十和田湖冬物語2017

 

こんにちは!へるにあんです♪

青森県十和田市で毎年2月に開催される十和田湖冬物語。
十和田湖は真っ白な雪がどっさりと積もって、
景色はとてもとても綺麗で神秘的な場所です。

 

しかし、十和田湖へ行くためには、
夏でも車で山道を通るのは大変なので、正直…

「冬なんて雪に埋まりそうだし滑りそうだし、絶対来られないな~」

と思っていた場所なんです。
そんな十和田湖で雪祭りが開催されていると知りびっくり!!

 

調べてみると、十和田湖は北東北で最大級の雪まつりで、
来場者数は毎年約20万人を超えているそうです!!
あの雪道を通ってでも見る価値がある楽しいイベントなんですね~!

そこで、冬でも安全に十和田湖冬物語2017にたどり着くために、
アクセス方法や駐車場情報、交通規制や雪道対策についてしらべてみました!

スポンサードリンク

十和田湖冬物語2017年の交通規制!冬期通行止めの道路情報

★車のナビへの十和田湖冬物語の登録住所はこちら

会場:青森県十和田湖畔休屋の特設会場
住所:〒018-5501 青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486番地

先程お話したように、十和田湖は冬になるととても雪が深くなるので、
一部交通規制になる道路も出てきます。

 

 

冬期通行止め路線は、

  • 国道454号線
  • 国道102号線(黒石温泉郷方面行き)

となっています。

 

 

なので、青森市から十和田湖にアクセスする場合も時間がかかりますし、
津軽弘前方面、黒石方面から向かう場合は、
八戸市や秋田県方面からぐるっと迂回して向かうことになります。

各方面から十和田湖冬物語までのアクセス方法や迂回方法

 

  • 八戸方面から十和田湖へ向かう場合は、国道45号線&102号線を通っていけば、
    2時間かからずに到着できると思います。

 

  • 黒石方面や津軽弘前方面から車で向かう場合は、
    東北道弘前大鰐ICから高速へのり、小坂ICでおりて、
    県道2号線(樹海ライン)を通って発荷峠を通り、休屋へ入ります。

 

  • その他の方面から十和田湖へ向かう場合は、
    国道103号線や国道102号線(奥入瀬渓流方面)なら通行可能です。

十和田湖冬物語2017の駐車場情報!無料&近い場所は?

大変な雪道を通って十和田湖へ到着したら、次は駐車場です。
雪道を歩くのは大変なので、やはり近くの駐車場がいいですよね。

こちらのチラシを見ると、全部で約600台の無料駐車場があるみたいです。

 

十和田湖冬物語2017

 

十和田湖冬物語2017の日程は2月3日~2月26日までですが、
これまでの観光者数は20万人と言われていますので、
単純計算をすると1日8000人以上が十和田湖冬物語に訪れます。

そのうち、シャトルバスやツアー、タクシーで来る人もいると思いますが、
人が多い時間帯に行くと駐車場に止められない可能性もありそうです。

 

なので、駐車場に確実に止めたい場合は、
人が少ない、朝早い時間を狙って行ったほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

十和田湖冬物語2017へのアクセス方法!道路の雪はどんな感じ?

次に、どうやって十和田湖冬物語の会場まで行けば、
一番安全にたどり着けるのかについてしらべてみました。

 

わたしの場合は一番先に思いつくのは、やっぱり「車」。

でも、不安なのは十和田湖へたどり着くまでに通らなくてはいけない、
あのうねった山道をちゃんと運転できるかどうか。雪が凄そうです…。
(といっても、行くとなれば多分夫が運転してくれると思いますが…)

 

雪道でスピードを落として走る車がほとんどですので、
十和田湖冬物語会場周辺は、渋滞することが予想されます。
ただ、十和田湖までの道はしっかり除雪されているみたいです^^

 

雪道運転が得意な方は、自家用車でのアクセスが1番いいかもしれません。

十和田湖冬物語へ行く際の雪道対策

ですが、除雪したあとの雪道は滑りやすくなりますし、
車で行く場合は、スタッドレスタイヤが減っていないかしっかり確認しておきましょう!

 

万が一何かあって車が雪に埋まってしまった場合のために、
雪を書き出すためのスコップや、路面とタイヤとの摩擦を増やすために
バスタオルや毛布などの布があればいいと思います。
(なければ、平らな木の板を探してきてタイヤに噛ませる方法もあります。)

 

ただ、雪道に慣れていないのであれば、十和田湖までの運転は大変だと思います。
その場合は、電車で八戸駅まで行きタクシーを使うか、
冬季間は普通のバスが運休している可能性がありますので、
会場までのシャトルバスを利用する方法があります。
が、シャトルバスは帰りの便が次の日までないみたいなので、
ホテルの予約が必要みたいです…(>_<)

 

また、現地に宿泊する場合は、無料送迎をしてくれる施設もあります。

たとえば、この十和田湖畔温泉 ホテル十和田荘では、
3日前までに無料送迎バスを予約すれば、八戸駅から無料送迎してもらえます♪
ホテルが十和田湖冬物語の会場から近いし、
「大混雑で駐車場に車が止められない!」なんて心配もありません。

 

他にも、十和田湖畔温泉 とわだこ賑山亭など、
会場近くのホテルでも送迎バスが出ているみたいなので、
宿を取ってゆっくり十和田湖冬物語を楽しめます♪

十和田湖冬物語2017の交通規制や駐車場!アクセスと雪道対策まとめ

十和田湖冬物語は乙女の像のライトアップや、子供も楽しめる雪の滑り台、
イルミネーションや冬花火、ホーストレッキング(馬に乗れます)、
かまくらの中でお酒を楽しめる場所など、本当に見所がいっぱいです!!

雪道は少し不安もありますが、あらかじめ交通規制の場所や、
駐車場の場所を確認しておけば大丈夫そうですね♪


スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます