蜂窩織炎 再発

こんにちは!へるにあんです。

以前、蜂窩織炎(ほうかしきえん)で入院してしまった友達が、
蜂窩織炎を再発させてしまい、また入院してしまいました(>_<)

蜂窩織炎って再発するんだ…とびっくり。

そこで、どうして友人の蜂窩織炎が再発してしまったのかの原因や、
蜂窩織炎が再発してしまう可能性はどのくらいの確率なのか、
また蜂窩織炎が再発しやすい場所について調べてみました!

 

↓関連記事はこちら

蜂窩織炎の診断方法や入院基準!期間は何日くらい?

蜂窩織炎の症状で足が腫れる原因とその治療方法!緊急入院も!?

スポンサードリンク

蜂窩織炎が再発する原因とは?

「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」は、別名
「蜂巣炎(ほうそうせん)」「フレグモーネ」とも呼ばれています。

蜂窩織炎は、細菌が皮膚の深いところ(真皮の深層)に住み着いていて、
増殖を繰り返しているので(考えるとゾワッとしますね…)
完全に完治していないと何度でも再発してしまうようです。

 

また、免疫力が低下していて、小さな傷などから細菌が入った場合も、
蜂窩織炎が再発してしまう原因となるみたいです。

蜂窩織炎になってしまうそもそもの原因は、
「蜂窩織炎の症状で足が貼れる原因とその治療法!緊急入院も!?」
でもっと詳しく紹介しています。

 

今回友達が蜂窩織炎を再発させてしまった原因は、
土砂降りの雨で靴が濡れたまま時間が経過してしまったため、
そこから細菌が入り込んだことにあるみたいです。

ですが、免疫力や抵抗力が低下していなければ、
蜂窩織炎になる細菌が入ってきても大丈夫だったはずなので、
やはりストレスや生活リズムの乱れが大きな原因のようですね。

蜂窩織炎を再発する原因になる細菌の種類

ちなみに蜂窩織炎の原因になる細菌は、

  • 黄色ブドウ球菌
  • 化膿連鎖球菌(蜂窩織炎に似た丹毒という病気の主な原因)

などがありますが、この黄色ブドウ球菌というのは、
健康な人の20~30%が保菌していると言われています。
なので、特別な細菌というわけではないんですね。

黄色ブドウ球菌は、食中毒や肺炎などの起因菌ともなっています。

蜂窩織炎は再発する確率が高いらしい

○%という具体的な再発率の確率はわからなかったのですが、
蜂窩織炎(ほうかしきえん)は、実はとても再発しやすい病気らしいんです。

実際、今回蜂窩織炎が再発して再度入院となった友人もそうですし、
蜂窩織炎が再発したという人は少なくないので、
蜂窩織炎が再発する確率は結構高いものなのではないでしょうか。

蜂窩織炎を再発して職場に電話した時の話

ここで気になったのが、再発した蜂窩織炎(ほうかしきえん)で
2度目の入院をしてしまった時の、友人の家族や職場の反応。

まず、友人は夫と2人暮らしなのですが、
前に入院したときは旦那さんと結婚したばかりの頃。

 

1度目の入院では旦那さんが甲斐甲斐しくお世話していて、
「いい人と結婚したな~!」と思っていたのですが
再発して2度目の入院となったら、朝まで飲み歩いていたり、
お願いしてやっとお見舞いに来たと思ったら5分で帰ってしまった…など、
友人目線からみるとかなり鬼畜で、蜂窩織炎で大変なだけでなく、
旦那さんの対応についても悩んでいるみたいでした。

 

職場の方でも、入院になったと電話をしたら
「1日中寝ていられていいな~」などと言われてしまったそうです。

 

この話を聞いて思ったのは、
蜂窩織炎ってどういう病気なのかちゃんと知らないんじゃないかな…
ということです。

 

