手足口病 予防 アルコール

 

こんにちは!へるにあんです。

今年はいままでの年と比べると手足口病が流行するかも…
というニュースを耳にしました。

 

我が家には保育園にかよっている小さい子供がいますので、
今のうちから手足口病の予防をしておきたいなと思います。

 

そこで、真っ先に思い浮かぶのは
手洗いの後のアルコール消毒…という方法ですが、

 

手足口病の原因となるウイルスに、アルコール消毒は有効なのか…?

 

という疑問が浮かんできました。

 

そこで、今回は手足口病のウイルスの種類と、
手足口病のウイルスに有効な消毒方法を調べてみました!

手足口病のウイルスはアルコール消毒で予防できる?

インフルエンザウイルスなどには、
アルコール消毒が有効だと言われていますよね。

なので、手の消毒といえばアルコールが思い浮かぶのですが…

今まで流通してきたアルコール消毒液は、
「中性のアルコール」である可能性が高いです。

 

しかし、手足口病のウイルスは、
中性のアルコール消毒や熱に対する抵抗力が強いのだそうです。

 

なので、中性のアルコール系商品での消毒効果は期待できず、
熱湯なら98度で15分以上の温度と時間が必要だそうです。

 

でも、いくら手足口病になりたいくないからといって、
熱湯で指を消毒するわけにはいきませんよね…。

 

では、どんな消毒方法なら手足口病予防に有効なのでしょうか。
手足口病のウイルスの種類の弱点を探してみたいと思います。

手足口病のウイルスの種類の特徴とは

手足口病のウイルスは、

  • エンテロウイルス
  • コクサッキーウイルス

の2種類だそうです。

 

この2種類のウイルスは、
「ノンエンベロープウイルス」と呼ばれるウイルスだそうです。

 

ウイルスの構造には

  • ノンエンベロープウイルス(手足口病・ノロ・ロタなど)
  • エンベロープウイルス(インフルエンザ・風疹など)

の2種類があります。
このうち、エンベロープウイルスに対しては、
今まで使っていた中性のアルコール消毒でも有効となります。

 

その理由は、エンベロープウイルスは
脂質性の膜に被われていて、
アルコール消毒剤でそれを壊すことができるからです。

↓こんな感じです。

ノンエンベロープウイルス

 

一方、ノンエンベロープウイルスは、
もともと膜がないので中性のアルコールに強いんです。

なので、中性のアルコール消毒ではダメージを与えづらいです。

 

しかし、手足口病のウイルスである、
エンテロウイルス・コクサッキーウイルスはノンエンベロープウイルス。

手足口病の予防は中性のアルコール消毒では限界があります。

 

では、手足口病のウイルスを消毒したい場合は、
どんなものを使ったらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

手足口病のウイルスを15秒で効果的に消毒・除菌する方法

手足口病のウイルスは、
中性のアルコール消毒が有効ではない…ということで、
ノンエンベロープウイルスの消毒方法を探してみたところ、

 

手足口病のウイルスを消毒するためには

「酸性アルコール消毒剤」というのがいいようです。

「アルコールなら同じじゃないの?」

って思いますが、

 

アルコール消毒剤のエタノールのpHを、
中性から酸性・アルカリ性にすると、
ノンエンベロープウイルスの消毒ができるそうなんです。

 

たとえば、ドラッグストアなどでよくみかける、
「手ピカジェル」ってありますよね。

今は、さらにバージョンアップした
「手ピカジェルプラス」が発売されているんです。

 

手ピカジェルプラスは、リン酸をプラスし、
エタノールのpHを人の肌に近い弱酸性にして、
除菌力を高めた消毒用アルコールジェルです。

 

手ピカジェルプラスを使用した場合に
ノンエンベロープウイルスである「ノロ・ロタ」のウイルスを、
何秒で消毒・殺菌できるのかを実験したところ、
なんと15秒で各ウイルスを不活化できたそうなんです!!
しかも、今までどおりインフルエンザウイルスなどにも効果があるので、
強力で頼りになる消毒液ですね。

 

手ピカジェルプラスは、ノロウイルスやロタウイルスなどはもちろん、
手足口病の原因になるウイルスでノンエンベロープウイルスの、
コクサッキーウイルスやエンテロウイルスにも効果的です。

 

保育園や幼稚園にかよっているお子さんがいる家庭や、
お仕事や家事を休めない大人の方も、
家に一本置いておいて、手の消毒をすれば安心ですね。

 

→手ピカジェルプラスの価格・詳細・購入はこちら

 

 

その他、手足口病に感染したあとで、

嘔吐物や排出物がついた衣類を消毒するときは、

次亜塩素酸ナトリウムが効果的なようです。

 

↓我が家の場合は、娘がまだ赤ちゃんだった頃に使っていた

「ミルトン」が残っていたので、これを使いたいと思います。

【第2類医薬品】ミルトン (次亜塩素酸ナトリウム) 液体タイプ 1L[ミルトン 殺菌・消毒(医薬品)/器具の消毒]【あす楽対応】

 

ただ、ミルトンは漂白作用もあるので、色物の洗濯は注意が必要だし、

酸性の漂白剤や洗濯洗剤と混ぜるとキケンなガスが発生するので、

使用するときは単体で使うようにしてくださいね。

手足口病の予防はウイルスの種類にあったアルコールで消毒!

ということで、手足口病を予防するためには、

手洗いうがいはもちろんのこと、

酸性のアルコールで消毒するのがいいようですね。

 

酸性のアルコールを使えば、

 

インフルエンザウイルスなどのエンベロープウイルスも

コクサッキーウイルスなどのノンエンベロープウイルスも

 

両方のウイルスを消毒・殺菌して撃退できる!!

 

…ということなので、我が家の手足口病の予防方法としても、

今家にある消毒液を使い切ったら↓コレに買い換えようと思います~^^

 

手ピカジェルプラス(300mL)【1612_p10】【手ピカジェル】

 

スポンサードリンク

 

<おまけ>

同じく「ノンエンベロープウイルス」である、

「アデノウイルス」に感染するとはやり目になります。

 

こちらも小さい子供がかかりやすい病気で夏に流行するので、

こちらの予防方法についてもぜひ参考にされてみてください。

はやり目の家族感染予防対策 消毒方法や効果的なコツは?