赤ちゃん 暑さ対策 夜

 

こんにちは!へるにあんです♪

夏になると、夜が蒸し暑くて眠れないことってありますよね。

そんな時、赤ちゃんは大人以上に
不快な思いをしています…。

夜中は何度も起きてしまうし、パジャマが汗でびしょびしょになってしまい、
何度も着替えることになってしまうと、パパやママも辛いですよね…。

 

  • エアコンはあるけど、赤ちゃんがいる部屋でつけて寝てもいいのかわからない
  • 普通の布団を使っている
  • 涼しく眠れる便利グッズを知りたい

 

という方は、ぜひ赤ちゃんのためにこの記事を読んでいってください!
一緒に可愛い赤ちゃんの快適な夜のおやすみをサポートしてあげましょう~♪^^

スポンサードリンク

赤ちゃんの暑さ対策!夜暑い日はエアコンをつけてもいいの?

夏の夜は、蒸し暑くて大人でも眠れないことがあります。

でも、寝る時ばかりはエアコンを消して寝ている…という人も多いですよね。
赤ちゃんは「暑い」と言えないので暑いと
ひたすら夜中に泣いて起きてしまいます。

 

暑い日の夜に赤ちゃんに快適に過ごしてもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まず、エアコンがあるご家庭では、
無理せずにエアコンを使用してください。

 

使い方さえ間違えなければ、
エアコンは赤ちゃんの暑さ対策にすごく効果的なんです。

 

エアコンを使うときの注意点はこちら。

  • エアコンの温度は低く設定しない
  • エアコンの風が直接赤ちゃんに当たらないようにする
  • エアコンをつけっぱなしでOK
  • 赤ちゃんの様子はこまめにチェックする

 

エアコンを解禁したからといって、
部屋をガンガン冷やしすぎると赤ちゃんが風邪をひいてしまいます。

 

赤ちゃんにとって快適な温度と湿度は、
温度は26~28度、湿度は40~60%が
快適にすごせる目安だそうです。

我が家は、寝るときのエアコンは28度に設定しています^^

 

温度計・湿度計というのは赤ちゃんがいる家の暑さ対策に大事なものです。
ほとんどの人は買い揃えているかと思いますが、もしも壊れてしまったとか、
まだ買っていないという場合は用意してくださいね。

 

また、エアコンの風が直接赤ちゃんに当たらないよう、風向きは上にしましょう。
場合によっては赤ちゃんのベッド・布団の位置を移動して快適にしてあげて下さい。

 

夏の暑い夜に赤ちゃんにエアコンを使ってもいいの?その理由は?

エアコンつけっぱなしはNGかと思いきや、
逆に点けたり消したりする方がよくないらしいと聞いてびっくりしています!

その理由として、子供は体温調節が苦手で
寝ている時にはさらに体温調節がうまくできないからだそうです。

 

もちろん、エアコンのつけっぱなしはよくないという人もいますが、
上で書いたように赤ちゃんはまだ体温調節がうまくできないという理由や、
赤ちゃんが寝ている間に汗をかいて、あせもができてしまう場合もあります。

 

エアコンをタイマーで赤ちゃんが寝た後の1~2時間で切れるようにしても、
その後、赤ちゃんが泣いて起きてしまうのは、体温調節がうまくできなくて、
寝苦しいからなんですよね(>_<)

 

それなら快適な温度にして、赤ちゃんをすやすやと眠らせてあげたいなと思います!

赤ちゃんの暑さ対策!布団の選び方のポイントを伝授!

次に、使っている布団寝具を改めて確認してみてください。

 

わたしの場合は、娘が生まれる直前にネットで急いで注文した、
1番安いおひるね布団セットでした。

 

とくに使っていて「よかったな~」という感じはなく、「まぁこんなもんか」
というのが、安い布団セットを使って新生児の娘を寝かせていた感想でした。
今は娘も2歳になり、ダブルベッドに夫と3人で雑魚寝していますが…(笑)

 

今使っている布団は、暑い夏に赤ちゃんを眠らせてあげるのに最適でしょうか?

赤ちゃんは、寝ている間に沢山の汗をかきます。

 

もし、夜の蒸し暑さで赤ちゃんが寝苦しくしているようであれば、
新しく吸水性の高い布団に変えたほうが、赤ちゃんもすやすや眠ることができ、
結果夜泣きも減り、お父さんお母さんもぐっすりと眠ることができますよ^^

 

吸水性がある布団といっても、何個も布団があっても置く場所に困りますよね^^;
その場合は、ガーゼのシーツなどが肌に優しい上に吸水性があるのでおすすめです。

 

 

これならお洗濯も簡単にできるし、洗濯も楽チンで場所もとらないですよ~!

 

赤ちゃんはびっくりするほど汗をかくので
お洗濯している間の替えとして、シーツは2枚以上持っていると便利です^^

スポンサードリンク

赤ちゃんの暑さ対策!夜寝苦しい時に役立つ便利グッズ3選!

エアコンがない場合には、赤ちゃんの暑さ対策グッズがおすすめ!
夜寝るときに赤ちゃんが快適に眠れるようになるグッズベスト3をご紹介します♪

赤ちゃんの暑さ対策!夜寝る時の便利グッズ

夏といえばゴザ!!ゴザなら夏でも涼しく快適にお昼寝できますよね~^^

布団の上にゴザを敷くと涼しい!また、汗も乾きやすいし熱もたまりにくいです。

でも、寝ゴザってなんだかちょっと昭和っぽいイメージでした。
しかし!!実際に調べてみたら、今はとっても可愛い寝ゴザがあるんです~^^

 

 

くじらだけではなくいろんな種類の動物がついた寝ゴザがあります♪
可愛いですよね~!これなら何枚も欲しくなってしまいます(笑)

 

赤ちゃんの暑さ対策!夜寝る時の便利グッズ2

また、赤ちゃんの夜の暑さ対策にはアイスノンや保冷剤が有効です~!
頭の下に枕がわりに置くだけではなく、背中などにおいてあげてもいいそうです。

アイスノンを使用する時の注意点として、
あまりに冷やして頭が冷えすぎたりすると赤ちゃんが頭痛を起こしてしまいますので
冷たさを感じない程タオルでぐるぐると巻いて使います。

赤ちゃんの暑さ対策!夜寝る時の便利グッズ3

それから、夜寝るときの寝具として吸水性の高い布団やシーツを…と言いましたが、
冷感タイプのマットなどもありますので、
それを利用してみるのもおすすめです!

家庭で手軽にお洗濯できるタイプのヒンヤリマットもあり、電気を使わないので
赤ちゃんの体を冷やしすぎる心配もありませんよ~^^

 

蒸し暑い日の乳幼児の暑さ対策におすすめの敷パットはこちら

夜寝るときの赤ちゃんの暑さ対策まとめ

夏を涼しくするための冷感グッズなどは、ホームセンターなどでも購入できるので
今度夫と子供を連れて、お散歩がてら見に行きたいな~と思っています♪

 

乳児はとくに体温調節が苦手なので、
大人がしっかりみてあげないと熱中症になってしまう可能性があります。

赤ちゃんが熱中症になってしまった場合の対策や対処法なども知っておくと
いざという時に赤ちゃんの命を守れる可能性が高まります。
この機会にチェックしてみてください↓

子供に熱中症の症状が出る前に対策や対処法を覚えておかないと大変!

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます