クリスマスプレゼント 子供 相場

 

こんにちは!へるにあんです♪

クリスマスプレゼントをサンタさんに手紙などでお願いしている子供って、
とっても無邪気で可愛いですよね~!見ていて微笑ましいです♪

 

でも、そこに書かれていたのが予算よりも高額な商品だったら…
「どうする!?」とパパママサンタは大ピンチですよね(>_<)

 

そこで、今回は他のパパママサンタさんの、
クリスマスプレゼントの予算や相場について調べてみました!

 

また、予算オーバーしてしまうような高額な商品を、
クリスマスプレゼントにほしいと子供にリクエストされてしまった時の、
上手なかわし方についてもまとめていきます!

 

スポンサードリンク

クリスマスプレゼントを子供にあげる時の予算の決め方

まずは、子供へあげるクリスマスプレゼントの予算を決めるときに、
大事なポイントがあったので紹介しますね!

 

まず、誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントの、
どちらのプレゼントを重視して高額にするのか決めましょう。

私の場合はどちらかといえば、
子供に自分の誕生日の方を楽しみにして欲しいと思うので、
誕生日プレゼントの予算の方を高めに設定したいなと思います。
ですが、「普段はママやパパから買ってもらえないプレゼントを頼もう」
という子どももいますよね。

そういった理由から、クリスマスプレゼントの方に予算をかけたい場合は、
「クリスマスプレゼントはサンタさんからの贈り物だから高額でもOK」
と、普段買い与えないようなプレゼントをあげる日にするのもいいですね。

 

また、子供に「クリスマスプレゼントに○○が欲しいよ~!」と言われると、
頑張って買い与えたくなってしまいますが、そのプレゼントが
家計を圧迫してしまうほどの価格ではないか確認しましょう。

クリスマスだからと奮発するというのも素敵ですが、
子供にばかりお金をかけるのではなく、「家族で楽しむ」ためのクリスマスですので、

ちょっとした節約で買える範囲のプレゼントならいいですが、
家計を圧迫してしまうレベルのモノの場合はキツイですよね^^;

 

もちろん、親として子供が欲しいものは買ってあげたくなりますが
今年、節約して高価なプレゼントを奮発して購入したとして
来年もそれと同じ額のプレゼントを買ってあげられなかった場合、

価格が下がるとどうしてもプレゼントのレベルが下がってしまうので、
逆に来年のクリスマスプレゼントでがっかりさせてしまうかもしれません。

 

ですので、クリスマスプレゼントの予算設定としては、

  • 誕生日プレゼントよりも少し予算を下げる
  • 家計を圧迫しない程度の価格で予算設定する
  • 来年も同じ額のプレゼントをあげられる位の価格

というポイントを押さえておくといいと思います。

 

次に、他のお父さんお母さんが、サンタクロースとして
クリスマスプレゼントにどのくらいの予算を使っているのか、
クリスマスプレゼントの価格相場を調べてみました!

クリスマスプレゼントを子供にあげる時の相場はいくら?

クリスマスプレゼントを子供にあげる場合の相場ですが、
こどもの年齢によって値段が変わってくるみたいです。
今回は子どもの年齢別に、クリスマスプレゼントの相場をまとめてみました!

 

まず、クリスマスプレゼントは1つなのか2つなのかでも変わります。
サンタクロースと親のお財布は一緒ですから…^^;

サンタさんの他にパパやママからもクリスマスプレゼントをあげる場合は、
身の回りのもの(洋服など)や普段から使うものを、
1000円~3000円で用意して子供にあげるという方が多いみたいです。

サンタクロースのプレゼントの金額相場は?

ここから先は、ママパパサンタさんのプレゼントの金額相場になります。

 

まずは新生児・乳児(0歳)のクリスマスプレゼントの金額相場です。

「赤ちゃんのうちはクリスマスプレゼントはあげない」という意見も結構多かったです。
子供が小さいとサンタさんもプレゼントもまだわからないですもんね。

ベビーでもクリスマスプレゼントを上げる派のクリスマスプレゼントの相場は、
3000円~5000円のプレゼントを選ばれる方が多かったです。

 

次に、1歳~6歳(幼児)のクリスマスプレゼントの金額相場です。
保育園児や幼稚園児になり、お話をするようになったりすると
子供が自分でほしいものを直接話せるようになってきます。

 

1歳~6歳の幼児へあげるクリスマスプレゼントの相場は、
3000円か5000円という回答が1番多かったです。
参考にしたのはくらしHOW研究所というサイトの統計です。

