インフルエンザ予防接種 妊婦

 

こんにちは!へるにあんです。

そろそろインフルエンザの予防接種が始まる時期ですね。

 

まだ妊娠していなかった時は、

「とりあえずインフルの予防接種受けておくか~」

という感じだったのが、

 

妊娠してお腹に赤ちゃんがいると

  • 「妊娠中にインフルエンザにかかってしまったら、
    胎児への影響が心配だから薬を飲むのが怖い」
  • 「だから、インフルエンザを予防したいけど…
    インフルエンザ予防接種のワクチンは赤ちゃんに影響はないの?」
  • 「他にも、インフルエンザの予防接種で副作用が出たら怖い…」
  • 「もしインフルエンザの予防接種を受けるとしても、
    妊婦の場合は産婦人科と内科どっちにいけばいいの!?」

と、妊娠中は予防接種でも不安なことがいっぱいですよね。

 

そこで、今日はインフルエンザの予防接種が妊婦や胎児に影響があるのかや、

予防接種を受けるには産婦人科と内科のどちらの病院へ行けばいいのか、

副作用の症状や副作用を引き起こす可能性についても調べてみました!

 

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種は妊婦に影響ある?胎児は大丈夫?

まず、予防接種を受けることで1番心配なのは、お腹の赤ちゃんのことですよね。

 

インフルエンザの予防接種が胎児に及ぼす影響について調べてみたところ、
インフルエンザの予防接種に使われるワクチンは、
「不活化ワクチン」という、もう死んでいるウイルスを使用しています。

 

不活化ワクチンは、抵抗力をつけるために必要な成分をワクチンにしたものなので、
妊婦さんやお腹の赤ちゃんへの影響は低いと言われているみたいです。

 

インフルエンザの予防接種を妊婦でも受けたほうがいい場合
  • 喘息や心疾患、糖尿病などの持病がある妊婦さん
  • 普段から風邪をひきやすく長引きやすい妊婦さん
  • インフルエンザの患者さんと会う機会がある妊婦さん

 

上記に該当する場合、

「インフルエンザの予防接種で考えられるリスクよりも、

インフルエンザウイルスに感染した場合の方がリスクが高い」

と考えられ、インフルの予防接種を受けるのが望ましいとされているみたいです。

 

インフルエンザの予防接種は医師に相談する場合
  • アレルギー体質の妊婦さん
  • 妊娠14週未満の妊娠初期の妊婦さん

 

しかし、アレルギー体質の方や、妊娠14週未満の妊娠初期の場合は、
インフルエンザの予防接種で体に影響を受ける場合があるそうですので、

 

インフルエンザの予防接種を受けるか受けないかを決める際に、

気になることがある場合にはお医者さんに相談するといいと思います。

インフルエンザの予防接種 妊婦でも防腐剤入りのワクチンで大丈夫?

インフルエンザワクチンの防腐剤(保存剤)として使用されている、
「チメロサール(正式名:エチル水銀チオサリチル酸ナトリウム)」
という物質があるのをご存知でしょうか?

 

インフルエンザの予防接種に使われているワクチンは、
このチメロサールという防腐剤が入っているものが多いです。

 

「防腐剤」とか「水銀」と聞くと、なんだか体に悪そうな気がしますが
インフルエンザワクチンに含まれる防腐剤の量は極わずかだそうです。

 

一方で、防腐剤が入っていないインフルエンザワクチンも存在します。

しかし、防腐剤不使用のインフルエンザワクチンは一般の病院では
取り扱っていない病院も多く、通常より料金が高いみたいです。

 

妊娠中の防腐剤入りのインフルエンザワクチンの接種については、
お医者さんによっても見解が分かれるようです。

 

ここで、ちょっと気になる情報があったので紹介しますね!

 

インフルエンザワクチンの防腐剤に含まれる「エチル水銀」よりも、

金目鯛やまぐろなどのお寿司やお刺身に含まれる、

「メチル水銀」の方が毒性が強く、体に蓄積されやすいみたいなんです。

 

妊娠中は「水銀が入っているから」と、お寿司はダメだと言われますよね。

 

わたしはお寿司が大大大大好きなのですが、
妊娠中は、年末年始の親戚の集まりでは必死でお寿司を我慢しましたw

 

そこで、水銀の量をお寿司とインフルエンザワクチンで比べてみると、
「握り寿司1貫=インフルエンザ予防接種の3~7倍の水銀が含まれる」
と書いてあるのを発見したんです。

 

そう考えると、防腐剤が入っているワクチンでも影響は少ないのかな…
…と思いますが、お医者さんに確認することをお忘れなくです!

インフルエンザ予防接種で妊婦が副作用を起こす可能性は?

