24時間テレビ 2016

 

こんにちは!へるにあんです♪

今年2016年24時間テレビのマラソンランナーは林家たい平さんだと発表されました!

 

今年の24時間テレビは笑点の人がマラソンランナーなんだね~と夫と話しながら、

 

林家たい平さんって何歳なんだ…?

 

と疑問に思ったので、
林家たい平さんのプロフィールを簡単にまとめてみました~!

また、24時間テレビの歴代のマラソンランナーや、ギャラについても
いろいろ調べてまとめてみました!

24時間テレビ2016年ランナー林家たい平さんの詳細

2016年5月29日に放送された「笑点」で今年の24時間テレビは
林家たい平さんがチャリチーマラソンランナーに決定したとの発表がありました。

 

林家たい平さんのプロフィールは下記のとおりです!

 

本名…………田鹿 明(たじか あきら)
出身地………埼玉県秩父市
生年月日……1964年12月6日
身長…………168cm
血液型………B型
趣味…………イラスト 写真
所属…………社)落語協会

 

年齢を調べてみたところ、
林家たい平さんの誕生日は1964年12月6日で現在51歳とのこと。

 

林家たいへいさんは妻や3人の子供に恵まれ、家族を大切にするお父さんですが、その年齢から

「50代に過酷な真夏のマラソンをさせて怪我をしてしまったら責任とれるのか」

と、日本テレビへの苦情・クレームが止まないといったこともあったそうです。

 

たしかに、わたしの父は59歳なので、8歳しかちがいませんが、

「真夏に24時間マラソンして!」

と誰かに頼まれていたら、

「いやいや、やめてよ!」

となるかもしれないなと思ったので
クレームが入る気持ちもわかるような気がします。

 

しかし視聴者からそんな風に体を気遣うクレームが入るというのは、
林家たい平さんはみんなからもとても愛されているんでしょうね!!

 

それでは、そんな過酷な真夏のマラソンを走ってきた歴代ランナーは
他にどんな方がいたんでしょうか?そしてその方達の年齢は!?

という事で気になったのでここで紹介していきたいと思います!

24時間テレビマラソンの歴代ランナーまとめ!

24時間テレビのマラソンは、
1992年の第15回に番組をリニューアルしてから毎年続けられています。

こちらが24時間テレビマラソンの歴代ランナーリストです!

 

第15回(1992年)
間寛平さん (当時43歳)
走行距離153km

当初は200kmの予定でしたが、猛暑のためリタイアとなりました。

最初の24時間テレビマラソンのランナーが間寛平さんです。

 

第16回(1993年)
間寛平さん (当時44歳)
走行距離200km

昨年の無念を晴らすように寛平さんは見事完走していました!!

 

第17回(1994年)
ダチョウ倶楽部
走行距離100km

24時間をちょっと超えた、25時間20分でゴールしました。

当時の年齢は、上島竜兵さん33歳、肥後克広さん31歳、
寺門ジモンさん31歳。

 

第18回(1995年)
間寛平さん (当時46歳)
走行距離600km

間寛平さんはランナーとして有名ですがもう3回も走ってるんですね!

1995年には、なんと神戸~東京までの600kmを7日間で完走しています。
神戸~東京って走れる距離なのか…とびっくりしました。

震災があった神戸から走ることで、人々に元気を与えました。

 

第19回(1996年)
赤井英和さん (当時37歳)
走行距離100km

元プロボクサーで現在は俳優やタレントをされているそうです。
日本列島縦断として、3600kmを100人でリレーしました。

 

第20回(1997年)
山口達也さん (当時25歳)
走行距離100km

初めてジャニーズで挑戦したのがTOKIOの山口達也さんでした。
右足を負傷しながらも完走!!

 

第21回(1998年)
森田剛さん (当時19歳)
走行距離100km

昨年に続き、ジャニーズのアイドルグループV6の森田剛さんが挑戦。
19歳という若さでしたが、しっかり完走しました!!すごい!

 

第22回(1999年)
にしきのあきらさん (当時50歳)
走行距離100km

当時の最年長での挑戦でした。
50歳でも100km走れるんですね!

 

第23回(2000年)
トミーズ雅さん (当時40歳)
走行距離150km

余裕で完走されたそうです!

 

第24回(2001年)
研ナオコさん (当時48歳)
走行距離85km

24時間マラソン初の女性ランナーとなりました。

 

第25回(2002年)
西村知美さん (当時31歳)
走行距離100km

夫と一緒に涙ながらにゴール!

 

第26回(2003年)
山田花子さん (当時28歳)
走行距離110km

25時間以上かかりましたが、しっかりと完走しました!

 

第27回(2004年)
杉田かおるさん (当時39歳)
走行距離100km

「ギャラが思ったよりやすかった」という発言するなど、
炎上しやすい杉田かおるさんですが無事に完走しています。

 

第28回(2005年)
丸山和也さん (当時59歳)
走行距離100km

当時大人気の弁護士さんです。
なんとお酒を飲んで完走したとか。

 

第29回(2006年)
アンガールズさん(当時30歳)
走行距離100km

 

第30回(2007年)
萩本欽一さん (当時66歳)
走行距離70km

欽ちゃんは、ギャラについてネットでいろいろな噂があります。
詳しくは後ほど書いていきますね!