スポンサードリンク

参考:【幼稚園児&保育園児ママ】クリスマスプレゼント(2015年/全国)

 

次に、小学校低学年の児童へあげるクリスマスプレゼントの相場は、
3000円~6000円と、小さい頃よりも少し高くなります。

ですが、早い子は小学生になるとゲームをしている子もいると思います。
小学校高学年になるとクリスマスプレゼントの相場は、
5000円~10000円となり、その原因は「ゲーム」にあります。

 

ですので、小学校低学年だとしてもゲームが好きな子供には
予算オーバーの10000円~30000円を支払うサンタさんもいます。

 

でも、どうしても子供にリクエストされたものを、買ってあげられない時もありますよね…。
そういう時はどうしたらいいのでしょうか?

クリスマスプレゼントで子供に高額商品をリクエストされた時の対処法

「今年はサンタさんに○○(最新ゲーム機)お願いするー!」

と、クリスマスプレゼントの予算をオーバーしそうな場合、
子供に納得してもらうためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ついついその場で

「いやいや!それは無理だとおもうよ~?」
「なんでお母さんにそんなことわかるの!?サンタさんにお願いしてるの!」

というやり取りをしてしまいがちですが、
それでは子供はなかなか納得してくれません。

 

「いい子にしてたらくるかもね~!」と言ってしまうと、
子供が欲しかった、その高額なクリスマスプレゼントをあげられなかった時に
「いい子じゃなかったんだ…」と思わせてしまうのも可哀想です。

 

あらかじめ子どもの欲しいクリスマスプレゼントをリサーチした時に、
予算オーバーになる金額のクリスマスプレゼントをリクエストしていた場合に
困ってしまったパパママサンタの、子供への対応方法をご紹介します!
子供に予算内のプレゼントに変更してもらうためには、
まず、まだ字が書けない子の場合は、サンタさんに直接電話をさせます。
お父さんが声色を変えてかけるか、知人に協力してもらいます。

 

「サンタさんに電話でお願いしようね~!」と子供に言って、
パパや友達など、サンタ役をする人の携帯にかけます。

ここで、子供は意外と文字の形で何が書いてあるのかわかることもありますので、
電話をかけるときに、電話帳にあるサンタ役のプロフィールの写真や名前を、
サンタクロースのものにしておくと安心です。

 

そして、サンタさんに何が欲しいかを子供に伝えさせるか、
欲しいモノが100%わかっている場合は、サンタさん役の方から
「○○くん(ちゃん)の欲しいものは△△かな?」と聞きます。

 

「サンタさん、○○(高額商品)が欲しいです」と子供が言ったら、
サンタ役の出番です!!子供に1番伝わりそうな言葉で説明してください。

 

  • 「そうだと思って一生懸命おもちゃを作っていたんだけど、
    急いでいたらぶつかって壊してしまったんだ…本当にごめんよ」
  • 「パパやママがダメだと反対しているものはプレゼントできないんだ」
  • 「ごめんよ…その玩具を作る魔法を忘れてしまったから作れないんだ…
    なにか他のおもちゃで欲しいプレゼントはないかな?」

 

など、サンタさんの口から「そのプレゼントはあげられない」ということを
子供が納得するまで説明してもらいます。

 

字が書ける年齢の子供の場合は、子供にサンタさんへのお手紙を書かせます。
そして、その手紙にサンタさんからの返事の手紙を子供に渡します。
電話をするよりもやりとりの日にちはかかってしまいますが、
手紙を読みながらパパやママから子供に時間をかけて説明してあげられます。

子供を傷つけずにプレゼントの変更を納得してもらうのは難しいことですが、
ちゃんとわかってもらい、みんなが笑顔で過ごせるクリスマスにしたいですね。

クリスマスプレゼントを子供にあげる時の予算や相場まとめ

今回はクリスマスプレゼントの相場を調べましたが、お金に余裕があるおうちでも、
「子供のうちから望めばなんでも手に入ると思わせてはいけない」と考え、
クリスマスプレゼントの上限は1万円と決めている家庭もあれば、

普段は節約していても、誕生日とクリスマスばかりはいつも我慢している分、
子供が欲しいと言ったものをクリスマスプレゼントに買ってあげたいという家庭もあります。

予算と子供の欲しいものとの兼ね合いを上手く調節して、
みんなが楽しくすごせるクリスマスプレゼントにしたいですね。

 

↓クリスマスプレゼントの置き場所もチェックしておきましょう♪

クリスマスプレゼントの子供が喜ぶ渡し方!渡す日や置き場所は?

スポンサードリンク