次に気になるのは、インフルエンザ予防接種による副作用。

 

自分のことだけではなく、赤ちゃんへも副作用がないかどうか、
妊娠中の予防接種はとても心配になってしまうと思います。

でも、インフルエンザの予防接種で副作用が起きる可能性は、
極めて低い…と言われているみたいです。

 

しかし、副作用が起きない可能性が0%ではないみたいなので、
万が一、予防接種で副作用が起きた場合の症状をまとめてみました。

インフルエンザ予防接種の副作用症状
  • ワクチンを注射した場所が赤くなる
  • ワクチンを注射した場所が腫れる
  • 発熱
  • 頭痛
  • 全身のだるさ

このインフルエンザ予防接種の副作用は、
大抵は軽いもので、3日ほどで収まる症状が多いみたいです。

インフルエンザの予防接種 妊婦が受けないとどうなるの?

でも「やっぱりワクチンが怖い!」と、インフルエンザの予防接種を受けずに、

妊娠中にインフルエンザに感染してしまった場合はどうなるのでしょうか?

 

どちらが怖いかといえば、インフルエンザ予防接種の副作用よりも、
万が一妊娠中にインフルエンザにかかってしまった場合の方が
自分も辛いし、胎児への影響も心配という意見が多いです。

 

妊娠中は免疫力が低下しているので、

インフルエンザに感染すると重症化しやすくなってしまうそうです。

妊娠中にインフルエンザが重症化してしまうと、

早産や流産が起こる可能性もあるそうです。

 

治療に関しては、インフルエンザの薬を服用できないケースが多いそうで、

妊婦がインフルエンザに感染した場合は相当きついと思います。

 

さらに、妊娠中にインフルエンザに感染してしまうと、生まれてくる赤ちゃんが

双極性障害になってしまう危険性が、3.8倍も高くなってしまうそうです。

 

妊娠中にインフルエンザに感染した場合、生まれてくる赤ちゃんが

必ず双極性障害になってしまうというわけではないのですが、

個人的な意見としては、インフルエンザの予防接種を受けておくことで、

リスクを減らすことができるので受けておいた方が安心だなと思います。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種で妊婦が受診する病院は産婦人科?内科?

インフルエンザの予防接種を受ける場合は、
産婦人科と内科のどちらの病院へ行けばいいのでしょうか?

 

妊婦の場合、産婦人科でも内科でもどちらの病院でも、
インフルエンザの予防接種を受けることができます。

 

ですが、一般の内科の病院へ予防接種を受けに行くと
風邪やインフルの治療に訪れた患者さんと居合わせることになるので
病院でインフルエンザをもらってきてしまう可能性もあります。

 

一方で、産婦人科の病院へ予防接種を受けに行くと、先程紹介した
インフルエンザワクチンに防腐剤が含まれていない、
妊婦用の水銀無添加のワクチンを取り扱っている場合があります。

なので、インフルエンザワクチンの防腐剤が気になるママさんは
産婦人科で聞いてみてインフルの予防接種をするのが1番いいと思います。

 

わたしの通っていた産婦人科でも、
インフルエンザの予防接種を受ける時期になると、
「インフルエンザの予防接種受けたほうがいいと思います」
と詳しい予防接種の説明をしてくれました。

しかも、そんなに待たされる時間も長くなかったので
妊娠中のインフルエンザの予防接種は産婦人科がいいなと思いましたよ^^

インフルエンザ予防接種の妊婦や胎児への影響まとめ

妊娠中はインフルエンザの予防接種も悩みの種になってしまいますよね。

 

今回、妊婦のインフルエンザ予防接種について調べてみましたが、

インフルエンザ予防接種の副作用がそんなに重くないと思っても

可能性が全くないわけではないので、インフルエンザに感染してしまった場合と

どちらのほうがリスクが高いのかをお医者さんと話し合うのがいいと思いました。

 

人によってそれぞれ健康状態や妊娠中の状態が違いますので、

かかりつけの産婦人科の先生に予防接種の相談をしてみると安心ですね。

 

しっかり話し合ってみて、出産までの期間を母子ともに元気に過ごしてくださいね!

 

↓関連記事はこちらです

妊娠中に家族がインフルエンザ…妊婦・胎児への影響は?感染したら?

インフルエンザの予防接種は効果なし?ニュース&WHOの意見は?

マヌカハニーで風邪予防!効果的な食べ方や副作用まとめ

免疫力を高める方法!運動の仕方や食べ物・つぼで風邪を予防!

マヌカハニー効果で喉の痛みから開放!?食べ方や選び方もチェック♪

溶連菌は大人である妊婦も注意!胎児への影響や感染予防法を覚えよう!

スポンサードリンク