偕楽園梅まつりの駐車場や混雑情報

梅の名所として全国1位の水戸の偕楽園梅まつり。

周辺のトイレ有りの駐車場や混雑情報、ベビーカーを使えるのか等、
2016年の梅祭りに子供と一緒に見に行く時に
役に立つ情報をまとめてみました♪

スポンサードリンク

水戸の偕楽園梅まつりの駐車場を選ぶなら絶対トイレ有り!

こんにちは!へるにあんです♪

今日は偕楽園の梅まつりにいく時のポイントをご紹介します!

 

まずは駐車場の確保が1番重要!!
子供がいると「トイレ」は結構大事なポイントです。
どこかへ行く時には1番先に確認します^^;

ドライブ中に「おもらししちゃったー!」とか
「トイレトイレ!」ってもう子供が我慢できないとか…

そんな時「駐車場までの辛抱…!」
と思えば、大人も子供も気が楽です(笑)

偕楽園の梅まつり付近のトイレ有り駐車場

駐車場名 備考
●偕楽園・桜山駐車場1(274台)

●偕楽園・桜山駐車場3(70台)

※桜山駐車場2にはないようです。

住所:茨城県水戸市常磐町1-3-3
連絡先:茨城県偕楽園事務所
029-244-5454

営業時間:8時~17時
徒歩:約10~15分
料金:梅祭り期間は1回500円。

※ここを狙うなら午前中の早い時間!
できれば朝の6時~7時頃。
偕楽園の駐車場というだけあって、
遅くなるとすぐに渋滞してしまうようです。

●千波湖西駐車場 (159台)

住所:茨城県水戸市千波町2765
連絡先:029-241-1251

営業時間:8時~17時
徒歩:約15分
料金:1日500円
●千波湖D51駐車場及びふれあい広場(150台)
住所:茨城県水戸市千波町3080
連絡先:029-232-9214
営業時間:8時~17時
徒歩:約16分
料金:梅まつり期間有料の可能性あり
●千波湖湖南坂駐車場(40台) 
住所:茨城県水戸市千波町3080
連絡先:029-232-9214
営業時間:8時~17時
徒歩:約25~30分
料金:梅まつり期間有料の可能性あり
●偕楽園下駐車場(200台)
住所:茨城県水戸市常磐町1丁目6093-1
連絡先:029-233-0238
営業時間:8時~17時
徒歩:約7分
料金:1日500円
●千波湖中央北駐車場(100台)
連絡先:029-244-2888
徒歩:約20分
料金:梅祭り期間は1日500円。
※舗装されていないとの情報があり

 

駐車場の確保には少し苦戦しそうなので、
ある程度目星をつけて行ったほうがいいかもですね!

スポンサードリンク

公共交通機関を利用するのもおすすめですが、
荷物が大変な場合はやっぱり車ですよね^^

偕楽園梅まつりの混雑を回避して子供とまったり散策したい!

混雑回避の方法としては、
電車で来た場合や駐車場から向かう場合に、
「東門」から入る人が多いので混雑します。

また、ベビーカーで行く場合には、
東門からだと橋も長い階段もあるのでかなり大変。

なので

「南門」や「表門」から入ればゆっくりと梅を鑑賞できて、
混雑を回避することができるみたいです!

 

時期的に混雑してくるのは、3月上旬~中旬のようです。

平日でも土日並みの混雑をみせるので、
ツイッターでは「梅まつりで混んでる」というツイートがよく見られます。

でも、それほど「ぎゅうぎゅう!」というわけではないみたいなので、
「にぎわってるなぁ~」という感じでそれなりに落ち着いて見られると思います^^

 

ただ、お食事処は激混みするらしいので、
お弁当を持っていって子供と食べるのも楽しいかもしれません♪
敷物を持っていけばさらに便利!!ヽ(・∀・)ノ
梅を見ながらピクニックというのも楽しそうです♪

水戸の偕楽園梅まつりでベビーカーは使える??

まだ小さい赤ちゃんや、歩きたてのよちよちベビーちゃん、

まだまだすぐに歩き疲れちゃうかわいこちゃん…

そんな時に助かるのがベビーカーですが、

 

偕楽園でのベビーカーは東門などちょっと大変な場所があります。

 

歩道も砂利道が多いのでベビーカーだときついですが、
芝生の広場があり、こちらは通行可能です!

 

※この芝生広場は、走れる年齢のお子様だったら大喜びのはず!!
 親御さんがゲッソリグッタリになるまで遊びたがるはず!(笑)

 

なのでレジャーシートがあれば途中でゆっくりと休憩もできます♪
心配な場合は荷物は少し増えますが、軽めの抱っこひもがあるといいかも。

 

水戸の偕楽園梅まつり2016に子供と一緒に遊びに行こう~!!

夜には夜梅祭(よるうめまつり)として
花火やライトアップもあるそうですよ♪

子供もぎりぎり見られる時間なので行きた~い!
(…う~ん、ちょっとだけ夜更かしかな?)

ライトアップや花火ももちろん魅力的なんですが、
晴れた日の日中に、のんびりと梅を鑑賞しながら、
親子で楽しく散策したいですね~♪

スポンサードリンク