 

第31回(2008年)
エド・はるみさん(当時44歳)
走行距離113km

当時は年齢非公開だったのですが、44歳での挑戦だったようです。

 

第32回(2009年)
イモトアヤコさん(当時23歳)
走行距離127km

女性として最長距離を走りきるガッツをみせてくれました!

スポンサードリンク

 

第33回(2010年)
はるな愛さん (当時38歳)
走行距離85km

初めてのニューハーフの挑戦となりました。ゴール時には、
メイクが全て取れてしまい、ほぼすっぴんでのゴールとなりました。

 

第34回(2011年)
徳光和夫さん (当時70歳)
走行距離63km

2011年の徳光和夫さんは当時70歳で
過去最年長のランナーとして63kmを走りました。すごすぎる~!

 

第35回(2012年)
佐々木健一さんと北斗晶さん家族
走行距離120km

佐々木健介(当時46歳)さんは家族での挑戦をしています。
妻の北斗晶さんは45歳、
長男健之介くんは13歳、次男誠之介くんは9歳でした。

 

第36回(2013年)
大島美幸さん(当時33歳)
走行距離88km

森三中の大島美幸さんは、減量前の体重と同じ数の「88」kmを完走。

 

第37回(2014年)
TOKIO城島茂さん (当時43歳)
走行距離101km

ジャニーズ最長の101kmを完走!

 

第38回(2015年)
DAIGOさん (当時37歳)
走行距離100km

昨年のDAIGOさんのマラソンでは、
現在ご結婚された北川景子さんにゴール直後にプロポーズしたことで
嬉しいニュースになり、日本中が湧きましたね!

 

しかし、この歴代ランナーたちの24時間テレビマラソン出演のギャラは、
一体いくらくらいもらっていたのでしょうか?

 

チャリティー番組と銘打っている以上、
視聴者として出演者のギャラは気になりますよね。

 

ということで早速24時間テレビマラソンのギャラを調べてみました!

24時間テレビマラソンのギャラはいくら?推定額公開

24時間マラソンのギャラは様々な意見がネット上に溢れています。

ここでは、噂として囁かれている情報をまとめてみました!

 

間寛平さん  300万円
山口達也さん 300万円
山田花子さん 400万円
はるな愛さん 700万円
萩本欽一さん 2,000万円
大島美幸さん 1,000万円
城島茂さん  1,000万円
DAIGOさん   1,000万円

 

など、24時間マラソンのギャラの金額には大幅な開きがありました。
300万の間寛平さんと2000万の萩本欽一さんが走った距離は、

間寛平さん 153km・200km・600km
萩本欽一さん 70km

なんですが、ギャラの金額は全然違います。真相はわかりませんが
もしこれが本当だとしたら、ちょっと「何なんだろう」と思います。

 

が、萩本欽一さんの2000万のギャラにはエピソードがあるみたいで。

 

実は、萩本欽一さんは始め24時間テレビのオファーを受けたとき、
「ギャラが安すぎる」と、出演を拒否していたんですよ。

それをきくと、「チャリティーマラソンなのにそんなこというの?」
と思いますが、違うんです。

 

テレビ側が、もう赤字覚悟で上限ギリギリの金額を提示し、

「もうこれ以上の金額なら、あきらめます」といったところ、

「じゃあ、その金額で」

と、欽ちゃんがオファーを受けました。しかし、言葉はまだ続きます。

 

「ただし、そのギャラは全て募金してね」と、
マラソンのギャラを全て募金に回していた…という噂があります。

これが本当だとしたら、すごい人だな~と思います!!

 

24時間テレビのマラソンのギャラについては、

「チャリティーなんだから無償で走れ!」

と言う人が多いですし、
わたしもちょっと金額が高すぎるんじゃないか…と思ったんですが、
なかなか無料でやってくれる有名人というのはいないんですね…。

 

というか、
明石家さんまさんは以前に1度だけ24時間テレビに出演した際に、

「ギャラは全て寄付してね」

とテレビ側に伝えたところ、拒否されたそうで…
それが納得できず、それ以来出演していないという話でした。

ということは萩原欽一さんの件は本当なのかちょっと疑問です…。

 

さんまさんみたいに、本当にチャリティーでやってくれるような、
素敵な大物芸能人がたくさんいれば
本当の意味のチャリティー番組が出来上がるんじゃないかと思います。

 

「さんまさんが無償でテレビに出ている」と思うと、
「私もなにかしなきゃ!」という気持ちにさせられますよね。

 

とはいえ、出演者側も「仕事」としてやっていると思うので、
それを責めるつもりはないです。大変なお仕事ですし。

 

ただ、出演者の方がギャラも貰わず無償で募金を呼びかけている…となれば、

それに続いてボランティアの輪はもっと広がるのでは…と思います。

24時間テレビの歴代ランナーとギャラについてのまとめ

ただ、ここに書いてある全ての情報は単なる「噂」であり、

ギャラや報酬額?は噂や推定額とは全く違うかもですし

真実はわかりませんが・・・

 

噂話はさておき・・・
今年の24時間マラソンランナー林家たい平さんが、
怪我もなく無事にゴールされることをお祈りしたいと思います。

 

↓関連記事はこちら

24時間テレビ2016 ランナーは林家たい平!歴代ランナーやギャラ

24時間テレビ 盲目のヨシノリ先生の網膜剥離の症状や原因は

スポンサードリンク