蜂窩織炎というのはあまり聞きなれない病名ですし、
症状もあまり重く見えない状態の人もいるので、
「歩けない状態だけど元気」というように思われたのかもしれません。

蜂窩織炎が再発した場合の症状は歩けないだけじゃない

でも、蜂窩織炎(ほうかしきえん)は死亡した例もある怖い病気です。

足の痛みだけではなく、高熱が出てしまったり、寒気があることも。

 

足もずっと平行に保っておかないとどんどんむくんでしまいます。
入院中だって、ちょっとトイレへいくにも大変だし、
飲み物が飲みたい時だって車椅子での移動になります。

点滴だって朝早くから夜遅くまで1日3回も長時間つけてます。

そうして、ちゃんと治療しないと細菌感染した足の皮膚の、
血管が詰まってしまい、皮膚が壊死してしまい、
最悪の場合足を切断・手術で死亡…など、最悪の事態も有り得ます。

 

友達もそんな旦那さんと職場の対応に落ち込んでいたので、
蜂窩織炎が再発してしまった場合、「また同じ病気か。前も大丈夫だったからまた大丈夫」
と思わずにちゃんと2度目の入院中もサポートしてくれる人がいれば、
心身ともに助かるのにな~と思います。(余計なお世話かもですが…)

スポンサードリンク

蜂窩織炎が再発しやすい場所は?

ところで、蜂窩織炎(ほうかしきえん)が再発する場所は前と同じなんでしょうか?

半年ほど前に蜂窩織炎で入院していた友達に、
今回また蜂窩織炎が再発したときの症状を聞いてみました。
蜂窩織炎が再発した場所は前と同じ足でした。

蜂窩織炎は、同じ場所で繰り返すことが多いみたいなので、
今回友人も前にかかった時の細菌が少し残っていたのかもしれませんね。

蜂窩織炎が再発してしまった時の症状

最初は1本の指だけが赤く腫れる

次の日、赤く腫れる範囲が拡大してしもやけみたいになる(痛い+痒い)

だんだん痛みが強くなってきたので病院を受診

とりあえず様子を見ましょうと、飲み薬を処方される

次の日、さらに足が赤く腫れあがり歩けず、再度病院を受診・入院

 

という感じで、最初は指の1本がちょっと赤くなった感じでした。
日にちが経つにつれて足の腫れが大きくなり、
膿のようにジュクジュクした汁も出てきたみたいです。

蜂窩織炎が再発する原因と確率や症状が出る場所についてのまとめ

今回調べてみて、蜂窩織炎(ほうかしきえん)は再発する確率が高い病気であり、

再発する原因はやはり免疫力や抵抗力の低下が大きいなと思いました。

 

また、再発した時には同じ場所に症状が出ることが多いみたいなので

蜂窩織炎が治ったあとに、再発を予防するためには、

傷がつかないように気をつけたり、抵抗力が下がらないように

規則正しい生活を心がけたほうがいいですね。

 

一度かかってしまうと、完全に治るまで何度でも再発して繰り返す病気…

と聞いたこともあるので、

ゆっくり休養して完全に蜂窩織炎を治してもらいたいなと思います。

 

↓蜂窩織炎の関連記事はこちら

蜂窩織炎の診断方法や入院基準!期間は何日くらい?

蜂窩織炎の症状で足が腫れる原因とその治療方法!緊急入院も!?

 

免疫力を高めるにはこちらの記事がおすすめです

免疫力を高める方法!運動の仕方や食べ物・つぼで風邪を予防!

溶連菌を大人が予防するには免疫力が必要!健康を手に入れる食事のコツ

マヌカハニー効果で喉の痛みから開放!?食べ方や選び方もチェック♪

マヌカハニーで風邪予防!効果的な食べ方や副作用まとめ

マヌカハニーは子供の風邪やインフルエンザに効く?何歳から?摂取量は?

R-1ヨーグルトのR1菌は増えない?培養や手作りで効果の真実は?

R1ヨーグルトの作り方でヨーグルトメーカーを使わない方法と賞味期限&保存方法など

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます