べていてわかったのですが、

エアコンの修理って、10万円以上かかってしまうケースも多いんですね…orz

 

もし、新しくエアコンを買い換える場合に、

「ネットで見て安くても、結局エアコンの取付工事でもお金がかかったりするし…」

という場合は、楽天で工事費込みのエアコンを探すとお得ですよ~^^

工事費込みのエアコンを楽天で見てみる

 

わたしは、とりあえずエアコンクリーニングと、

室外機に直射日光があたるのを改善して様子を見てみようかな~と思います!

スポンサードリンク