イルミネーション 自宅

 

こんにちは!へるにあんです♪
クリスマスイルミネーションって綺麗ですよね~!

あの綺麗なイルミネーションが、家に帰ってくるたびに見られたら…
家にいながら、イルミネーションを楽しむことができたら…

そう思い、自宅へのクリスマスイルミネーションの飾り方を調べてみました!
部屋の中で窓などに電飾を飾る場合や、庭などの屋外へ飾る場合について
イルミネーションの飾り方やコツ、注意点などを見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

クリスマスイルミネーションを自宅で楽しめる初心者用の簡単アイデア

クリスマスのイルミネーションを飾る簡単なアイデアをあつめてみました!
まずは、自宅の中にイルミネーションを飾る場合のアイデアを場所別にご紹介します!

クリスマスイルミネーションを玄関に飾るアイデア

イルミネーション初心者の場合は、
飾る範囲が少ない、玄関や窓から挑戦するのがおすすめです!

玄関には、サンタクロースやトナカイなどの3Dライトを置いておくと、
家に来てくれた人を楽しく迎えられますよ♪

そのほかにも、ドアの周りをストレートのイルミネーションで、
ぐるっと囲むように飾ると、ドアの周りが明るくなっておすすめです♪

クリスマスイルミネーションを窓辺に飾るアイデア

窓辺をイルミネーションで華やかにするには、「つららライト」がおすすめです。

↑こういうライトです。通常は、商品説明の写真にも載っているように、
フックなどにかけて固定します。

が、ここで突っ張り棒や園芸用支柱に、結束バンドでライトのコードを固定すれば、
つららライトを飾るのも簡単ですし、しまう時も簡単になります♪

また、モチーフライトをたくさん合わせて飾り付けると華やかになります。
出窓タイプの場合は、3Dライトを置いても可愛いですね^^

部屋の天井や壁をイルミネーションで飾る方法

天井や壁、部屋の隅などにおすすめしたいのが「ネットイルミネーション」!

ネット状のイルミネーションになっていて、
天の川みたいにキラキラと光るので、部屋が満天の星空みたいになります!

イルミネーションを自宅の庭に飾るアイデア

自宅でイルミネーションをやっている方でとても多いのは、庭への飾りつけです。
とくに、木や花にイルミネーションライトを巻きつけて、
夜に光る「イルミネーションの木」にしているところがとても多いです。

丸っこい植木にはネットライト、大きい木にはストレートライトを使って飾り付けます。
また、自宅の2階の壁や屋根・窓から庭へ、
光の滑り台のようにイルミネーションを飾るのも素敵ですよ~^^

 

可愛い3Dライトをいくつかおけば、庭を歩いているように見えるので、
サンタクロースやトナカイ、好きなキャラクターのライトなど、
気に入ったものを飾るのも素敵ですよ♪

ソーラーライトなら、お庭で自動的に充電してくれるので、
電気代がかからないのでおすすめです♪
大きいライトは足元を照らしてくれるので実用的でもあります^^

クリスマスイルミネーションの自宅での飾り方のポイント!

クリスマスのイルミネーションを自宅で飾る前に、
出来上がりのイルミネーションの全体イメージ図を書いておくとスムーズです。

庭には何色のライトを飾るのか…ライトの値段はいくらになるのか…など、
設計図のようにして書くと、失敗がありません。

 

次に、クリスマスイルミネーションを自宅で楽しむ際に、
やっぱり気になるのは「イルミネーションの電気代」ではないでしょうか。
電気代を節約するポイントも紹介しておきますね♪

まず、イルミネーションを購入する際、電球式のものとLEDのものがあります。
購入時の値段としては電球式のもののほうが安いと思いますが、
LEDは長持ちするし電気代は安いし熱くなりにくいのでおすすめです。

 

また、ソーラーライトが付いたイルミネーションもあり、
日中は自動的に充電してくれるので楽チンです♪

また、「既にもうイルミネーションは一式持ってるよ!」という場合は、
消し忘れ防止のために、自動で電源をオン・オフしてくれるタイマーがおすすめ!

設定した時間になると消えるし、明るくなると自動的に消えますよ♪

スポンサードリンク

クリスマスイルミネーションを自宅の屋外に飾る時の注意点

イルミネーションを屋外に飾るときに注意したいことなのですが、
購入するときは使うライトの種類に注意する必要があります。

屋外へライトを飾るとなれば、雨や雪が降ったりしますので感電が心配。
ですので、防滴になっているイルミネーションを使うのがおすすめです。

 

また、家全体にとても豪華なイルミネーションの飾り付けをすると、
知らない人がイルミネーション目当てに写真を撮りにくる可能性もあるので、
あらかじめ見られたくないものは見えないようにしておくと安心ですね。

 

家全体を飾ったのではなくても、例えば窓辺にイルミネーションを施した場合は、
窓周辺が明るくなり、そのままにしていると家の中が丸見えになってしまいます。

 

「絶対に家の中を見られたくない!」という場合は、
イルミネーションを窓辺に飾ったら、遮光カーテンで部屋の中を隠し、
家の中が見えないようにするのがおすすめです。

家の中から窓のイルミネーションを楽しめなくなってしまうのがデメリットですが、
「外からは見えなくてもいいから家の中で楽しみたい」という場合は、
カーテンの手前に飾り付けをすれば、外から部屋の中を見られなくてもすみますし、
部屋の中でイルミネーションを楽しむこともできます。

「少しくらいなら外から透けて見えても大丈夫だけど、部屋の中が丸見えはいや…」
という場合は、薄地で光が透けるシアーカーテンを取付ければ、
外からも部屋の中からもイルミネーションを楽しめます♪

クリスマスのイルミネーションを自宅に飾る方法まとめ

ホームイルミネーション初心者の場合は、まずは飾る範囲が少ない、
玄関や窓から始めるのがコツみたいですね!

自分はもちろん、家の前を通る人も「わぁ~!」と、ちょっと幸せになれるような
素敵なイルミネーションを自宅に飾り、冬を楽しく過ごしましょう♪

スポンサードリンク